ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

前にも書いた覚えがあるのだが、阪神淡路大地震のあと1年くらいたって、神戸のお客様を訪問する機会があった。

かなり技術的に込み入った話だったので、アメリカの同僚D(名前からしても風貌からしてもX教の信者であるのは明白)に来てもらった。

前の晩ホテルに泊まって、震災後一年で復旧途中の神戸の街の道端にある葦簀張りのビヤホールで一杯やった。

話題は尽きなかったが、その中で世界情勢を語った時、私は気にかけながらも言ってしまった 「Dよ、世界のこの混沌とした状態はまさに人類の劣化(degeneration)を表わしている。その根源は宗教だ」。

しばらく考え込んだ、Dは「そうだな」と弱々しく答えた。

下の記事にあるように、宗教とはこういうものなのだ。

世界に平和が来ますように、などと愚にもつかないことを祈っている連中も多いが、人類は宗教によって滅亡するように運命づけられている、という法師の信念が証明されたような事件だね。

宗教が、取り分け一神教が亡くならない限り、地球に平和は訪れない。祈っている対象の神様だか、仏様だか、お牛様だか知らないがこの調子なのだから、断言できるね。


2017.7.11 20:47

ヒンズー教徒の巡礼団、銃撃され7人死亡

http://www.sankei.com/images/news/170711/wor1707110037-n1.jpg 「パキスタン」「テロリズム」と書かれた人形を燃やす右派団体の活動家ら=11日、印ハイデラバード(AP)
 インド北部ジャム・カシミール州で10日、ヒンズー教徒の巡礼団が武装集団に銃撃され、地元メディアによれば、7人が死亡、十数人が負傷した。警察はイスラム過激組織「ラシュカレトイバ」の犯行とみている。同州では、イスラム教徒と治安部隊の間で、衝突が続いている。(ニューデリー 岩田智雄)

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

転載元転載元: 頑固爺TP400の断末魔期高齢者憲坊法師の身も蓋も鍋もない徒然草

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事