災害子ども支援ネットワークみやぎのブログ

東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を行っています

全体表示

[ リスト ]

富山訪問

5月27日、とやまチャイルドライン公開講座でお話をさせていただきました。前日、仙台空港から小松空港へ、金沢から富山へというコースで行きました。富山は、2009年「子どもの権利条約フォーラム」で訪問しており、次の年の11月に仙台で「子どもの権利条約フォーラム」を実施しました。そして次の年に東日本大震災が起き、せんだいへきてくださった皆さんから、いろいろなご支援をいただきました。富山のフォーラムの実行委員長だった明橋大二先生からの支援物資が一番に届き、本当に助けられました。まだ緊急車両しか通っていない時期で、ガソリンも食料も不足していた時でした。
そんなご縁もあって、富山へはお礼の気持ちもお伝えしようと出かけました。ついた日はチャイルドラインの皆さんと会食し、お話しをしながら富山ならではのいろいろ珍しいものをいただきました。明橋先生は別な会合だったそうで、お目にかかることをあきらめていましたら、とやまチャイルドラインの布村さんが、「これから明橋先生のいるところへ行きましょう」ということになり、タクシーでお邪魔しました。先生が主宰する会の総会後の懇親会だそうで、いろいろな人がなんだかよくわからない状態になっていましたが、とりあえず先生にお会いしてお礼を言うことができました。
また、素敵な出会いもありました。たくさん話をしてホテルに帰ったのは11時を過ぎていました。
つぎの日は、震災後の子どもたちの様子や、チャイルドラインみやぎとして実施したこと、災害子ども支援の活動などをお話ししました。参加の皆さんは熱心に聞いてくださいました。最後の質疑応答の中で、ある先生から、福島から避難してきた生徒を8家族受け入れているというお話しがありました。避難した人も、受け入れる側も大変な努力をされているという印象を受けました。
本当にあの地震さえなかったら・・・と何度思ったことでしょう。でももうあの日には戻れないのです。みんなが少しでも前に進む気持ちになれますように。帰りは富山〜越後湯沢〜大宮〜仙台と乗りついで来きましたが、車窓に広がる水田や緑の木々を見ながら、そんなことを思っていました。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事