ジェンダー

女性の自立と対等社会を考える

桜満開の吉野山へ

咲く術13日土曜日 晴天 桜満開の吉野山へ 豪華絢爛 まるで極楽とはこういうところなのかしら と思いながらぶらぶらと歩いて ゆるゆると 桜の中を歩いて登る 途中で桜本坊、五郎平でゆっくりと写真を撮ったり眺めたり 西行法師の ”吉野山梢の桜を見し日より心は身にも添わずなりにき” と言う歌碑がたっていた 上千本から高城山へ少し登る 山一面の桜 大塔宮が後醍醐天皇軍と戦った時の 火の見櫓の跡があった 悲しい歴史も御山には満ちている 下千本界隈は食べ物屋さんやお土産物屋さんで賑わっていた 最後に金峯山寺に登って蔵王堂にお参りすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

本日 午後からなら国立博物館へ 藤田美術館展を見に行ってきた たくさんの国宝や重文の作品が出品されていたが  目玉は日本に3展しかない 「曜変天目茶碗」の一つが出品されている 比較的空いていた 「天目茶碗 ...すべて表示すべて表示

昨日の4月22日は聖徳太子の大法要があった まもなく2〜3年後には聖徳太子がお亡くなりになってから 1400年となるという 毎年 4月22日と、法要の舞楽奉納が決められている (太子の命日は旧暦の2月22 ...すべて表示すべて表示

昨日午後からバスとタクシーで 京都は御室の仁和寺へ桜を見に行った 実に40年ぶり こんなに綺麗だったのか 昔は朝鮮の人々が桜が咲くと御室の境内のお庭で チマチョゴリを着て 長い太鼓を叩きながら ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事