ここから本文です
ブログ始めました!
 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。「黒いユダヤ人」の問題についてさらに論を進めるために、また、読者の誤解と混乱を招かぬように、本日は、”ユダヤ人”と総称される人々の間に見られる「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の区別について扱っておきます。
 
特にインドにおいて「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の区別ははっきりしているため、本ブログにおいて、「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」という用語を用いることとしたのですが、インド以外の地域の’ユダヤ人’の区別にも用いてしまっておりますので、本ブログにおきましては、これらの用語は、ひとまずは、以下のような定義において用いています。
 
白いユダヤ人:「ヘブライ12(13)支部族」の大部分、おそらくは、ハーフ・マナセ族以外の支部族の子孫のことであり、人種的には‘白人’と称されるコーカソイドである。西暦70年のディアスポラ以降、ローマ帝国によっておもにライン・ラント地方などに移され、アシュケナージとも称される場合がある。宗教的には、『旧約聖書』、特に、「モーゼの十戒」を重視し、キリスト教との間に親和性がある。
 
黒いユダヤ人:「白いユダヤ人」とアラブ人、インド人、黒人などの奴隷女性との間に出生した婚外子、ならびに、解放された際に‘ユダヤ教’に改宗したこれらの民族の人々のことであり、人種的には、肌の色がダークであるセム系である。このため、「黒いユダヤ人」と称される(混血の場合には、僅かながらも白い肌の「黒いユダヤ人」もある)。「黒いユダヤ人」は、西暦70年のディアスポラ以降、特に、イスラム圏の中近東、バグダット、インドなどの地域において多く発生しており、セファルディーとも称されている。これらの地域は、モンゴルに支配されていた時代もあったことから、「黒いユダヤ人」には、モンゴル系の人々も含まれる。これらの「黒いユダヤ人」の多くは、イベリア半島がイスラム圏にあった時代に、イベリア半島に移住したことから、‘ユダヤ教’からキリスト教に改宗したマラーノ(「豚」の意味)には、「黒いユダヤ人」が多い。イグナティス・ロヨラもその一人である。宗教的には、「モーゼの十戒」を軽視し、バグダットで成立していた「タルムード」やスペインで成立していた「カバラ」を重視し、イスラム教との間に親和性がある。本論では、「黒いユダヤ人」の定義に、マラーノを含める。その理由は、マラーノは「偽装キリスト教徒」であり、内心においては、むしろ反キリスト教者であり、イスラム教系のユダヤ教を信奉しているからである。
 
このように”ユダヤ人”の間のグループを「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の定義を整理してみますと、両者の間には、親キリスト教であるのか反キリスト教であるのか、親モーゼの十戒であるのか反モーゼの十戒であるのか、という大きな対立軸があることがわかってまいります。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
(続く)

転載元転載元: 時事随想抄

この記事に

前にも書いた覚えがあるのだが、阪神淡路大地震のあと1年くらいたって、神戸のお客様を訪問する機会があった。

かなり技術的に込み入った話だったので、アメリカの同僚D(名前からしても風貌からしてもX教の信者であるのは明白)に来てもらった。

前の晩ホテルに泊まって、震災後一年で復旧途中の神戸の街の道端にある葦簀張りのビヤホールで一杯やった。

話題は尽きなかったが、その中で世界情勢を語った時、私は気にかけながらも言ってしまった 「Dよ、世界のこの混沌とした状態はまさに人類の劣化(degeneration)を表わしている。その根源は宗教だ」。

しばらく考え込んだ、Dは「そうだな」と弱々しく答えた。

下の記事にあるように、宗教とはこういうものなのだ。

世界に平和が来ますように、などと愚にもつかないことを祈っている連中も多いが、人類は宗教によって滅亡するように運命づけられている、という法師の信念が証明されたような事件だね。

宗教が、取り分け一神教が亡くならない限り、地球に平和は訪れない。祈っている対象の神様だか、仏様だか、お牛様だか知らないがこの調子なのだから、断言できるね。


2017.7.11 20:47

ヒンズー教徒の巡礼団、銃撃され7人死亡

http://www.sankei.com/images/news/170711/wor1707110037-n1.jpg 「パキスタン」「テロリズム」と書かれた人形を燃やす右派団体の活動家ら=11日、印ハイデラバード(AP)
 インド北部ジャム・カシミール州で10日、ヒンズー教徒の巡礼団が武装集団に銃撃され、地元メディアによれば、7人が死亡、十数人が負傷した。警察はイスラム過激組織「ラシュカレトイバ」の犯行とみている。同州では、イスラム教徒と治安部隊の間で、衝突が続いている。(ニューデリー 岩田智雄)

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

転載元転載元: 頑固爺TP400の断末魔期高齢者憲坊法師の身も蓋も鍋もない徒然草

この記事に

 
イメージ
 
イメージ 1

              菅義偉官房長官(c)朝日新聞社

 旧統一教会(世界平和統一家庭連合)が全世界に配信したネット番組の内容が波紋を呼んでいる。

  同会の幹部が菅義偉官房長官から首相官邸に招待されたり、自民党本部で高村正彦副総裁ら幹部と面会したりと大歓迎を受けたと発言したのだ。


 これらの発言は同会所有の放送局「PeaceTV」が5月19日、韓国で放送した「天地人真の父母様主管 韓・日・米 希望前進大会 勝利特別報告会」という番組内で飛び出した。

 番組は同会の金起勲(キムギフン)北米大陸会長らが信者に向け、活動報告をしている様子を韓国から生中継したもので、以下の発言があった。

「私どもは5月7〜12日に日本を訪問した」

「訪日初日に自民党本部に行き、高村正彦副総裁、田中和徳同党国際局長が歓迎してくれた」

「京王プラザホテルで開催した(同会関係者との)シンポジウムに国会議員6人が参加した」

「日米安保の権威、安倍首相に毎日、報告する政府要職者とも会った」

「最終日には菅義偉官房長官が首相官邸に私どもを招待してくれた」

 同会の宗教行事「国際合同祝福結婚式」は、歌手の桜田淳子らが1992年に参加して、日本で物議をかもしたこともある。事実なのだろうか?

 同ネット中継では、金会長一行と会談する高村副総裁と田中議員らの画像も流されていた。

 金会長一行が初日(5月7日)、自民党本部で会ったという高村副総裁は弁護士出身で、過去に同会の訴訟を担当したと報じられたことがある。

 同席した田中議員も昨年10月、川崎駅構内で同会と関係が深い日刊紙「世界日報」を名刺とともに配布したと報じられ、関係が取り沙汰されたことがあった。

 高村副総裁を取材すると、「党本部の要請でお会いした。米国の議員団と聞いていたが、どういう団体なのか、よくわからなかった。国会議員になる前、旧統一教会の弁護をしたことは事実だが、いまは関係ない」と答えた。

 田中議員は「党からの要請で国際局長としてお会いした。(昨年、世界日報を配ったのは)他の郵便物と誤って配っただけ」と回答した。

 金会長は報告で「私ども」と話していたが、同会ホームページなどの記述から推測すると、「ワシントンタイムズ財団」(2012年に死去した文鮮明(ムンソンミョン)教祖が96年に設立した財団)、昨年、同会が主導して世界各地に設立した世界平和国会議員連合の「アメリカVIP」が一緒だったと推測される。

 続いて国会議員6人が参加したとされるシンポジウムについて調べると、「9日に日本の国会議員たちと『日本─アメリカ国会議員 有職者懇談会』」という記述が同会ホームページにあった。しかし、参加した国会議員の名前は判明しなかった。

 次に金会長らが面会した「安保の権威、首相に毎日、報告する政府の要職者」は誰なのか。

 同会と関係がある要職者として浮かび上がるのは、萩生田光一官房副長官だ。萩生田氏は党総裁特別補佐を務めていた14年10月、都内で開催された日本統一教会会長・徳野英治氏の講演会で来賓挨拶したことが判明している(本誌同年12月5日号)。

 萩生田氏に金会長らと面談したか、取材したが、「その事実はございません。私の地元には(略)ご質問の宗教の信者さんもいらっしゃることは存じ上げています」との回答だった。

 そして最終日、金会長ら一行を首相官邸に招待したと名指しされた菅官房長官に取材を申し込むと、加計疑惑の国会答弁のような菅話法で回答があった。

「ご質問中の当議員に関わる事象は、一切承知していません」

 同12日には同会の韓鶴子(ハンハクチャ)総裁(文鮮明の夫人)が来日。東京・有明コロシアムで同会が14日、主催した1万人信者イベント「天地人真の父母様 日本特別集会─孝情文化フェスティバルin Tokyo─」に登壇した。

 同イベントには自民党の山本朋広衆議院議員と宮島喜文参議院議員が来賓挨拶した。

「日頃より世界平和統一家庭連合の徳野会長をはじめ皆様には、我々自民党は大きなお力をいただいています」(山本議員)、「昨年7月の参議院選挙で皆様方の応援をいただき当選させていただきました」(宮島議員)と発言(両議員は取材拒否)。
 旧統一教会に取材すると、以下の回答があった。

「金会長及び『ワシントンタイムズ財団』による訪日団の日程、行動の詳細は存じておりません」

 大惨敗した7月2日の都議選を見据えた両者の接近だったのだろうか。(鈴木エイト/本誌取材班)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/213536

【第181-182号】岩上安身のIWJ特報!特定秘密保護法、憲法改正、原発・・・ 自民党と統一教会、その「深い関係」に迫る

「在特会」、「ネオナチ」、安倍政権と過激団体とのつながりが次々と明らかになるなか、この選挙を控えたタイミングで、自民党と「統一教会」が露骨な結びつきを強めている。
 『週刊朝日』(2014年12月5日号)に、「安倍首相側近らが続々と統一教会詣での“怪”」と題する記事が掲載された。記事によると、10月11日に統一教会が開催した「祝福原理大復興会」なる催しに、安倍総理のブレーンが堂々と参加したというのだ。
・安倍首相側近らが続々と統一教会詣での“怪” 【URL】http://bit.ly/1rSdjnm
 同誌が入手した資料によると、「来賓挨拶の欄には、自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員(東京24区)、参議院議院運営委員長の中川雅治参院議員(東京)の名前が記されていた」という。萩生田光一氏といえば、安倍総理の側近中の側近として知られている。
記事目次
  • 日本を「サタンの国」と呼ぶ「反日カルト」統一教会と自民党のずぶずぶの関係
  • 多くの右翼系政治団体とつながりを持つ萩生田光一氏
  • 特定秘密保護法を強行採決した中川雅治議員
  • 国会で追及された山谷えり子国家公安委員長と統一教会の関係
  • メディアが報じていた統一教会とのつながり
  • 文鮮明教祖の野望を成就させるべく、山谷氏と安倍総理を統一教会が選挙応援!?
  • メディアでタブー視される「安倍総理―統一教会」
  • 統一教会の関係団体で講演していた安倍総理
  • 自民党道議が「安倍総理と統一教会の関係」を堂々と証言
  • 安倍家・自民党と統一教会の古く長い付き合い
  • 「原理研」として大学に入り込んだ統一教会

日本を「サタンの国」と呼ぶ「反日カルト」統一教会と自民党のずぶずぶの関係

 統一教会とは、韓国人の文鮮明氏が自らを「メシア」とし、霊能者を装い法外な値段で商品を売る「霊感商法」や、日本人女性と韓国人男性を結婚させる「合同結婚式」などの問題が物議を醸し、国内外で多くの批判を受けている宗教団体だ。
 「買わないと地獄に堕ちる」などと脅して高額な壷や水晶玉を売りつける「霊感商法」の被害は、全国霊感商法対策弁護士連絡会によると、2013年までの被害相談だけで1150億円の金額におよぶという。
 過去には、統一教会の幹部が天皇陛下の身代わりになって文鮮明氏に拝礼する秘密儀式の存在や、「日本はサタンの国」であり、「韓国こそがイエスが再臨される東方の国」などと教典「原理講論」に明記されていることなどが、統一教会の機関誌「世界日報」元編集局長・副島嘉和氏により暴露(※)され、問題となった。
 事実であれば、統一教会こそ最も先鋭的な「反日カルト」ということになろう。日本を「サタンの国」とする「反日カルト」と、表面的には愛国主義的な色彩を強める自民党、なかんずく安倍政権とが手を携える――面妖な話ではないか。
 以下、副島氏の告発を引用する。そこでは、「反日カルト」として先鋭的な統一教会の実態が、赤裸々につづられている。
 「食口とは韓国語で『家族』の意で、統一教会では会員のことをそう呼んでいる。
 さらに昨年(注・1985年)十一月五日出された『子女の日特別指示』には『本日を期して韓国語を全食口学ぶように!』と書かれている。(中略)統一教会では韓国語を「祖国語」といういい方で、信仰の母国語と規定している(中略)。統一教会は、韓国で生まれ、韓国人『文鮮明氏』を教祖とする宗教であることは、いうまでもない。(中略)問題はただそれだけではなく、『韓民族』が選民であり、他民族に優越していると説くことである。(中略)『韓民族』が選民であるとか、韓国が世界の中心であるという考え方は、キリスト教の正統をつぐ世界宗教としての統一教会という原則と明らかに矛盾する。しかし、統一教会の経典「原理講論」の韓国版には、そのことを明示した記述がある。
 ところが、この部分は日本語版の「原理講論」から意図的に削除されてきたのである。
 韓国版『原理講論』の第六章第三節『イエスはどこに再臨されるか』の以下の個所に、『韓民族』を選民とし、韓国語が祖国語、世界共通語になるなどの韓国中心主義、世界宗教とは異質な韓国の民族宗教的なものであることが示されている」
 「日本は、代々天照大神を崇拝してきた国として、その上全体主義国家として再興期に当っており、かつての韓国のキリスト教を過酷に迫害した国であった。
 そして中国は共産化した国であるため、この両国はいずれもサタン側の国である。したがって端的にいって、イエスが再臨される東方の国とはまさに韓国である……イエスが韓国に再臨されるならば、韓民族は第三イスラエル選民となるのである」
 「有史以来、全世界にわたって発達してきた宗教と科学、即ち精神文明と物質文明とは韓国を中心として、みな一つの真理のもとに吸収融合され、神が望まれる理想世界のものとして結実しなければならないのである」
 「言語はどの国で統一されるであろうか? その問いに対する答えは明白である。人類の父母となられたイエスが韓国に再臨されることが事実であるならば、その方は間違いなく韓国語を使われるであろうから、韓国語はまさに祖国語となるであろう。したがってすべての民族はこの祖国語を使用せざるをえなくなるであろう」
 「この日本語版で削除された再臨に関する部分が、原理講論の結論だといっていい。いわんとすることは、再臨主とは韓国人である『文鮮明氏』のことであり、『韓民族』は選民であるから、『文鮮明氏』によって世界は統一され、必然的に韓国は世界の中心となり、韓国語が世界の共通語になる。そして、『文鮮明氏』夫妻が、全人類から『お父さま』『お母さま』と尊称される『真の父母』になるということである」
 「『文鮮明氏』を『メシア』『王の王』とみなす象徴的な、不愉快な儀式が統一教会にあることも書いておく。統一教会が四大名節と呼ぶ記念日には、早朝五時からの敬礼式という儀式があり、そこでは聖壇に座った「文氏」とその家族に対し、統一教会の主要幹部が三拝の拝礼を行う。場所はだいたい「文氏」の私邸であるアメリカ・ニューヨーク州のイーストガーデンである。
 その際、天皇陛下をはじめ、レーガン大統領、全斗煥大統領ほか主要国の元首の身代りを、それぞれその国の教会幹部が担当し、文教祖一族に拝跪【はいき】して全世界の主権者が文教祖に拝礼したという儀式を行うのである。
 日本の天皇陛下の身代わりを演ずるのは、日本統一教会会長の久保木氏なのである」
 「それだけではない、イエス・キリスト、釈尊、孔子、マホメットなど主要な宗教の身代りを務める人も決っており、同様に『文鮮明氏』とその家族に平伏する。これは『文氏』がすべての宗教の上に立つ権威をもっていることを示す重要な儀式なのである。
 これをみても解るように、統一教会と国際勝共連合が行っている、宗教活動や愛国運動は、『文鮮明氏』の野望を実現することを目的とした方便なのである」
(※)『文藝春秋』1984年7月号「これが『統一教会』の秘部だ―世界日報事件で『追放』された側の告発」
・安倍政権1年の足跡を検証する(後)( NET IB NEWS 2014年1月12日 07:00 【URL】http://bit.ly/1ziJUCJ
 そんな、極めて「反日」的な特色を持つ宗教団体の催しに、自民党の重鎮が2人も参加したというのだから驚きである。

 

転載元転載元: 平和へのブログ 過去から未来へ!

この記事に



トランプ大統領の支持率が4月時点の42%から6ポイント下落し36%になった。不支持率は58%。ABCは、就任後半年の支持率としては、第2次大戦後の歴代大統領の中で「最低」
ANNの世論調査で、安倍内閣の支持率が29.2%に下落しました。「危険水域」と言われる3割を切ったのは、2012年の第2次安倍政権発足以来、初めて


アメリカ国民の信頼を得ないトランプ大統領・・
なんだかね 大統領選挙やっぱり いかさまだったかな〜・・

日本の国民の信頼はない安倍総理大臣
なんだかね 朝日新聞攻撃したり テレビの報道番組 安倍さんの圧力が掛かりましたもんね。

もう 独裁政治は やめてくれ〜の 思いが 安倍内閣の支持率が29.2%に下落になったのでしょうね。




トランプ、「日本国民に告ぐ」全文公開 在日米軍? TPP廃止、中国輸入税上げ、日本は地獄の始まり
トランプの意見は少数派のものだ。得票はヒラリーの民主党が多い。サンダースに夢中になる米の若者


実質賃金0.9%減マイナスは4年連続 物価上昇に負けた。安倍総理はボーナス12万増しへ

日本は「同一じゃない労働・同一賃金」安倍総理の同一労働同一賃金て何? 民主党は「均等待遇」




池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸”が」




安倍総理は、総理大臣になれなかった父を乗り越え、父と同じ名字だから国会議員になれた。池上彰



この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ
 
撮影は咲耶子

私たちは、とても死を恐れる。

それは「死」の過程がどうみても、最大限の肉体の苦痛をともなっているように見えるからだ。

ところが、苦痛の想像は外部からの観察で得たものだ。
内部からの実体験ではない。つまり死ぬ寸前の当事者のものではない。

――死ぬ寸前の不思議な体験をした者は、案外多くいる――

アルバートハイムは地質学者で経験豊富な登山家である。

彼は若い頃に山で滑落し、死ぬ寸前の意識がどうなるかを体験した。

ハイムが落下中に体験したことは、死のイメージの「想像外」にあった。

「多くの人と同じように、その体験をする前は、死の恐怖やパニックや苦痛を想像していたのです。

だから、まさか心が明晰になり、生き残る可能性を考え、目の前を通り過ぎる人生を落ち着いて眺めることになるとは思ってもみませんでした。それもわずかな時間、岩に何度もぶつかりながら滑落して、最後に奈落に叩きつけられる短い間に」

ハイムは落ちたことをすぐに認識した。身体がドスンドスンと重く鈍い音をたて、何度も岩に叩きつけられるのを感じた。
だが、痛みはなかったという。

あなたにも、もしかしたら、経験があるのではないだろうか?
ひどい怪我をした瞬間は、痛みを感じないのだ。
痛みは、時間差でジワジワとやってくるようだ。

とはいえ、ハイムが経験したのは、この無痛だけではない。
なんと死の恐怖やパニックすら、その瞬間には存在していなかったのだ。

「私はむしろ冷静で明晰で、落ちている間、破片が目に刺さるといけないし、メガネは外したほうがいいのだがと考え、けれどそんな余裕は身体に無いこともわかり、そうだ、それより落ちた私を目撃した仲間はショックを受けているはずだと想像し、地面に転がったら、すぐに「私は大丈夫だ!」と彼らに叫ぼう、とか考えました」

「こんなふうに、落ち始めるとすぐに「考えの洪水」が始まりました。
もうじきぶつかる岩のこと、その先の急な斜面、もし雪だまりがあれば生きて帰れるだろうこと。
雪だまりがなければ、死は免れられぬだろうこと。私の死の知らせはどのようにもたらされるのか、愛する者たちに心の中で慰めの言葉をかけていました」

ハイムはさらに不思議な体験をする。

「そんなこんなと、さまざまな考えが、わずか数十秒の中で行われるのです。超高速で思考が流れていました。
さらに驚いたのは、今までの自分の人生がパノラマ絵のように現れたことです。
子供時代の楽しかった場面、愛する者たちのとの触れ合い。それらが一瞬にして立ち現れました」

結局、彼は九死に一生を得るのだが、この強烈な体験は、あまりにも明晰で忘れることは出来なかった。

そこで彼は、自分と同じように命に関わる体験をし、生き残った人々の話を聞いたり集めるようになった。

同じように滑落した登山家のみならず、高い建物から落ちた職人、過酷な事故の生存者、溺死しかかった漁師などその証言には、あらゆる人々が含まれていた。

――人は死の瞬間に、なにを体験するのか?――

もちろん何も覚えていない人もいたが、覚えている人は、恐れも、後悔も、苦痛もなく、客観的な明晰さを持って、その出来事とその結果を眺めていた。つまり私たちが持っている死の瞬間の苦痛のイメージとは真逆だった。

もうひとつの意外な証言が「時間感覚」だ。

時間は止まったかのようになり、思考の動きは通常の千倍もの速さになったと体験者は語った。
そして、しばしば、自分の全過去が突然蘇ったと語る者がいた。

それと同時に自分の死がもたらす結果だ。
ほとんどの場合、その人のいちばん大切な人、親しい人が悲しむ場面が含まれていた。

――「死」とは自分自身のことではあるが、それに関わる人々のことである――

ハイムが講演で話した「死」というものの他者への影響がある。
彼は登山家で自分の滑落のみならず、仲間の滑落にも多く遭遇している。

「自分が落ちるよりも他人が落ちるのを見るほうが、その瞬間の感情やその後の回想は比較にならないほど苦しいのです

「私は他人が落下するのを数回見たが、だれも死には至らなかった。
だが、そのときのことを思い出すと、いまでも恐ろしくなるのです。
だが自分自身の不運な出来事は、実際に体験したとおり、身体の痛みも、心の痛みも感じない楽しい変容として記憶に刻み込まれていることを、ここで申しあげます」

むしろ「目撃者」が、すくむような恐怖心と心身の震えで身動きが出来なくなり、その体験からいつまでもトラウマを抱えることが多い。

それに対して、落ちるのを見られた人は、重傷でもなければ、その体験から恐れや苦しみを抱えることはない。

もちろん反応としては激痛や疲労が起こることは避けられないが。
このことは、他の人々の無数の体験談で証明されている。

――なぜ、人生のパノラマ映像に「万事よし」という安らかな感情が伴うのか?――

幻覚と解釈するには、疑問が残る。
幻覚が記憶から作り上げられるなら、痛み、悲しみ、不安はどこへ行ったのか?
なぜ脳は楽しく美しい映像だけを見せようとするのか?

エンドルフィンの大量放出のメカニズムは、もっともらしいが、これとて疑問が残る。
このような劇的な脳の化学的変化が生じるとしたら、なぜパノラマ記憶を死の生還者すべてが体験していないのか?

このミステリーにはいつか解決されるかもしれないし、スピリチュアルな領域として据え置かれるかもしれない。

いずれにせよ「死」は、この生命世界の命あるものすべてに訪れる「平等な体験」であり、なおかつ、「非常に考慮された思いやり」を含む結末だと言えるだろう。

もし神が「命」という奇跡を吹き込んだとしたら、死の体験の奇跡もまた「当然の体験」なのだろう。

――最後に証言者の言葉から一部抜粋して終わる――

「どんなにがんばってもダメだとわかった瞬間から、完璧な冷静さが、それまで激しく動揺していた気持ちを凌駕したのです。
もはや溺れ死ぬということが不幸とは思えなくなりました

身体的な苦痛は感じませんでした。疲れて眠くなる前の、あのけだるいが満ち足りた気分を含んでいました。
精神の活動は活発で、考えが次から次への連続して浮かび上がるのです。
起きたばかりの出来事、その原因を作った自分、私の死が愛する者達に与えるであろう影響、すべてを考えていました。けれど溺れて窒息していた時間は実際にはほんの二分ほどだと知りました」





転載元転載元: あなたの知らない視点で語りたい〜フォト 詩 小説 エッセイ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事