ここから本文です
ブログ始めました!

Apres la pluie - Akira Terao - duels au boken

僧侶を武士に置き換えるなら宗派に入って無い僧侶は、寺尾聡が演じている側の武士と同じで有る。

宗派に入っている僧侶は、寺尾聡の手合わせしている藩士連中と同じ有る。

宗派に入っていても、寺尾聡に勝てなかった意味がないので有る。

各公安警察官も寺尾聡に打ち込んでいる武士と同じで有る。

負けたら警察庁長官の言う藩主の前で切腹しないと駄目ですよ。

と私に言われますよ。

今の私は、私も宗派に入ってない僧侶だから寺尾さんの立場です。

私に手合わせを頼むのは、この動画なら寺尾聡に打ち込んでくる藩士と同じですからね。

負けたら、不忠だから切腹するのは当たり前ですよ。


お題目三唱が正しいと言う宗派が、禅僧を折伏して負けたらお題目三唱が正しいと言って来た人間は、

ドスで割腹自殺して組織に詫びるのは当たり前で有ると、

私に言われるのは当たり前なのです。


生半可に宗教なんてやるものでは有りません。



転載元転載元: 単立無宗派 毘沙門天寺

この記事に

宗派が要らない理由


東京入国管理局 パトカー Tokyo Regional Immigration Bureau patrol car

各宗派とは、日本国内外国人路上売春婦を摘発する各都道府県生活安全部保安課風紀第2係(警視庁共済組合)と同じで有る。

宗派が必要無い理由は、法務省入国管理局の路上売春婦摘発と同じだからで有る。


入国警備官の外国人売春婦が、「お兄さん、やすくしないから遊ばない。」と言ったら、


公務執行妨害で逮捕して「法務省入国管理局」で旅券を確認して、オーパーで身柄確保するので有る。


各宗派と言う各県警生活安全課は、路上外国人売春婦を売春防止法及び各県迷惑防止条例で逮捕するのと同じで有る。



麻薬捜査及び調査に置き換えるなら宗派とは、各県警麻薬捜査官と同じで有る。

宗派が要らないとは、

  厚生労働省地方厚生局麻薬取締部の「マトリ」が執行するから各宗派と言う警察は、


必要無いと厚生労働省地方厚生局麻薬取締部麻薬取締官に言われるのと同じで有る。


麻薬捜査官と麻薬取締官の違いが判りますか?

各宗派僧は、各県警の麻薬捜査官と同じで有る。

宗派が要らないのは、麻薬取締官と同じで有る。


私の托鉢浄財を私の通帳から日本赤十字社に寄付されていた理由は、

マトリが捜査で托鉢して百万円寄付受けたら受け取った百万円をマトリが自分の意志でベンツや家のローン支払いに使ったら駄目で有るのと同じで有る。



各宗派僧とは、各県警の警察官が不法入国者の身柄拘束するのと同じで有る。

宗派が要らないとは、法務省入国管理局入国警備官と同じで有る。


警察官が入国警備官の前でデカイ態度をとると法務省入国管理局には、法務省公安調査庁関東調査局調査二部調査一課から出向している人間がいる。

この人間が法務省公安調査庁に報告して、検察庁に報告が行き警察官の天狗の鼻を折るので有る。





転載元転載元: 単立無宗派 毘沙門天寺

この記事に

■ゆるし
 
互に忍びあい、もし互に責むべきことがあれば、ゆるし合いなさい。
主もあなたがたをゆるして下さったのだから、
そのように、あなたがたもゆるし合いなさい。
<新約・コロサイ人への手紙3章13節>
 
 対人関係で悩むとき、たとえ相手が悪くても、「ゆるしなさい」とよく言われます。
しかし、簡単に「ゆるしなさい」と言われても、
なかなか心からゆるせないのが私たちです。
 「ゆるしなさい」といわれて悩む人は多いと思いますが、
では、反対に「ゆるしてください」と言われたらどうでしょうか。
 自分が嫌いな人に、また赦せないと思っている人に、直接手をついて謝られたとき、
あなたならどうするでしょうか。
 「やめてください、何とも思っていませんよ。」
 「私にも少し非があったのですから、そんなに謝られても・・・」と口では言います。

 しかし、本当に赦せているのでしょうか。ちょっと疑問です。
 この時、相手に面と向かって「赦します」と声を出して言うことです。
もじもじ、ぐずぐずと言葉を濁してはいけません。(父がよく言っていた言葉です)
 実は、この動作(モーション)は、相手に「赦します」と言っているように思えますが、
実は赦せない自分に対して言っている事にもなるのです。
とても不思議ですが,相手にきっぱり「赦します」といったとたん、
本当に赦せてしまうのです。
ここに感情(エモーション)的にも赦せてしまう不思議があります。
 
 心の中には辛かったり、苦しかったり、悔しかったりした傷が残っています。
傷が癒されて初めて私たちは人を赦すことが出来ます。
相手を知らず知らずのうちに攻めていた自分の心を
まずイエス様に癒していただくことです。「はい、赦します」とはっきり言うことは、
自分の傷を癒していただく素晴らしい恵みの「ことば」をいただくことでもあるのですね。
 「ごめんなさい」、「赦してください」と言えた時も同じです。
 主の御前にお互いを赦しあえる砕かれた素直な心を持つ人になりたいですね。
(た)
 
 ■百人隊長の目線
 
イエスにむかって立っていた百卒長は、このようにして息をひきとられたのを
見て言った、「まことに、この人は神の子であった」。
 <新約・マルコによる福音書15章39節>
 
 「舟の右側」に谷口和一郎氏(「舟の右側」誌編集長)の「風知一筆」という
巻頭記事がありますが、5月号では「下に立って見る」という文章が載っていました。
 
 谷口和一郎氏は(要約しますと)
「どうして百卒長は『この方はまことに神の子であった』という告白が出来たのか。
それは彼の信仰告白であり、聖霊による告白だ。
『百卒長は下から見上げていた』という場所が十字架の下であったということ、
それも真正面、下からイエスを仰ぎ見る場所であったからだ。
 
 ここで神を礼拝する者となるほかにイエスを理解できるところはない。
またそこでこそ聖霊は働いてくださる。」【「舟の右側」5月号参照】と言っています。
 
 私たちは、下からではなくて「上から目線」とよく言われたり、言ったり(笑)しますが、時には、「上から目線」どころか、親や上司に向かって、
「何故私を支配するのか」と思ったりもするのです。
その人の足元に座らなければ、見上げることはできません。
 
 イエス様を仰ぎ見る十字架の真下で、私たちの高慢な罪のために
ご自身の命を捨ててくださったイエス様を仰ぎ見るとき、
私はイエス様のように死ぬことはおろか、人のため小さな犠牲でさえも
なかなか払うことができない、ただ十字架を仰ぎ見るだけの小さな者であること、
つまり私の本質を知らされます。
 
 裏切り者のユダでさえ、神様の救いのご計画の中で
大きな働きをさせられたと言ってもいいでしょう。
そのユダ以上に私たちは毎日イエス様を裏切っているかもしれません。
 
 私たち一人一人がどのように小さく罪深いものであったとしても、
神様が十字架の愛へ私たちを導くことが出来るのは、
イエス様が誰よりも一番へりくだってくださったからです。 (た)
 
〜「満ちる」No.237〜【釘宮孝枝】 

転載元転載元: その名は不思議

この記事に

イメージ

厚労省が分析結果をまとめる

 厚生労働省は世界各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比較し、日本はワースト6位だとする分析結果をまとめた。先進国の最悪レベルで、特に女性は同3位と高い。今月下旬に閣議決定される「自殺対策白書」で公表される。

 自殺死亡率は統計の信頼性や更新頻度が国によって異なるため単純な比較が難しく、世界保健機関(WHO)が2014年に初めてまとめた「世界自殺リポート」でも順位付けはしていない。厚労省はWHOのデータベースを使い、13年以降の人口と自殺者数が把握できている中から上位国を抽出した。

 日本の14年の自殺死亡率は19.5で、アジアでは世界ワースト2位の韓国の次に高い。男性(27.7)は同12位、女性(11.7)は韓国、スリナムに続き同3位。主要8カ国(11〜14年)との比較では、ロシアの21.8に次いで高かった。
 警察庁の自殺統計によると、16年の自殺者数は2万1897人(男性1万5121人、女性6776人)で、03年の3万4427人をピークに減少傾向が続いている。しかし、自殺が最も多い中高年の男性に比べて若年層は減り幅が小さく、白書は「20〜30代の自殺死亡率を低下させることが課題」と分析している。
【山田泰蔵】

転載元転載元: しあわせの青い鳥

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事