ここから本文です
ブログ始めました!

「僕はこうして自殺をふみとどまった」人気歌手が語った、ネガティブ思考の付き合い方

10/15(日) 19:00配信
BuzzFeed Japan
8月20日、千葉県幕張で開催されたサマーソニック2017東京会場。Island Stageでは、多くのアジアのアーティストが会場を湧かせた。

そんなステージに立つアーティストの一人、ベンジャミン・ケン(27歳)は、シンガポールの人気バンド・The Sam Willows(ザ・サムウィロウズ)のメンバーとしてボーカル・ギターを務める。

これまでにも世界中のフェスに参加し、北米・韓国でのライブツアーを行ってきたThe Sam Willows。今年8月には日本デビューを果たした。

ステージの上で演奏するベンジャミンの笑顔からは、長く不安障害と鬱症状に苦しんだ過去を想像するのは難しい。
「傷つきやすい自分」を認めるのがこわい
テレビやYouTube動画では明るいトークで人気のベンジャミンだが、10代の頃から、ある悩みを抱えてきた。

「僕は幼い時に母を亡くして以来、ずっと鬱症状と戦ってきました。信じられないくらいだるくて、ベッドから出るのさえ嫌なこともありました」

ベンジャミンの母親は、彼が12歳の時に癌で他界した。TEDxYouth Singaporeで、彼は母親と自身の関係性を振り返る。

「僕と母はとても親しくて、共通点も多かったんです。でも、ふたりともネガティブな人間で、他人が自分たちに言うことをとても気にしていました」
母の遺書には、自身のネガティブな面を受け継がせてしまった事を詫びる言葉さえあったという。

そんな彼が15歳の時、人生の危機が訪れた。当時競泳選手として体育学校に通っていた彼を、自殺願望が襲ったのだ。

「体育学校の2年生でした。競泳を始めて10年位たった頃だと思います。学校の寮の部屋の窓際で、プラスチックのナイフを手首に近づけました。頭の中は空っぽで、ただ、これまで人々に言われた言葉が聞こえていました」
ベンジャミンは当時、身長の低さをからかわれていた。彼の身長は172cmで、シンガポール人男性の平均身長(約170cm)よりも高い。それでも体育学校では最も小柄だったのだ。

「僕はとても自意識の高い子供で、不安障害を抱えていましたが、ちゃんと診断されたことはありませんでした。『自分は傷つきやすい』というシンプルな事実を認めるのが、ずっと恐ろしかったんです」

「誰かに嫌われたりがっかりされたりするのが耐えられない、そんな自分が嫌でした」
1/3ページ
最終更新:10/15(日) 19:00
BuzzFeed Japan

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

イメージ


▼本日から神嘗祭・・・そうだ神社に行こう(^O^)/

 
・・・期日前投票いって、国民の義務を果たしたら、
・・・神社にもうでて、日本人の誇りとありがたさを
・・・満喫するのもお洒落、鴨ですよね。
・・・リブロ記事(⬆)の素敵な画像を見ていてそう感じました。
 
▼期日前投票行ってきました
 ――まじ、「川栄」さんのポスターにウェルカムしていただきました❗
▼あの元AKB48、川栄李奈さんの「勢い」に乗り、
 立憲民主党の殲滅、希望の党の粉砕いきませよう❗
▼ひとりになっても応援します➡安倍首相 福島で美味しくおにぎりを食べる。


<関連記事>
・国家神道は政教分離原則に言う<宗教>ではない 
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11637953341.html
・首相の靖国神社参拝を巡る憲法解釈論と憲法基礎論(1)〜(5)
・憲法の無知が露呈した毎日新聞の「首相の靖国参拝訴訟」紹介記事(上)(下)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11754605159.html  
・宗教と憲法−−アメリカ大統領選の背景とアメリカ建国の風景(序) (破)(急)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3a1242727550e8e31a9133aa154f11bf
・憲法訴訟を巡る日米の貧困と豊饒☆「忠誠の誓い」合憲判決
 −リベラル派の妄想に常識の鉄槌(1)〜(6)
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/ec85f638d02c32311e83d3bcb3b6e714
イメージ

転載元転載元: 松尾光太郎 de 海馬之玄関ブログ

この記事に

日曜日ですのでわたしはキリスト教会へ、
弟は、新興宗教「エホバの証人」の王国会館へ行きます
宿場の繁忙期もやっと終了。
いつも「お疲れモード」
礼拝中も眠気モード
 
帯広バプテスト・キリスト教会  北海道帯広市東9条南8丁目1
 
今日の教会のお花です

イメージ
 
今日の教会学校は出席を見あわせました。
聖書箇所はヨブ19章でした。
 
礼拝は42名出席でした。
 
招詞:詩編34:9(新改訳は8節)
聖書:マタイ5:1−12
交読:詩編42:2−8新共同訳
賛美:新生讃美歌59番「父の神よ汝がまこと」(讃美歌第二編191番)
新生讃美歌566番「主に任せよ」(讃美歌291番)など。
頌栄:新生讃美歌668番「みさかえあれ(A)」(讃美歌545番)
 
今日は男性陣が用意する愛餐会「うどんデー」でした
ひさびさにわたしが担当。
前日に買い物も済ませました。
自宅で作る2、3人前とかと違いまして、40人分くらい作りますので
茹でる鍋も大きくて豪快です
麩、とろろ昆布、乾燥わかめ、天かす、ねぎなどを乗せます。
 
イメージ

礼拝後、信徒会にも出席してしまったので午後3時ごろまで教会にいる。
またまた疲れてかえってきました。
でも、教会イベントの考案や、墓地、納骨堂、礼拝内での問題点など
内容が濃かったのも確かです。
新牧師が赴任して、教会を変えていこうという気運がとても大きいです。
 
 
にほんブログ村 キリスト教
人気ブログランキング キリスト教
 
 
 

 

転載元転載元: 聖書を読んで

この記事に

創価学会員は何を思う

公明党の山口那津男代表が「野党の中には衆院を解散する意義が乏しいと言う人がいるが、それは自分たちの頭が乏しいためだ」と街頭演説したという報道を見ました。残念なことです。いつから公明党・創価学会はこのように一般国民を見下し、弾圧する権力側になってしまったのでしょうか。

戦前の創価学会は宗教・宗派の垣根を越えて共感を得ていたと聞いています。その創設者の一人である初代会長の牧口常三郎氏は治安維持法違反・不敬罪の容疑で投獄され、巣鴨拘置所で獄中死しました。その一点だけでも、現政権の共謀罪・安保法制・改憲の流れを公明党が支えているのは理解に苦しみます。弾圧されても屈せず国難の到来を説いた日蓮は、今の状況をどう見ているのか尋ねてみたい。

以下は創価学会公式サイト 「初代会長 牧口常三郎」からの抜粋です。

「第2次世界大戦への坂を転げ落ちる日本は、国家神道によって宗教・思想の統制を図ろうとします。創価教育学会の座談会なども、思想犯の摘発に当たった特高(特別高等警察)の刑事が厳しく監視するようになりました。
弾圧を恐れて国家神道を受け入れた日蓮正宗宗門を牧口は厳しく諌め、軍部権力と敢然と対峙していきます。1943年(昭和18年)7月6日朝、牧口は訪問先の伊豆で、治安維持法違反・不敬罪の容疑で検挙され、同日朝、理事長だった戸田も東京で検挙。ともに逮捕・投獄され、会は壊滅状態となりました。牧口、戸田は、厳しい尋問にも屈せず、信念を貫く獄中闘争を続け、牧口は1944年(同19年)11月18日、創価教育学会創立から14年後のその日、老衰と極度の栄養失調のため、拘置所内の病監で逝去しました。満73歳でした。」
イメージ

転載元転載元: 流離人の糖質制限ブログ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事