channel-i

日常の森羅万象につっこみ続ける日記

今日のつっこみ

すべて表示

Dragon Gate premium match 2nd

今日はお台場で開催されているドラゴンゲートの興行を見に行ってきました。
いや〜、3列目は伊達じゃなかったね。
もう、技のひとつひとつやアピール、タッグマッチの待っている選手の一挙手一投足までが
はっきりくっきりと見えました。
お台場でどぜうもんの浜口まさるを見かけたことなんてすっかり忘れちゃったもんね。
あれで5千円は安いな〜。もう団体側の心配までしちゃうくらいだね。
そんくらいサービス精神にあふれた興行でした。
どうも、普段の興行に比べると客が初めてプロレスを見に来たような人だったんでしょうね。
なんかブーイングや拍手のタイミングがおかしかった。
大技や定番のフィニッシングムーブメントに対するリアクションがなんか・・・ね。
それでもメインとセミメインではかなりの盛り上がりを見せていたところはさすがでした。

さて、それでは各選手の得点でも付けて寝ることにしますかね。
明日も早いのになにやってんだか、私は。

第一試合
○ドンフジイ&吉野正人(雪崩式チョークスラム)スペルシーサー&アンソニー・W・森×
第一試合にしては及第点を大きく越える内容。
展開も速かったし、ドラゴンゲート初見のお客さんもすんなり入れたのではないでしょうか。
シーサーの空中殺法とフジイのパワーが鮮明に出ていて良かったと思います。
なまじ試合が面白かったばっかりに落としどころをどう持ってくるかが気に掛かりましたが
さすがに雪崩式のチョークスラムは説得力がありました。
ていうかフジイのパワー自体に説得力があるね〜。
ま、他の団体にいったらそうでもないんでしょうけど。
ただ、アンソニーが引いた形になったのが少し残念・・・。
顔ばっかり攻撃されてたし。なまじ美形だと大変だぁね。
ドンフジイ 8.0
よっしーの 7.0
シーサー 7.5
アンソニー 7.0

第二試合
○フロリダブラザーズ(足四の字固め)フロリダエキスプレス×
第一試合が正統派ルチャならばこちらは正統派コント。
どの選手も初見でしたけど、まあキャラも面白かったし、なかなかではなかったでしょうか。
試合をやらずにリングインの仕方で争ったり、膝が外れている設定だったりで
フランスパンで攻撃したり、とお笑い満載のいい試合でした。
試合の決まり方も足四の字をかけられそうになったところをフランスパンで迎撃、
それを受けた選手が失神してしまい、結果足四の字が決まってしまうという自爆パターン。
まさにミラクル、いい落ちがついてました。
まあ、最後は大半のお客さんはポカーンでしたけど、やりたいことは伝わってるよ、がんばれ。
マイケル岩佐 7.0
ダニエル三島 7.5
ジョンソン・フロリダ 7.0
ジャクソン・フロリダ 8.0

第三試合
○マグニチュード岸和田(ラリアットからフォール)ストーカー市川×
ええと、コント第2弾です。
市川の秒殺宣言からゴング、市川の数発の打撃のあと岸和田のラリアットが炸裂。
試合時間30秒くらい。フリとボケのお手本のような展開でした。
岸和田 ---(点数付けるのは酷かな)
市川 7.0

特別マッチ
○岡村隆志(ヌンチャクによる自爆)ストーカー市川×
ここで市川の提言によりもう一試合やることに。
まあ、当然っちゃあ当然なんだろうけど、どうも市川は岸和田が出てくると思っていた様子。
出てきたのは社長、殺る気まんまん。で、一方的に殴られ続ける市川。
4つのコーナーに順番に固定されてから正拳突きをくらったりしてました。
ただ、途中にシャイニングウィザードを放ったり、拝みわたりを披露したりと見せ場を作る市川。
得意のカンチョウ攻撃も決まり、かなり場内を沸かせていました。
最後は市川が社長の持ち込んだヌンチャクを振り回して自分の頭にぶつけるという
ドリフのような終わり方でKO。
ただ、ヌンチャクは本当に鉄製だったらしく、市川は頭にでかいこぶを作って退場してました。
やられ役の鑑やね。市川。
社長はレフリーやセコンドのフロリダブラザーズと話す場面も多くちょっとげんなり。
ま、自団体の選手(市川)を気にかけていたっていう理解をしときましょう。
それと、来週のプレミアムマッチでお詫びに大物をつれてくると社長が発言。
ちょっと気になります。
社長 6.5
市川 8.0

第四試合
○中嶋勝彦&横須賀享(高角度ジャーマンスープレックス)マグナムTOKYO&B×Bハルク×
中入り明けのこの試合。正直かなりレベルは高かったです。
しかし結果的に若手2人に試合を譲る形になっていきました。
登場も相変わらずかっこよかったわ〜。
POS側のダンスでハルク登場、そのあとにそのままDo-FIXERのダンスにつながるコンボ。
いや〜、あれはほんと盛り上がるし、何度見てもかっこいいと思うな〜。
あ、TOKYOのダンス音源持ってるんで、今日行ったメンバーで気になる人は言ってちょ。
素で聞いてもかなりかっこいい曲です。
横須賀も膝が悪かったらしく、マグナムと横須賀の組み合わせを見たかったのに
そんなに見られなかったのが残念。
とにかく中嶋のパワー、特に蹴りが目立っていました。末恐ろしい才能を持った若者です。
ただ、やっぱりどこかに健介の影が差しているのか、それとも経験が足りないのか
自分の攻撃はいいんですが、団体の約束事を理解しきれていなかった様子。
ロープからどっちが受けるのかとかダウンしとかないといけない状況を把握していなかったりと
ちょっと受けのほうがいまひとつ。
まあこればっかりはいい意味での馴れ合いと経験がものをいうからね〜。
ハルクは側宙とサマーソルトが見所でした。かなり美しい身のこなしでした。
ただ、もうちょっと鍛えないとあかんね。
まあ、体型がどうのこうのではなくて、なんというかスタミナと防御力をつけるべき。
顔もキャラもいいんだからがんばれ!!
若手2人は望月とキッドみたいになれる可能性は存分にあると思うから
これからどんどん鍛えていってもらいたいですね。がんば!!
横須賀は不完全燃焼ながらも、やはり技の受け方や地味ながら締め技の精度やタイミングはうまい。
中嶋が試合を作れなかった分、よくカバーしてました。ここらへんは貫禄を感じました。
TOKYOはAVスタープレスはおろかエゴイストドライバーさえ出さないという試合運び。
ま、後半を若手に譲ったからしょうがないやね。いきなり出されても???ってなるし。
しかし、TOKYOのパワーもかなりのもの。中嶋との打撃戦は見ごたえありました。
最後は中嶋のジャーマンで決まったんですけど、ここからがマグナムの本領発揮。
他の選手を一通り激励したあと、連敗続きのハルクに叱咤激励。
「負けてもいいじゃねえか。お前らしさを出して、全力で戦えばお客さんはついて来るって。
 お客さん、4ヶ月でこいつは成長しました。」みたいなことをコメント。それに拍手で応える客。
リング上コーナーで涙を流すハルク。もうね、普通に感動しちゃったね。
まあ、みんな気づいてなかったと思うけど、普通に泣いたからね、私。
人を楽しませることを生業としようとしている若者にああいう先輩からの評価は嬉しすぎるよね。
たぶんね、落研入ってなかったら泣いてなかったかも。
そのあと、10日の後楽園ホールでの再戦を発表。きっといい試合するよ。
あの涙は嘘じゃないと思うからね。いや、ほんといい試合でした。
中嶋 7.5
横須賀 7.0
ハルク 7.0
マグナム 8.5

第四試合(3WAY9メンタッグマッチ)
CIMA&鷹木信悟&土井成樹/Blood Generation
ドラゴンキッド&斉藤了&堀口元気/Do FIXER
望月成晃&新井健一郎&K−NESS/Final M2K
勝者 CIMA/Blood Generation(ビーナスアッパーからアイコノクラズム→マッドスプラッシュ)
この試合は3勢力の主力がぶつかり合うという特殊マッチ。
どうもファンが見たい試合の投票でタッグマッチ部門の第一位を獲得して実現した模様。
それだけに試合の質はちょっと雑多で人数の多いところを除けば最高。
全員が全員決め技を放つのにそれでも試合が決まらないというたまらない状況。
もう、展開のひとつひとつ覚えておくのが不可能なくらい速い、そしてすばらしい。
目に付いたのはアラケンの人気の無さと望月の蹴り、キッドの成長具合い。
まあ、面倒なので評価とひとことコメントを。
CIMA 9.0
(機転の利かせ方が見事。ヒールっぷりも板についてきました。
 こんな大人数の試合を決められるだけの説得力はさすが!!相変わらずいい選手です。)
鷹木信悟 8.0
(2年目!?体出来すぎ、打撃強すぎ。ほんと将来楽しみです。)
土井成樹 7.0
(あ、セカンドじゃなくなったんだ・・・。まあ、目立てなくても仕方ないか。)
ドラゴンキッド 9.5
(ドラゴンラナこそ出さなかったものの、デジャブ、場外へのウルトラウラカンラナ、クリスト、
 トップロープに座った選手に肩車された選手へのフランケンシュタイナーなど
 フルに必殺技を出していました。集中攻撃を浴びても必殺打を打てる強さはさすが!!
 飛び技はもちろん、防御面でも、マイクパフォーマンスでもw成長したような気がします。)
斉藤了 7.0
(目立たなかったかな。がんばれ。)
堀口元気 7.5
(見た感じひ弱そうなのに、なんであんなに集中打を耐えられるのか。精神が強いんだな。
 客のハゲコールもあり、お客さんの心はばっちりつかんでました。)
望月成晃 8.5
(相変わらず蹴りが強すぎる。ますます強くなってる気がするわ。さすがは王者。)
新井健一郎 7.0
(リングにたっている時間は長かったのに、あの声援のなさはどうかと。がんばれベテラン。)
K−NESS 7.0
(怪我を押しての出場でした。キッドとの合体技は感動すら覚えた。ドラゴンゲートのカシン的な
 認識だったけど、早く全快して完全な状態で復帰してもらいたいもんです。)

試合のあとにはCIMAのマイクパフォーマンスから乱闘。
結果的にキッドのマスクが土井に剥がされ、なんとK−NESSが止めに入りました。
ブックとはいえ、あれは感動しました。
「マスクマンのマスクを剥がすとはどういうことだ。同じマスクマンとして見過ごせないんだよ」
ってね。
で、土井と偶然そこにいたw吉野がK−NESSとキッドとの因縁タッグマッチを
来週のプレミアムマッチでやることに!!
これはめっちゃ見たい。キッドとK−NESSのタッグは見たい!!
最後はキッドが来週に向けての意気込みをコメントし、閉めていました。
いや〜ほんと行って正解だったわ。面白すぎた。間近で見るプロレスがあんなに面白いとは!!
プロレスに行ったことのない人はこの機会に是非行くべきです。
あんな近くでプロレス見られることなんてないっすからね。本当におすすめです。

あ、そうそう。パンフを買ったついでにPOSのメンバーがサイン会をやっていて
3人のサインをもらってきました。
シーサーの目はどの選手よりも優しそうだったし、アンソニーは普通にいい男。
ただ、ハルクがめっちゃくちゃいい男だった。ほんとなんでプロレスやってるかわからんくらい。
もういい印象しかもてないよ。がんばってほしいな〜。
あ、でもみんな体格や握手をしてもらった手はおおきくはなかったな・・・。

その他の最新記事

すべて表示

予防注射

2005/7/23(土) 午前 1:57

2回目の予防注射も終わって、健康であれば獣医さんに行くのは 1年後の予防注射までなしとなりました。 来た頃と比べると体重も幾分か重くなっており、食事もトイレも問題ありません。 しかしここでひとつ問題が。 なんか爪とぎを買ってきたにもかかわらずふすまで爪を研いでいるもようです。 おかげでふすまの一部はぼろぼろ。 とぎだしたら爪とぎの前に ...すべて表示すべて表示

あぐらをかくと乗ってきます

2005/7/7(木) 午後 11:50

新しい書庫を追加します。ネコ関係の話は全部ここでいたしますわ。 もうすっかり慣れてきたみたいで、あぐらをかいてテレビを見ていると乗ってきてくれます。 ただ、そのまま寝るのはやめていただきたい。 映画見終わっても動けない・・・。(-_-;) まさにフレディvsジェイソンvsみーちゃんvs俺。 20年以上生きてるけど股間を枕にされて寝られたの ...すべて表示すべて表示

y 郵政民営化

2005/7/7(木) 午前 2:36

昨今、郵政民営化がニュースなどでも大きく取り上げられています。 反対か賛成かで言えば私は賛成だったりします。 政策そのものがどうかと聞かれれば微妙に反対よりではあるんですが なんとも融通の利かない今のシステムがちょっと気になったりしていています。 まあ、何かが変わるときって言うのは大概なにかの反発に合ってしまうというのが日本人体質。 正直 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事