ここから本文です

書庫全体表示


前回
SIRHA2013(シラが国際外食産業見本市
の前半を紹介しましたが…

 今回は後半
    「世界大会編日本勢の活躍をご紹介いたします
 
      本日は菓子職人の世界大会の様子をどうぞ!
     パティスリーの世界大会クープ・デュ・モンド2013
     Coup du monde de la patisserie
 
クープ・ド・モンドとは・・・フランス語で『世界大会』の意味。
フランスのリヨンにて2年に一度開催される「パテシエのワールドカップ」
世界各国22ヵ国が参加しました。
 
競技方法はチョコレート担当
飴細工担当、氷細工担当の代表選手3名1組となり
作品を作り上げ技術を競い合い、総合点得点にて順位が決まります


非常に名誉ある大会で日本代表チームは何と…!!

見事準優勝を果たしました
 
代表選手3名
       ・ 赤坂 哲郎氏(名古屋マリオットアソシアホテル)リーダー
       ・ 森山 康氏 (名古屋マリオットアソシアホテル)
       ・ 富田 大介氏(エーグルドゥース)

イメージ 1
左から)富田大介氏、森山康氏、赤坂哲朗氏


午前630分〜午後430分の10時間の長い戦いです!
 
各チーム
「アントルメ・ショコラ(チョコレート菓子)」
「アメ細工」
「アントルメ・グラッセ(冷たい菓子)」
「氷彫刻」
の各部門の総合点で競います。
 

日本チームのテーマは
『ミュージック』
では、素晴らしい日本代表3名の作品をご覧下さい

イメージ 4




富田 大介氏 作品
「アントルメ・ショコラ(チョコレート菓子)」
イメージ 5

チェロの木目が
チョコレートでできていると思えないほどリアル。
 
燕尾服の裾(すそ)をチョコレートでで細かく砕いて表現

イメージ 6

靴も本物の革靴のようですね!

富田さんはチョコレート細工部門で優秀賞も受賞しました!
 


 
赤崎 哲朗氏 作品
「飴細工作」
イメージ 7


楽器のエッジが綺麗な赤と緑の2色表現されており
その透き通ったボディがとても綺麗に輝いています。


音楽に集中している演奏者の表情がとても豊で印象的ですね。


 
森山 康氏 作品
「氷細工作」
イメージ 8

見て下さいこの躍動感!まるで音楽が聞こえてきそうでしょ?
 
日本人ならでは繊細な技術が高評価!
 
では、心に響きわたる…
『表彰台での日本代表の方々のメッセージをどうぞ』
 
“たくさんの人と想いに支えられて導かれて、
日本を代表して三人夢の舞台に立つ事が出来ました”
大きな経験をありがとうございました。“僕達の結晶の1つの作品“
『ミュージック』。すべての人たちにどうか心に届きますように!
 
イメージ 9

日本代表の皆様、素晴らしい感動を本当にありがとうございました

 
総合結果は
優勝 フランス、2位日本、3位イタリア

引き続き
優勝チームのフランスの飴細工の作品もどうぞご覧ください。
 
24時間耐久レース「ル・マン」がフランスチームのテーマになっており、
車のパーツを上手に表現しています。

イメージ 2

確かにこの「色合い」
はフランス人ならではの感性が活かされているのではないでしょうか?
 

続いて
3位イタリアの飴細工作品。
こちらの作品は部門賞も受賞しています。

イメージ 3

イタリアらしい!!ユーモアに溢れている作品ですね

2年一度の開催パティスリーの世界大会クープ・デュ・モンド
またまた日本勢の活躍に期待して、2015年の開催が楽しみですね

 
次回は
ボキューズ・ドール国際コンクール
日本人初の表彰台快挙!!

浜田統之シェフ(星野リゾート軽井沢)
をご紹介致します。
 
お楽しみに





Yoko

 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事