ここから本文です
ブログ始めました!
イメージ

イメージ

イメージ

 因みに、2枚目の写真にイッテQのイモトの様にこっそりと妻が隠れています。さて、どこにいるでしょうか?イモトみたいに手は振っていませんが・・・。
 2枚目に、こっそり隠れて映り込んでいるのが、ブログ初登場の我が伴侶です。

転載元転載元: 旅の途中のさすらいブログ

この記事に

開くトラックバック(0)


最高の陽気でやむなく鼻栓してさぁ!いこ〜!
約2週間ぶりの乙川
サクラもほぼ満開、人も満開
以前は土日でもこんなに人が来ることはなかったが・・・
他国の人もたくさん
シンクーラ!
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

転載元転載元: デジカメおじさんの足あと

この記事に

開くトラックバック(0)

津保川の鳥たち

 このところ短い周期で雨が降っているので川の水嵩も少し増えたようである。渇水していた時は水鳥もあまり見なかったが、増水(といっても平時になった程度だが)
したら、鳥たちも多くなっていないかと思い津保川へ行ってみた。
 特に目立って多くなったとは感じなかったが、水が温んで魚の動きが活発になったせいかそれを捕える場面が見えた。
 
          川の中まで入っているセグロセキレイ
イメージ

    石の上のハクセキレイ。若鳥のようである。
イメージ

    このあたりを縄張りにしているカワセミ
イメージ

    水中にダイブして(撮れなかったが)小魚をゲット。
イメージ

   
    すぐに飲み込んでしまったが、
イメージ

イメージ

     このあと飛び立ってしばらく空中でホバリング
   し、 またダイブして魚をゲット(撮影は失敗)
   そして獲物を咥えて飛び去った。

イメージ











    鳴きながら川の上を飛んでいたこの鳥は?
イメージ

     尾の模様からクサシギと思われる。
イメージ

    こちらではシラサギが嘴を水中に突っ込んで
イメージ

    小さな魚を捕えた。こんなに小さくては腹の足しにならないだろうが。
イメージ

     今日の御嶽山。春は霞んで山は見えないことが多いが昨日・今日とよく見えた。
イメージ


   日中は気温は高いのですが、朝晩は冷える時がありますので、体調管理
   には気を付けましょう。花粉症も今ピークのようです。私は花粉症とは
   無縁でしたが、ここ2・3年は悩まされており、今年初めてく病院で薬
   を処方してもらいました。

転載元転載元: 山川草木 花鳥風月

この記事に

開くトラックバック(0)

キンカチョウ

イメージ

キンカチョウ

キャンベルタウン野鳥の森
小鳥で人気の鳥。ペットショップでも購入できます。

記事はライブドアブログ クリック

是非ご覧ください。

転載元転載元: 四季の風 Four seasons of wind

この記事に

開くトラックバック(0)

トショウのミニ盆栽


ハイネズ、ネズ、ネズミサシ・・・などと地方によって
さまざまな「呼ばれ方」をするが、盆栽界では「トショウ」
と呼ばれている。

漢字で書くと「杜松」であり、松柏類(ショウハク類) 
に属し、ヒノキ科だ。

植え替え時にその根を見れば、シンパクと殆ど同じ根だ
というコトがわかり、なるほどな・・・と思うだろう。

葉が鋭く、ネズミを刺しそうだ、というところから
ネズミサシ、ネズという名前が付き、低く地を這う
よーに伸びてゆくところからハイネズ、と呼ばれたの
ではないか・・・と推察する。

日本の山野に自生していて、幹の成長も遅く、用材には
ならないし、鋭利な葉で「触ると痛い」ので、放置され、
「山取り」の可能性が最後まで残された樹種だと
言われていた。

「山取り」は、盆栽家ならばアコガレを抱く言葉だが、
現実にはゴボウ根で、普通サイズ(50cm以上)の盆栽
ならば可能性もあろうが、小品以下のサイズでは、
「見られるよう」に仕立てるのはなかなか難しいだろう。

写真の樹は、小生が実生してから10年生ぐらいだ。

盆栽園の棚場で、実を付けているトショウの鉢があり、
園主さんにお願いして、あの真っ黒な「実」をいただき
\(^o^)/播種した。

トショウの種子は播種してすぐには発芽せず、2〜3年の
後によーやく発芽する。

本葉になる前のいわゆる「貝割れ葉」は、松の幼葉と
ほとんど同じで、なるほど松柏類だ・・・と印象的だった。

その後10年「ヒトツ棚」のトショウの樹になった。(・∀・)y━

陽差しがあるうちに撮影したかったので撮ったが、
撮影後に、芽摘み剪定程度に芽先を軽く切り込み、
フトコロの枯れ葉を落としておいた。

ひと夏の疲れを古葉とともに落としてやるワケだ。(^^)

水を好むが、乾燥にも強い樹種だ。

自生地はアカマツの枯れ葉の吹き溜まりのよーなところ・・・
という情報から「アカマツの枯れ葉」を植替え時、用土に
混ぜたり、鉢上を覆ってやるコトを思いつき、実施して
みると樹がかなり元気になった。(・∀・)y━~~~.oO

トショウには、他のどんな肥料よりも効果的だと思う。

これはアレロパシーの一種で、菌根菌が元気になる
のではないだろうか…と考えている。

そのため芽切りや、葉抜きで出るアカマツの葉を
取ってある。

暖地性でもないが、比較的寒さには弱い樹なので、
植え替えは隔年ぐらいのカンジで、5月の連休あたりに
行っている。

トショウ 左右:15cm

(・∀・)y━~~~.oO

撮影データ:
Nikon D2x, Ai AF Zoom Micro Nikkor ED70-180mmD (160mm)ISO:100 f:16 1/20sec. 
RAW現像 & Photofinishing: NC4 & PhotoshopEL

転載元転載元: bk2 On the Web. Off the Web.

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事