ここから本文です
ブログ始めました!

開くトラックバック(0)

谷川に沿って

 今日も40℃近い猛暑。いつまで続くのやら。一方東北地方では観測始まって以来の雨量のところもあり、まさに異常な夏の気候である。
 昨日山里を訪ねたあと、さらに奥の谷川へ向かった。とにかく涼しいそうなところ、気温の低そうなところへ行きたくなるのである。毎年行く板取川(長良川の支流)の
その支流の支流である西洞川へ行くことにした。

      これは板取川の景色。水量はかなり少なく感じた。
イメージ

        鮎の友釣りをする人。この上流では多くの釣り人の姿があった。
イメージ

        鮎をゲットしたか?
イメージ

         清流板取川も水は少ないが
イメージ

        その支流では水の流れていない涸れ谷もある。この奥の西洞川は?
イメージ

        西洞川の入口付近。少ないが水がありホっとする。
イメージ

       谷沿いの林道の入口。ここから奥へ進んでいく。
イメージ

       ところどころで谷まで下りてみる。さすがに涼しい。
イメージ

        手や顔を洗う。その冷たいこと。一気に心地よくなる。
イメージ

         谷沿いや林道脇に咲くタマアジサイ。
イメージ

         猛暑のせいか花はきれいとは言い難い。
イメージ

          川岸にいたシオカラトンボ♂ 涼しげである。
イメージ

       この奥にあった集落(今は廃村)の人たちを見守ってきたであろう道端の石仏。
イメージ



       当県各地で40度前後の気温を記録した。あるいは今年一番の高温だったかもしれない。
       記事は明日に続きます。



転載元転載元: 山川草木 花鳥風月

この記事に

開くトラックバック(0)

夏野を巡る

 猛暑日が続いてあと台風が来て少し涼しくなるかと思ったが、また猛暑日が続いている。ただ先日のような38度以上の気温にならないのがせめてもの救いである。
 台風による降雨が皆無であったので、野菜の水やりは欠かせない作業となり、この後もしばらく雨の予報はないので、腹をくくって水やり作業をしている。
 その作業の後暑い中近くの山野を歩いてみた。

         午前10時ころまだマツヨイグサが開花していた。
イメージ

                    今 ヌマトラノオをよく目にする。
イメージ

         ヌマトラノオで吸蜜するのはシロオビノメイガ。
イメージ
  
               ノブドウのツボミや葉を食べるマメコガネ。そこでラブラブ中のものも。
イメージ
イメージ












          稲の葉にとまっていたハラビロトンボ♂
イメージ

 今年はよく見るアオメアブ。                    ツユクサも暑さで生気がない。
イメージ
イメージ


























          ヤブカラシを好むセグロアシナガバチ。
イメージ

         アシナガバチよりはかなり小さなトックリバチ(種類不明)。
イメージ

         暑さに負けないコマツナギ
イメージ

          ヒルガオも元気いっぱい。
イメージ


              今日は気温はかなり高かったが雲が多かったせいか涼しく感じた。1日中エアコンを
        つけずに過ごすことができた。          





転載元転載元: 山川草木 花鳥風月

この記事に

開くトラックバック(0)


こんにちは

今日は暑かった 札幌でも、昼頃30.4℃まで上がりました。
でも、風が吹いててムシムシって感じはしなかったな〜
でも、ι(´Д`υ)アツィー


さて、先日、富良野・美瑛のラベンダーを見に行った時の様子を載せます〜〜
いつものように、日帰りです〜


去年は、ラベンダーの時期には、富良野とか行かなかった。
理由は、毎年行ってるし、暑いからさー
でも、冬と春や秋はしっかり富良野・美瑛に行ったんだわ。

今年は、やはり、ラベンダーを見たいと春から思っていた。
で、今年初、富良野・美瑛なんです。

今年は、まだ行った事のない、ラベンダー畑に行きたかった。
それで、中富良野駅からほど近い、町営ラベンダー園にまず行ってみました。

中富良野駅からすぐのところの得意のレンタサイクルを借りた。
町営ラベンダー園と、ファーム富田に両方行こうと思ったからだ。

立野サイクルってとこ。耳の遠いおじいさんのお店だった。
何度も聞き返して、大きい声で話して疲れた。
で、2時間1,200円の電動自転車を借りたよ。
新しくて乗りやすい〜〜

イメージ
 

この山は北星山と言って、冬はスキー場、夏はラベンダー畑になるんです。
イメージ


リフトに乗って上まで行こうー
さっきのレンタサイクル屋さんで、50円割引の券もらったから、
往復350円で乗れました。
イメージ



イメージ




イメージ



リフトから動画撮りました。たったの23秒。
流れる音楽は、富良野を代表する曲になってます。
リフトから流れてました。





イメージ


10数年前、初めて富良野に行った時、このリフトがあるラベンダー園を
見た。でも、ファーム富田に行く予定だったから、ここは寄らなかった。
毎年そう、だから、今年は絶対ここに来ようと思っていた。



イメージ




イメージ



イメージ



頂上から見る景色。十勝岳連峰はてっぺんは雲に隠れていました。
イメージ



上はすごく、涼しかった。綺麗だし。。。
イメージ



全体がラベンダーの香りに包まれていましたよ。
イメージ



イメージ



イメージ



イメージ



イメージ


イメージ

町営ラベンダー園 北海道空知郡中富良野町宮町1−11



上の方には、花文字で、「なかふらの」って書いてるでしょう〜
イメージ


近くから見たら、黄色いお花。ちょっと満開じゃないから、
薄い文字だね。
イメージ



これは、3年前の、中富良野駅から出たところの列車の窓から
 撮った映像です。3年前は、文字が赤い色だったんだね。
イメージ 10




富良野って言っても、上富良野、中富良野、富良野市、南富良野って
たくさんあるんだよね。
町営ラベンダー園とファーム富田は、中富良野にあります。
イメージ 9


さぁ、次に自転車で向かうは、あの有名どころのファーム富田
自転車でたったの5分で着く。つづく。。。じゃね〜





北海道人気ブログランキン
参加しています。
ブログをご覧になりましたら、
ちゃっぴの顔をクリックしてね



イメージ 21






転載元転載元: 北海道大好き 日々の日記

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ

イメージ

イメージ

五竜遠見尾根にヤナギランが咲き始めていました。

「柳蘭」と書く、比較的乾燥気味の草原や山野に群落を作る、アカバナ科の多年草です。

あの映画『小さな恋のメロディー』の最後。メロディーとダニエルが手押しトコッロで遠ざかる場面の、操車場に咲き乱れるヤナギランの大群落は素晴らしかったですね♡

学名Epilobium angustifolium。
Epilobiumはアカバナ属のことで、ギリシャ語の鞘を意味するepiと、スミレを意味するionに上を意味するlobinからなる言葉で、スミレ色の花が上部に集まって咲くことから。
angustifoliumは、小葉のという意味です。
新しい植物分類表ではChamerion=ヤナギラン属とされ、ヒロハノヤナギランとヤナギランが属していると書かれていますが、元のアカバナ属にカッコ書きでヤナギラン属が書かれており、どうもよくわかりません。

和名の由来は、葉が柳の葉に似ていて、美しい花をつけるので、ランに例えたもの。

花言葉「集中する」「焦点」

今日も午前中2時間薪作り作業で、しっかり汗をかきました。
今日は割かし過ごしやすく、30℃を下回っていました。

転載元転載元: 森へおいでよ!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事