災害子ども支援ネットワークみやぎのブログ

東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を行っています

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 害子ども支援ネットワークみやぎ」の母体である「チャイルドラインみやぎ」が、2014年に発行した書籍「子どもとともに」は、震災後3年間の記録を掲載しています。震災で何が起きたのか、どう乗り越えてきたのか、何が有効で何が反省点だったのか。私たちが阪神淡路大震災から学んだように、熊本・大分の皆さんにも伝えたいことがたくさんあります。なかなか時間が取れないでしょうが、読んでいただければ幸いです。このブログを読んでくださった方、拡散をお願いします。こちらにアクセスしていただければ全文を読むことができます。
被災した皆さんに伝えたいこと:不安でいっぱいの日々を過ごしておられることと思います。これからもずっと応援します。一緒に乗り越えましょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

熊本の地震から1週間が過ぎました。物資は少しずつ行きわたり始め、ボランティアも募集を開始したということですが、心配なことがあります。
東日本大震災で、私たちが経験したこと、それは「5つの波」です。1津波、2物資、3支援者(情報収集者・ボランティア)、4マスコミ、5震災に乗じた様々な被害
物資は必要なものが刻々変わるので、先に到着したもので倉庫がいっぱいで、本当に必要なものを受け入れられないという事態が生じました。たとえばランドセル。中古のランドセルを一生懸命集めてくださったPTAがありましたが、その後新品のランドセルを寄付してくれる会社があって、中古ランドセルは不要となりました。受け入れ側は断る勇気も必要です。送る側は、さきのことまで考えて送ってほしいです。子供の下着などは一人分をビニール袋に入れて、「140センチ・男子」などと表に記載していただくと配りやすいです。そんな心遣いをお願いします。
支援者(と名乗る人も含めて)毎日のように人が来ました。自分たちのやりたいことを話し、こちらに受入れの余裕がないとほかのことはどうかとも聞かず去っていきました。本当に被災地。被災者のためを思っている?と疑問でした。
次回、この続きを書きます。読んでいただければ幸いです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事