災害子ども支援ネットワークみやぎのブログ

東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を行っています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
皆様に応援していただき、被災地から、うれしいニュースをお届けすることができるようになりました。
気仙沼市で、園長先生が津波に流され、園舎も被害を受け、倉庫を借りて保育をしていた「おひさま保育園」の新園舎が完成し、入園希望が多いため、建て増しをして園児を受け入れています。里見理事長を初め、先生方の努力が実を結びました。
同じく気仙沼市で、園舎が流失したため、経営していた法人が全員を解雇しましたが、畠山先生たちは、近くの空き店舗で、保育を再開し、「保育スペースつぼみ」と名付けました。今回、もとの経営法人が事業を再開することになり、「新生保育園」として再スタートしました。畠山先生は復帰を請われて、悩んだ末に「つぼみ」を閉じて園長として就任しました。
東松島市のびる地区は、多くの犠牲者をだしたところです。目の前に海が広がる、素晴らしい環境にあったのびる幼稚園でしたが、津波で跡形もなくなってしまいました。園長先生は、「いつ幼稚園が始まるの?」という子どもの声に背中を押され、隣町の松島町の施設を借りて園を再開、その後、縫製工場の倉庫を改装して園を続けてきました。
9月13日に念願の新園舎が完成し、落慶式が執り行われました。
3つの園はともに、先生方の「働く親を支えたい」「子どものために園をつづける」という強い信念のもとに今日を迎えたと思います。
被災地には、まだまだ復興にほど遠い園もたくさんあります。ぜひ引き続きご支援をお願いします!
 
災害子ども支援ネットワークみやぎ (代表世話人小林純子 PHS 070-5475-7819)
〒 981−0954 仙台市青葉区川平1-16-5スカイハイツ202   TEL&FAX 022−279−7239
URL http://saigai-kodomo.org/ ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/saigai_kodomo
募金振込口座 名称はいずれも 「災害子ども支援ネットワークみやぎ」
1.郵便振替口座 02240-3-125954 2.ゆうちょ銀行 店名229 店番229 当座 0125954 
3.七十七(シチジュウシチ)銀行 中山支店(店番号286)普通預金 5357501 
イメージ 2イメージ 1イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1以前、東京で震災後の子どもの様子をお話しさせていただいた、「トルコの朝ごはん」を主催している「日本トルコ女性交流会さくらーれ」のチャーラル・エリフさんが6月22日に仙台においでになりました。
仙台の日本トルコ協会の皆さんのご協力で、子どもたちがトルコ料理に挑戦したあと、親も加わって交流会をするという企画が実現しました。
当日は、初めてのトルコ料理、しかも先生がみなトルコの方なので、子どもたちはちょっと緊張気味でしたが、クッキーや、ポテトパン、ニンジンサラダを上手に作ることができました。苦手なニンジンもパクパク食べている子どもを見て、親がビックリしている場面も。
イメージ 2おなかがいっぱいになった後は、フェイスペインティングや、トルコの民族衣装を着ての記念撮影、トルコのゲームやダンスで楽しみました。
参加者は東日本大震災でいろいろな被害を受けた皆さんで、まだ仮設住宅やみなし仮設住宅に住んでいる方たちでしたので、「日頃思い切り体を動かすスペースもないので運動不足になりがちでしたが、よい運動になりました」というママもいました。
最後は、いっしょに七夕の短冊に願い事を書きました。
子どもたちは、「次はトルコアイスが食べた〜い」そうです!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

東日本大震災が起きた20113月11日、名取市閖上にあったわかば幼稚園では、卒園式が行われました。その3時間後に津波で園舎は壊滅。4名の園児と1名の先生が亡くなりました。
園舎の再建は困難を極め、通っていた園児たちは、それぞれ別の幼稚園に移っていきました。その間も、先生方は何とか園を再建しようと、名取市の「さいかい市場」の仮設店舗の一室を「わかば幼稚園」として準備を重ね、2014年2月10日名取市美田園に新しい園舎を建設しました。
しかし、支援をしてくださることが決まっていた企業の都合で、あてにしていた机やイスの調達ができなくなり、開園を迎えて困難な状況がありました。
幸い、大阪和泉ロータリークラブの支援を受けた仙台南ロータリークラブから災害子ども支援ネットワークみやぎへそして美田園わかば幼稚園へと支援を取り次ぐことができ、子どもたちのイスと机が寄贈されることになりました。佐々木理事長、佐竹園長は、閖上から非難している方たちや美田園の住民の拠点となっていきたいと抱負を語っておられました。5月8日には大阪和泉ロータリークラブから9名の会員が園を訪れ、子どもたちと一緒に机・イスにプレートを貼るなどして交流しました。
イメージ 2
 
 
イメージ 3
イメージ 1
 
              美田園わかば幼稚園園舎                     寄贈の机・イスにプレートをはる
                                                   和泉ロータリークラブメンバー
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月20日、チャイルドラインみやぎのサポートセンター支援業務として、山元町で子どもを支援しているのぞみセンター職員や地元の方を対象とした、人形劇とおもちゃワークショップを開催しました。
たくさんの木のおもちゃをふれあって、子どもだけでなく、スタッフやママ、おばあちゃんたちも童心に帰って遊びました。
てんたん人形劇場の土屋さんからは、「たくさんのおもちゃに囲まれている子どもたちですが、ひとつのおもちゃでじっくり遊ばせることも必要」とのレクチャーもありました。
 
イメージ 1
 
 
 

開く コメント(0)

3月20日(木)10:00〜宮城県山元町のぞみセンターで「てんたん人形劇場」http://blogs.yahoo.co.jp/ta818ge120na61公演を行います。
入場料無料、お申し込みは、saigai_kodomo@yahoo.co.jp へ。お名前・大人&子どもの人数、お子さんの年齢をお知らせください。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事