災害子ども支援ネットワークみやぎのブログ

東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を行っています

全体表示

[ リスト ]

4月29日、韓国から4人の女性が災害子ども支援センターにヒアリングに訪れました。290人の高校生が亡くなった韓国セウォル号事件について、政府の対応のまずさが指摘され、民間人で構成される委員会が置かれたとのことで、子どもに関する大きな災害時の対応を調査したいとのことでした。メンバーは弁護士や心理士などでした。
私たちからは、東日本大震災の経験から、災害時に子どもが虐待・体罰・暴力・性被害にあいやすいこと、それが公になることは少なく、子どもが抱え続けてケアされない状態にあること、カウンセラーを派遣しても、子どもが自分の気持ちをおいそれとは話さないことなどをお伝えしましたが、皆さんうなずきながら共感して聞いてくださいました。
セウォル号で子どもを亡くした保護者達は、学校の教室を追悼の場にしていたそうですが、時間も経過し、新入生の為に教室を明け渡してほしいという学校と対立の様相もあったとのことでした。政府が新たな追悼の場を用意したので、いくらかは歩み寄れたそうです。
セウォル号事件は明らかに社会的災害で、東日本大震災は自然災害ですが、子どもを亡くした保護者の思いが受け止められていないのは同じであるように感じました。その意味では大川小学校の被災と問題が似ているように思え、意見を交換しました。どちらの子どもたちも、大人を信じ、その指示に素直に従った結果、命を落としています。
私たちはつい大人の言いつけを聞く素直な子どもたちを望みがちですが、自分の命を守るためには、自分で考え、行動することができる子どもに育てることが大切ということに意見が一致しました。
熊本の子どもたちも、これから様々な苦難があると思いますが、何とかそれを乗り越えることができるように、大人たちは全力で応援していかなければならないと、思いを新たにしました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事