全体表示

[ リスト ]

その後 ES9018K-2M

またまたご無沙汰してしまいました… (言い訳:本業がちょっとだけ忙しいので)

ES9018k-2mですが少しづつ進んではいます(汗) ESS支店のサポートを受けて進めています。
日本にはESSはブランチが無くグローバル電子が代理店ですが、最終的にチップを買わない(であろう)
のにサポートをお願いするのは気が引けますので。 


EVBoardを紹介します。

まず純正品 
イメージ 1
ESS純正のEVBです。 

ES9018k-2mチップ+sabre9601という純正コンビです。  USBはコントロールの為に利用する
だけでmusic入力には使えません。

イメージ 2
操作GUIです。 

色々な事が操作できます。 JitterEliminator(ジッタキャンセラ)の調整やオリジナルデジタルフィルタ
の書き込みなども出来ます。 
完成品になった後もこのようなAPで弄りまわせるといいなぁと思っています。 出来るかどうかは別ですけど…

イメージ 3
で音ですが結構良いんじゃないでしょうか・。・  I2Sでも入力してみました。 

イメージ 4
主要部品はこれだけです。 左のESSと見えるのが9018k-2m 右の小さいのがsabre9601です。 
僅かな構成部品です。

sabre9601を二個使ってバランス駆動にする予定とFAEエンジニアに話したら...
良いね〜 絶対良いよ!!と好反応がありました。  回路図もESSが書いてくれると言うので
待ちの状態です。 他は何処もバランス駆動は検討していないようですので^^

ES9018sとの違いは! ドキュメントがすごく良くなっています@。@ 助かります。 ホント!




USB受け部分ですが VIAのVT1731というチップを検討しています。 
検討として
① USBI/F+FPGA ②cMedia CM6632a  ③上記のVT1731と検討しました。
自分の中ではcMediaが有力候補だったのですが外れた理由はドライバー類(スマホの)提供が
無い事。 EVBも無い・・・ 安定してないので旧版のCM6631aを勧められました。  DSDにも
途中のrev..から対応してますって…@。@ 
 
CM6631aは無印CM6631と6631aと両方以前使いました。 cMedia社はASUS関連会社だと思った
ら違うようですね。 サポートは悪い。

なぜVIAかはですね… 一生懸命対応してくれてるのとロードマップがしっかりしてることかな…
ロードマップにはSDカードI/Fが付いてLCD画面も駆動できるチップが控えています^^

でVIAのEVBが下です。
イメージ 5
こんなEVB板です。 出来たてです。 先々週出来上がったとの事でした。

イメージ 6

基本的にESSのReference回路にVT1731を加えた構成です。 ただsabre9601では無く
OPAMPでのI/V回路にMAX97220ヘッドホンバッファという初期のReference回路となっています。

イメージ 7
↑VIA VT1731 

イメージ 8
ES9018K2M  このEVB手作りですね。
とりあえず音は出ました。 音質は sabre9601が上ですね。 結構違う!
DSDもDoPも問題なく動作しました。 

Made for iphone や ipadとか認証は取れるはずも無いけど欲しいなぁ・・・ 


閉じる コメント(18)

顔アイコン

amamaさん、お久しぶりです。
フルサイズDACのPtoD基板の方の進捗状況はいかがでしょうか?
ボチボチ大手メーカーも動いてきてるみたいなので、情報お待ちしております。

2014/6/26(木) 午後 11:36 [ mizu ]

アバター

ご無沙汰しております。
ボクにはなんのことやらサッパリ
すみません。

2014/6/27(金) 午前 6:13 ちよぷ〜♪

直していただきたい基盤があるんですけど〜。

2014/6/27(金) 午前 8:16 Porco Rosso

なんかk2mはnobandwidthで動くらしいですよ。。

2014/6/28(土) 午後 11:52 [ AZTAB ]

顔アイコン

ESSの参照ボードのES9018 K2Mのマスタークロック用の発振器は何MHzでどこの会社製のものでしょうか?

2014/6/29(日) 午前 1:12 [ Bunpei ]

顔アイコン

はじめまして。PCでアップコンバートしないでsonyのHAP-Z1ESのようにリアルタイムでDSD512に出力してくれるような物は作っては頂けないでしょうか。いろいろと詳しくないのにすみません。

2014/7/1(火) 午前 11:04 [ t09*76*43*1m ]

mizuさん ご無沙汰です。

P2Dも含めて進めてはいます。 Mobileが先になりそうです。

2014/7/1(火) 午前 11:54 amama

ちよぷーさん ご無沙汰してます。

オデオ話ですみません(^_^;)

2014/7/1(火) 午前 11:55 amama

Mさん

今度 訪問したときに^^

2014/7/1(火) 午前 11:56 amama

AZTABさん ご無沙汰しています。

ええ〜 そうなんですか!
ESSのEVB もう一度貸してもらいますので試してみます。
VIA版はUtilityが無いので試せません。。。

2014/7/1(火) 午前 11:58 amama

Bunpeiさん こんにちは。

メーカーは不明でした。

System Clock (XI / MCLK)
A system clock is required for proper operation of the digital filters and modulation circuitry. Maximum clock frequency is
100MHz. The system clock must also satisfy:

とあります。 100MHzだったと思います。 再度借りるので確認します。

DatasheetV.0.91には上記の表記がありますがV1.0には記載がありませんね…

2014/7/1(火) 午後 0:05 amama

t09*76*43*1m さん こんにちは。

PCM to DSD の事ですね。 検討してるんですが時間掛かっています。

2014/7/1(火) 午後 0:10 amama

顔アイコン

丁寧なご回答をいただき本当にありがとうございました。

2014/7/2(水) 午前 7:50 [ Bunpei ]

顔アイコン

amamaさんこんばんは。先日は有難う御座いました。もう一つ質問なのですが、tx2h-itbs/what_news.htmlこの様な物が目に付いたのですが無帰還回路とありますが普通の回路と何か違うのでしょうか?私のアンプも無帰還回路とありました。

2014/7/2(水) 午後 8:09 [ t09*76*43*1m ]

t09*76*43*1m さん こんにちは。

無帰還回路ですか。。。 諸特性を良くするために負帰還を掛けて化粧をします。
この化粧をしない「すっぴん美人」を目指すのが無帰還回路だと言われています。

スピーカーは音出すために音声信号がアンプから送られます。 スピーカーは
磁石とコイルで出来ていて電気を動きに換えて振動して音を出します。 反対に
スピーカーを振動させると電圧が発生します。 コーン紙には質量がありますからゆらゆらと動きが残ります。 この発生した電圧(逆起電力といいます)がアンプに戻ると負帰還の掛かった回路であればアンプの全段に不要な信号が戻り、音を換えてしまいます。
これを良くないと言うことで無帰還が良いと言われます。

負帰還は万能の神では無いですし、無帰還も絶対に良いとは思いません。
耳で聞いて判断することだと私は思います。

2014/7/8(火) 午後 0:23 amama

顔アイコン

お疲れ様です。物凄く分かりやすい説明有難う御座いました。普段、解らないまま使っていましたが、納得です。

2014/7/8(火) 午後 1:30 [ t09*76*43*1m ]

顔アイコン

はじめまして。
Resonessence LabsのHERUSのようなES9018k2Mを使用したUSBメモリー型のDACヘッドホンアンプというのは如何でしょう?
まずは現在進行系のものが一段落することですよね。

2014/12/15(月) 午前 9:55 [ バン蔵 ]

> ban**nsuz*kingさん

本職が忙しくてナカナカ進んでいません。。。 ES9018sとK2Mと比べると
やはり差があるのも気合が入らない一因ですw

2014/12/31(水) 午後 10:56 amama


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事