JA6UFFの無線日記

北部九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

口之島運用中その1

風雨は一向に収まる兆しがありません。
テレビを見てみるとなんと気圧前線がトカラ列島の真上に
ちょうど誂えたように乗っかって停滞います
これじゃァ風雨が激しいわけだ、風向きは変わるし
激しくなるし、ついにはV-DPの先端のエレメントが
1段引っ込むくらいの風圧です。
それでも何回かあげたり下げたりしてお昼過ぎまで運用
出木杉は相変わらずサテライトやったり色んなバンド
行ったり来たりしています。
ハイバンドのコンディションが良いとの事でしたので
意を決して、6mの八木をあげる事にしました
V-DPを降ろして、八木を組み立てて・・といつもの
作業ですが、久しぶりなので結構手間取ります
イメージ 1
こんな感じで何とかあげましたしかし、風が強くて
6m位の高さまでしかポールを伸ばしきれません
しかも、風任せにアンテナは回転しまくりです
それでも6mを聞いてみるとFT8ではいろいろ聞こえます
幸い、出木杉からのカブリも無いので、10W位で運用です
FT8でCQを出していると、台湾や韓国からコールが次々にあり
九州本土からも、しかも北部九州からです。
恐らくグランドウエーブでの伝搬だと思います

この段階でジャイアンは秘かにある目標を立てたのでした(笑)

17時前になったので、40mでWとスケジュールQSOです
予定通りFT8で一発でしとめてくれました!
任務完了した後、よく考えてみると朝飯どころか昼飯
を食べてません!ゴソゴソと菓子パンやらなにやらを
出してお腹に補給しながら、40mで国内相手にFT8
被ってないか時々出木杉とハンディー機で連絡しながら
運用です。便利ですねぇ・・でもこの連絡手段が

後々になって出木杉にとんだ事が起きるとは・・

その時のジャイアンは考えてもいませんでした(笑)
ハイバンドが開けているという出木杉からの情報
ちょうど、18時頃でしたか、6mに切り替え
FT8を運用、国内やアジア圏内からコールを受けました
EsだったのかScだったのか定かではないですが
アンテナの方向も適当ななか結構交信できました。
6mもコンディションが落ちてきたので40mにQSY
DX向けにCQを出してみると、結構コールがあり
画面が真っ赤になっています・・しかし交信シーケンス
でリトライを繰り返します、やっぱ2W位ではDX相手
には厳しいですねぇせめて5Wから10WにはQRO
したいが、出木杉に被るのは想定される・・うーん
と暫く悩んだ末!そうだ、出木杉もFT8に出させれば
解決するのでは?ジャイアンも出木杉も同時に
送信するシーケンスにすれば、受信も同じなので
お互い被る事は無い、ただDTが一致してないと
ちょっと厄介だが・・・と出木杉に20mでFT8の
運用を促し、私は40mで運用しました。
考えはものの見事に成功!そのまま24時位まで
同時運用快適にできました。

そうか、この手があったか!!

という事で、遅い晩飯のカップ麺タイムです
出木杉がお湯を沸かしてくれ出前してくれました
ついでに、箸を忘れていたので頂きました(笑)


それにしても、三度の飯より無線が好きと言うのは
出木杉の事だなぁーと思いました
第一、無線機の前に座ってパドルを握ると人格が変わります
まるで、こち亀のバイクに跨った本田みたいになってます(笑)

お腹いっぱいになったら眠くなります
天気が悪く写真はあまり取れていませんと言うか
撮影する気力が無かったのであまりありません・・


つづく





開く コメント(3)

口之島到着後運用まで

港に到着したのが午前5時、周囲はまだ薄暗い状態ですが
出木杉は一刻も早く運用したい様子ですが
とりあえず、現地調査を実施、港から近い岬に行ってみます。
ココは北緯30度が通る場所で陸地では珍しい場所になります。
この30度があるために、終戦後はアメリカ軍の統治下に
なりました。
イメージ 1

折角なのでジャイアン号で北緯30度線を跨いでみました。
イメージ 2
運用地のさらに最終目的の第一候補の場所に向かうも、
道に迷います。
どうやら、私のナビと出木杉のナビが違う事を言っています
しかし出木杉のセット間違いでした。おそらく無線を一刻も
運用したい焦りから間違ってセットしたのではないかと
思います(笑)
迷っている最中に、黒毛牛に遭遇
どうやら、「口之島牛(くちのしまうし)」のようです。
日本で唯一の野生牛の品種で西洋種の影響を受けて
いないらしいです。
日本の在来牛は、口之島牛と見島牛の2種類しか残っていない
そうです。

イメージ 3

小柄でかわいいですね、体と頭のバランスが何とも言えません
足も短いですね(この牛だけかな)
それにしても、昨日の夕食が
ビーフステーキや焼肉じゃなくて良かったとホッとしました。
続いて目に入ったのが野生のバナナ!
イメージ 4
島バナナのようです。野生です!
残念ながらバナナはまだ実っていませんでした
こういった植物や動物を見るたびに、俗世間(笑)
から離れたところに来たんだな思いました。
写真撮影をしている私をずっと見ている視線が!
あ、出木杉わりぃーっつ!!早く運用したいんだよね!
というわけで、目的地に何とか到着するも
標高500mの場所、暴風雨でなーんにもできないな・・・
なんて、5分ほど考えてたら、すでに出木杉はアンテナの
設営を終えて、80mにQRVしているじゃないですか!
おいおい、出木杉・・・セッカチやなぁ・・・
と思いながら、私もアンテナを設営、とりあえず
出発前にスネ夫から巻き上げてきたハイバンドのVダイポール
と40mのダイポールを設営し、17mにQRV・・・
あらら、出木杉の信号がもろカブリでバンド無いが使えない
恐らく出木杉にも被るだろうと、出力を2W位に設定しFT8を
運用、この場所は携帯も使えなくインターネットへの接続も
出来ない・FT8の時刻同期をどうするかと・・
ウシシこんなことを想定してGPSから時刻を取得できるように
準備しておいたのでした!想定の範囲内(笑)
イメージ 5

これのおかげてDTはほぼ0.1程度に収まりました。
カブリのなかなんとかFT8で交信出木杉には被ってないかな・・・
40mも2Wを保ちつつ、カブリを想定して持ってきた
40mの同軸トラップとバンドパスフィルターを装備!
しかし、残念ながら受信に対して効果が薄く出木杉の信号が
バンド無いどこでも被る・・・一体出木杉はどこに出てるんだろ?
それにしても、外は豪雨だなぁ・・ほかのアンテナ設営が
億劫・・・この間の写真撮影も億劫で撮ってませんでした!

それにしても、出木杉はアチコチバンドモードをウロウロしている
こんな中で、同軸トラップとかは焼け石に水だったな・・
なんせ出木杉は紐のような物でアチコチ出しているわけ
だもんな、出木杉に同軸トラップ無駄だな・・・・
しかも、こちらの方はFT8の為にAGCはOFF
時折、ガツーンとスピーカーが壊れるかと思うくらい
出木杉の信号が・・・なんせ双方のアンテナ離隔距離
3m位だもんなぁ・・・(笑)


つづく


開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事