過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最高裁まで争った、京都の女性の手記


書籍化すれば、必ずや売れるはずなのに・・・

そう思っていましたが、やはり出版されておりました^^

タイトル 「裁判裏日記」
出版社   成美文庫
価格    530円
アマゾンで購入



「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログで紹介されておりました。
昨日、たまたま難波のジュンク堂さんや、旭屋書店まで足を運んでおりましたので、出版されていることを知らず残念でした。

近所の本屋では、無さそうなので、取り寄せの依頼をするつもりです。



弁護士なしの素人が専門家に勝った(裁判裏日記)  [ 過払請求 ]   
  
 「そんな・・・そんな、ばかなことがあるはずがない」

 私は、震える手を再び電卓に伸ばした。平成15年の6月のことである。

ダイニングテーブルには。これまでの苦しい日々を物語るかのようにATM取引明細書が

何十枚と広げられられ、そしてチラシの裏には私の字で,たくさんの日付と数字が殴り書

きのように記されている。私は自分が借入をしていた金融業者との取引内容を法律で決

められている利息「法定金利」で計算してみたのだった。中略・・・・・・・・「全部」で400万

円以上も過払いしている」これが明け方までかかって計算を終えた私が知り得た真実で

ある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

最初はパソコンも買う余裕も無く、利息計算も電卓で、参考書籍は本屋で立ち読み 。

本人過払訴訟で12戦連勝、最高裁まで戦い抜いた京都の女性の手記の書き出しであ

る。

 当時、業者は「みなし弁済」の主張は当たり前、敗訴すれば業者主張の約定残金を

利息を付けて払わなければならない。みなし弁済を認められ敗訴する例もたくさん

出た。そんな状況下のなかで、この女性は勝ち抜いた。法律知識が有る無いの問題では

ない。執念である。 再度読み直してみて、頭の下がる思いだ。

 時代は変った。今は全面敗訴することはない。しかし、判決を貰っても、

強制執行をしても、全額回収できるとも限らない。その辺の見極めが大切だ。

 本人訴訟で頑張っている人に一読をお勧めします。

 

 成美堂出版

  裁判裏日記(弁護士なしの素人が専門家に勝った)

          ヨシダトシミ 著

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事