JA6UFFの無線日記

北部九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます

無線の事

[ リスト | 詳細 ]

=移動運用記録が主です=
記事検索
検索
2日目です
朝5時過ぎに目が覚めると既にのび太が昨夜の宴会の
後片付けをしています。いつもながらホント
のび太には世話になりっぱなしです。
慌てて洗面をして、あれれ親分は既に40mでQRV
してるようです。さすが親分!
空は少し曇ったり晴れたりと目まぐるしく変化してます。
6時頃から6mと15mをうろうろしてFT8やRTTY
そして宮崎コンテストにSSBとCWで参加したりと
しましたが、コンディションはイマイチ
南方面にビームを向けると6mでは昨日と同様
BY.BVが強力に入ってきています。
国内Esが開けるのを期待しCQの素振り状態です
何やら隣で、のび太がドタバタと準備しています
どうやら、今から登山!向坂山を目指すそうです!
ひぇぇまじですか!!
VLPのリグと自局のリグそれにアンテナとバッテリーとポール
結構な重装備でザックは軽く10キログラムは超えている
のではないかと思われます。
7時過ぎに足取りも軽く出発していきました。
私はと言えば、15mでCQの連打、連呼とFT8の運用です
6mではFT8でDXをコールする国内局が沢山見えています
しかし、アンテナをどっちに回してもDXはデコード
する事はできませんでした。
時々CQを出しているとなんと!
ラブアン島と交信できてビックリ!
6m、2.5Wでマレーシアまで飛んで行っていくとは
思いませんでした!
ヨーロッパを呼ぶ局が見えます・・
西側は完全に山でブロックされているため無理ですねぇ
2mのFMでのび太の元気な声が聞こえていました。
親分はと言えば、ひたすら40mでCW/SSBで頑張っています。
ちょうど12時になった頃のび太が下山してきましたので
お昼ご飯を頂きました(TNX親分)
16時まで運用という事を決めラストスパートです。
40mのFT8をやってなかったので運用しました
さすがに国内が沢山見えます。
イメージ 1
もう画面は真っ赤になっています(笑)
そうだ、何かやってないぞ!SATやんサット!!
FT-817を2台準備してと・・・
イメージ 2
2mは7エレ70cmは12エレ
これでXW2Bを狙います
イメージ 3

イメージ 4
こんな感じで低軌道なので時間はあまりないかも
8J6VLPは当然社団局なので個人局と違いますので
無線設備の操作を分担してSATしました
アンテナ操作:のび太
コールサインの確認:親分
無線機の操作と交信:ジャイアン

というわけで、社団局ならではのSAT運用となりました。
大道芸も3人でやればパフォーマンスですね(笑)
イメージ 5

XW2Bにのっかるまで10秒位でエコーを確認して
CQを出すとなんと一発目に呼んできたのは
出木杉でした!無事交信を終えてCQを出していると
数局お呼びいただいているがゼロインが不完全で
コールサインが聞き取れませんでした。
あっという間に終わりましたので次のXW2Cにのっかる
事に・・
イメージ 6
さっきよりかは長時間使えそうです。
またまた出木杉に呼ばれて交信後に他の局と2QSOできました。
同時刻帯の新衛星に観客が流れたようです。

衛星の交信でしめたところで運用を終了し
撤収作業をします。
一番大所帯の私は1時間程度かかってしまいました。


今回宮崎コンテスト参加という事でしたが
全体的にコンディションが良くありませんでしたが
その中でも良かったと思われる時間帯は
宴会で無線談義をしているという
とても面白い事でもありました。

それでも、五ヶ瀬町のFT8とRTTYとサテライトという
少しは目新しい事も出来たので満足でした
私の運用分は279QSOでした。

ポールはちょっと危険なので現在修理に出しています。
イメージ 7
交信頂きました皆様ありがとうございました。

使用機材
無線機
FT-817 3台
アンテナ
RY-152FA(15m)
RY-66A(6m)
RY-144M7(2m)
RY-430M12(70cm)

ほぼRadixアンテナの展示場となってますね(笑)

おわり





開く コメント(2)

毎年恒例の宮崎コンテストに8J6VLPで参加するべく
といっても、JARL社団局なのでチェックログですが
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町に向かいました。
運用許可していた場所に向かおうとしたのですが
諸般の事情で最後の地点まで行くことができなく
途中の中腹で運用になりました。

6月2日早朝に、現地に到着、朝5時頃でしたが
晴天で日がカンカンと照っています標高は1300m位
あるので、ある程度涼しいですが、日光が当たると
すごく暑くなります。アンテナはフル装備で持ってきたので
160m〜70cmまでバッチリです
取りあえず基台を3個、ポールを2本設置です
コンディションが良くなってきているので焦りますが
6mの6エレ八木(スネ夫から巻き上げた)
15mに組んだ2エレHB9CVと40mのDPを
何とか1時間位かけて設営しました。
いつもの「お化けポール」に3つも実装してポールを延ばすと
さすがに重たいですねぇー肩が痛くなりました。

イメージ 1
取りあえず6mを聞いてみると
BY,BV方面が強力に入感しています。
取りあえずまだやっていなかった6mのFT8でQRV
CQを出していると、1エリア2エリア3エリア
からコールがかかります。ナルホド
SSBやCWでは全く聞こえていなかったのですが
FT8だと交信が成立しますね!
BVやBYからもコールされFT8で交信を進めていきます
と言っても、マウスをポチっとやっているだけで
あとは交信が進んでいきログに転送するだけです。
その後、SSBに行ったりRTTYやCWで6mと
15mを行ったり来たりして遊んでいましたが
だんだんと呼ばれなくなりましたので
2mと70cmの八木を組み上げながらFT8で交信続行15時過ぎにパッタリとコンディションがダウン
仕方ないので40mにQRVするかと括りつけていた
DPを延ばしてVSWRを測定してみると無限大
あれ、なんかまずいなという事でポールを
下して点検しようとしていると、遠くから・・車の音が
救世主ののび太がやってきました!
ちょうど15時過ぎだったと思います。
車から降りてきて、さっそくお手伝い頂きました。
40mのVSWRが悪かったのは、同軸がどこかで
ショートしているようで、コネクタかなと調べて
いたのですが、時間が無いので別の同軸に交換して
ポールを持ち上げようとした時です
セ〜のヨイショーと上げていると同軸が絡まりそう
だったので、ビニルテープはどこに置いたっけ?
と目を離した瞬間です
ドンガラガッシャーン!
一瞬何が起きたか把握できません
突然ポールが上から落ちて縮んでしまいました。
おぉーアブねぇなぁー
コレが仕事だったら、不安全行動でアウトですね(笑)
アンテナを見あげたらまだエレメントがしなっています
おぉ、相当な衝撃だったんだなぁー
取りあえず二人とも怪我が無くて良かったよかったと
気を取り直してポールをアップしていきます
二人で上げても重いねぇと思いながら
15mのアンテナを見ていると何やらフェーズラインの
ところの異変に気が付きましたあれ?なんか
普通中央でクロスしているのにズレてないかい?
するとのび太が、ハ、ハズレテル!と言ったので
良く見ると・・・反射エレメントのショートバーを
支える部分が破損しているようなので、その部分を
取り外してみてみます・・・ボッキリと折れています
イメージ 2
コレは後日撮影した物ですが、衝撃でこの白い絶縁部分が
破断してしまい固定されていたのが取れた見たいです。
この部分どうしようかとのび太とあーでもなこうでもない
と悩みながらアンテナの理論的にどうなんだっけ
位相給電型なので、前のエレメントと・・・と
頭の中には一瞬アンテナハンドブックのどこかのページが
ぺらぺらと巡ります。そうだメーカに聞くのが一番と
電話で確認したところ、土曜日にも関わらず親切丁寧
ご対応いただき、この分は単純に支えてあるだけで
電気的にどうのという部分ではない事がわかりましたので
ビニールテープでがんじがらめに固定して事なきを得ました。
気を取り直して、ポールを上げていくと・・・
なんと、最下段のポールの部分のロックピンが片方しか
出て来なくなってしまいました。おそらく先ほどの衝撃の
影響もあるかと、対応をどうしたらいいかとポールの
メーカに電話してみるとやはり土曜日なのに親切にご対応
頂き、おそらく衝撃でロックピンを出す部分の
ステンレスのパイプが潰れてしまったんだろうとの
見解でした、アチャぁー・・・・
取りあえず片方でも問題無いようなのでそのまま放置
ただ、風が吹くとギシギシと音をたてるので気になりました。
そうこうしているうちに、親分登場!
イメージ 3
親分は早速修復の終わったDPで40mの運用

そして、先ほど組み上げていた2mと70cmの
八木をのび太の車側のポールに実装!
イメージ 4
おのずとのび太はVU担当になってしまいました(笑)
私は6mと15mのFT8をウロウロ時々SSBでコンテストに
参加と言う状態でしたがコンディションも芳しくないなぁ
と思っていたら、のび太が夕食の準備を開始したので
無線を中断して宴会です。20時位だったかな。
いやぁ、いつもスミマセンねぇ!ありがたいです!!感謝!

イメージ 5
バーベキューコンロアルミ箔をひいて汚れない工夫をしています
豪勢なお肉は久しぶりでしたが、カロリー制限が(涙)
日も暮れて、無線家3人で無線談義、真空管の話やらなにやら
おそらく世代が異なる世代ですのでいろんな話ができました。
夜も更けて22時頃でしたか、スネ夫から
「いやぁ2時間10mで呼ばれっぱなしで疲れた」
とメッセージが来ました・・へ??コンディション
良くなかったけど???イオノグラム見ても大したこと
無かったし・・とその時は思っていたのですが・・
イメージ 6
国分寺のデータをみるとどうも宴会を開始した直後から
Esが出てたみたいでした・・チャンス逃したなぁ
と悔しい思いをしながら1時位まで運用して1日目は終了しました。

2日目に続く

開く コメント(6)

8J6VLP運用 5月26〜27日

5月26日〜27日運用者が居ないという事で
それなら、ジャイアンが運用するかという事で運用しました。

5月26日(土)
午前中の用事を済ませて出かけます
前回Es発生の為に断念した、天山(唐津市)の登山駐車場
に向かいました。
しかし、コンディションはイマイチです。
悩みましたが、6mのアンテナはあげても期待できないと
判断し、15mの2エレHB9CVと40mのDPを設営
イメージ 4
こんな感じで斜めに設置(笑)
まっつぐ大将の調整を怠けたらこれでした。
アンテナを設営している最中に登山に来られた老夫婦が
近寄って来られました・・以下会話の内容です(笑)

御婦人:こんにちは
じゃい:はい、こんにちは
御婦人:あぁ、無線ですねシーキューシーキューての
じゃい:あ、そうですアマチュア無線です!
御婦人:そうねぇ!あなたもやってたのよねぇ!(と紳士へ)
紳士:あぁ、そうだね昔々やってた、でもあの件で止めたからねぇー
御婦人:そうねぇ!あんなにご近所に恥と言うかご迷惑を・・・
紳士:まぁもう、その話は良いじゃないか・・(と話を遮る)
紳士:見たところ21MHzのアンテナですね(と話題転換)笑
じゃい:そうです、15mの2エレと下のはステーじゃなくてDPです。
紳士:うわぁ、やっぱデカイですねぇウンウン、昔はトライバンダ4エレ
あげてましてね、そこそこDX稼いでたんですよ!・・・懐かしいなぁ・・
じゃい:そうなんですか・・昔は良く聞こえてましたよね
紳士:今はダメなの?
じゃい:あまり良くないですね
御婦人:あなた、話して差し上げたら?
紳士:うむ、私が近所に御迷惑をかけたのはねぇ・・・
じゃい:もしかしてTVIとかBCIとかですか?
紳士:いや、うん・・インターフェアと言えばそうかもご近所Iです。
紳士:福岡市内の住宅密集地でね、20mのタワー上げてて、さっきも言ったように4エレのトライバンダー上げて無線楽しんでたんですよ
じゃい;良いですね
紳士:それでね、あれは真夏の確かお盆の送り火だか迎え火だかの日に
無線機の電源入れると28MHzのSSBで南米が入っててね・・・
CWでは交信してたけどSSBではまだだったんで、交信したくてね
シャックは二階にあるけど暑いので窓は全開で無線機に向かっててね
マイクをもって南米をコールしたんですよ、でも取ってくれなくて
だんだんと興奮してきてね、声が大きくなってたんだろうね・・・
5回位呼んでやっと取ってくれた、でも私のコールサインのプリフィックス
がなんかうまく取れて無くてね・・
じゃい:そうですか、南米なかなか10mではね厳しいですよね。
紳士:そうなんだよね、私ね頑張ってたんですよでも、当時日本はJAという
プリフィックの認識が強くて、JHプリフィックス認識してくれない。
じゃい:なるほど、当時は情報源が少ないからですね。
紳士:サフィックスはちゃんと相手は取っているので、プリフィックスの
JH6を何度も送るけどダメ、じゃぁという事でフォネティックスコード
で送る事にしたんですよ。
じゃい:そうですよね昔はあまり使いませんでしたね、今は簡単に使い
ますけどね。
紳士:何回も、「ジュリエットホテルシックス、ジュリエットホテルシックスジュリエットホテルシックス」って大声で叫んでたんですよ、そしたら
8回目位かなやっと相手がとってくれてね・・・
じゃい:よかったですね!
紳士:それがね・・・大声で叫んでいたから近所に丸聞こえ、ましてや
お盆で外で何かやってたり花火してたりで大勢外に人が居たようで
私の叫びを聞いてたみたいでね・・・ご近所の噂になってね!
じゃい:近所迷惑だったんですかね
紳士:いやちょっと違って・・「ジュリエットホテルシックス」ってのが
なんか「別の事」に皆様には聞こえてみたいでね
じゃい:はぁ・・・まぁ普通聞かないですもんね、そんな言葉
紳士:そう、ちなみにうちの家内「ユリエ」っていうんですけどね
その、「ジュリエ」ットの部分が「ユリエ」皆様には聞こえ、後は想像できるでしょ?(笑)もちろんシックスもちゃんと聞こえて無かったみたい。
じゃい:はぁ・・あ、あぁぁ・・・ははははは
紳士:その一件で、ご近所にあの先生、あ私当時は教師してててね、遂におかしくなったぞ、と噂になってしまって、数日後に教頭から呼び出されて
○○先生、「お盆にご自宅で本棚に向かって、猥褻な言葉を大声で何回も叫んでた」って連絡来たんだけど本当ですか?って
じゃい:えぇぇぇ!それはまた災難ですねぇ
紳士:なんか近所では噂になってたみたいでね、それからはクーラー付けて
窓閉めてしばらくはCWだけやってましたけど、止めちゃいました。もちろん
その一件が大きかったけどですね・・あぁまた無線したいなぁー
御婦人:そうよ、当時は大変だったんですよ、あの先生変人だとか危ないとか散々言われてましたよ。世間の目は厳しかったですよぉー
じゃい:弁解はしなかったですか?
紳士:弁解したところで通じる世界では無かったんですよ・・いいなぁ無線

という事で通常の「昔無線やってたんですよ」話とは
ちょっと違ったお話を聞けました(笑)
お話を聞いて、ジャイア九千部山ホテル事件を思い出しました。

この後、御夫婦は山に登られた後下山してこられ
私の運用を楽しそうに見られていました
FT-817の説明をし1台で1.9MHzから430MHzまで
オールモードで5ワットで出れると説明したら仰天されてました。
まだ、アンテナは撤去したけどタワーはまだあるとの事
でしたので、是非復活して欲しいですね。
あ、話題それてしまいました・・

アンテナ設営後40mのRTTYとFT8を運用
夕方コンディションが良くなったので15mのSSBを運用
その後残業をして80mでRTTYを運用しました。
当日は、WPXコンテストのCW部門開催で電信バンドが
もう隙間なくひしめきあっており、隙間で8J6プリフィックス
でCQでも出そうものならTESTつけて無くても凄いパイルに
なりそうなのでやめておきました(笑)
最後にDXにも期待し15mのFT8でちょっと運用して

26日の運用を終わりました。

5月27日(日)
やっぱり、昼からになりましたが嬉野市の展望台
の所で運用、ジャイアン予想ではやっぱ6mは
開けそうもないという事で昨日と同じ組み合わせで
アンテナを設営しました。
イメージ 1
茶畑の中にある展望台です300m位ですかね
左側には嬉野市の防災系の無線設備があります
おそらく60MHz位ですかね
負けじと2エレを立てました
今日はちゃんと水平取りました。
昨日と同様WPXなので、40mはRTTYから開始
その後FT8を運用して、15mのコンディションアップで
SSBにQRVいきなりロシアから呼ばれてビックリ
その後FT8で猛パイルになり画面真っ赤で
アタフタしました。いやぁFT8でQSO捌いていると
まだQSO中だというのにこちらをコールする局が沢山
居て、73を待たずに垂れ流しでこちらにレポートを
送ってくるのはどうかと思いますね、おかげでシーケンスが
中断され長々とリトライする結果になり捌けません
つまり、FT8呼び倒し現象という事ですかね。
勘弁してもらいたいです。無駄なコールすればするほど
あなたに回ってくる時間が遅くなんですよ!

お蔭さまで、15秒が正確にカウントできる体になりました(笑)


というわけで、2日間で360QSOでした
交信頂きました皆様ありがとうございました・・・


帰ってクラスタを見ると次のようなレポートが!!!(怒)
イメージ 2

レポートの内容は一致しています(時間周波数場所)
運用の時にCQ宛てに場所アナウンスしているので
レポートにするのは問題無いです。
でも、備考のメモが問題!!!

「QRP2.5W運用中」コレは確かにQSO中に特定の
相手に対して送った通信内容です。
決してCQ宛てに送ってはいませんので、特定の相手方に
対する通信内容を書かれた事になります。通信の秘密の違反
に該当すると思われます。

「JARL会員のみQSL 1WAY」
こんな内容送信していません!
もちろん、CQ宛てにも送っていませんし
特定の相手方(QSOの相手)にも送っていません!!

これだと、「JARL会員にのみしかQSLカードを発行しなく一方的に送ります。」という事に捉えられてしまいます。

JARL会員にしか発行しない事はありません
もちろんJARL会員以外の方にも交信証は発行します
海外の局と交信出来た場合は相手がARRL会員だろうが
KARL会員だろうが非会員だろうがビューロで届くと
判断すればビューロで送るだけです!

QSLの送り方法として基本的にJARLのQSLビューロ
を利用し、相手からのカードは受け取らないという
基本方針で次のようにアナウンスしています(SSBの場合)

「QSLカードはJARLビューロ経由でお届けしますそちらからは送らないで結構です。」

コレがなんで、JARL会員限定になるんでしょうかね?
非会員の方にも発行しますよ!
ただし、お渡しはビューロが使えないので
SAEで対応します(SASEではありません)


あまりにもクラスタに書かれる内容がヒドイのでビックリ
クラスタの使い方が良くわからないというか「電波法」を
きちんと理解されていないでしょう、というか日本語を
ちゃんと理解されていないようにも思えます。
イメージ 3
こういった例は良いですね、「QRPデー特別記念局」と言うのは
CQの時にアナウンスしている内容でしたから

というわけで、最後はグタグタ書きましたが、クラスタにレポートされる
事により、より多くの局と交信できる事になり運用している側としても
大変ありがたい事ですので、是非CQ宛てに送った内容であれば
じゃんじゃんレポートしてください。お願いします。

開く コメント(10)


5月12日

さて、早速運用!12日はゆっくりと出発とばかりに
のんびりしていましたが、ふとコンディションが気になって
イオノグラムを見ると・・・
イメージ 1

国分寺が真っ赤!
イメージ 2

いやぁ、こんなの久し振りにみました。
もしかして初めてかも!
このコンディションを逃すのは勿体ない
というわけで、慌てて準備して出発
投書は1時間かかる山を予定していましたが
移動しているとコンディションが落ちるという事で
近くの小城市になる丘に出発!
イメージ 3

30分ほどかけて到着して10分くらいでとりあえず6mの
5エレF9FTをあげました。
慌ててリグをセットアップして6mと聞くともう出る
隙間が無い位混雑しています。
やっとの事で空いているところを見つけて運用開始
すぐにパイルアップになってしまいました。
1時間ほど運用した頃、突然スマホが鳴動し新潟での
地震発生を告げていました。その直後突然6mは
何にも聞こえなくなってしまいました
あれ?やっぱり地震とEsって関係あるのかな?
それではと、40mのDPを張って受信してみると
何にも聞こえない、アンテナがおかしいかと思い
アナライザで測定するとちゃんと動いている
どうやら、コンディションがダメみたい
ダメもとでRTTYにQRVするもパラパラと呼ばれる
それでは15mでどうなのかと聞いてみると
8J8VLP/8が聞えたのでコール!
カスカスで無事交信できました。
オペレータは北海道支部のスネ吉でした。
その後、6mは全くダメ、HF帯も何にも聞こえない状態
仕方ないので2mのFMにモービルホイップでQRV
2mのFMでCQ等は個人局ではまずやらないか・・
数局と交信してまたCQとやっていると

「そのコールは何だ?!」「勝手にコールサイン捏造する
んじゃないぞー!!」と野次が飛んできました(笑)
あのあの・・・捏造って?

イメージ 4

17時過ぎに6mがオープン
7エリア8エリア限定で交信できました。
そのコンディションもダウンした頃
朝倉のOMから、今日私のAPRSビーコンが
7エリアまで飛んで行っていたようだと教えてもらいました。
帰宅してみてみると・・・
イメージ 5

おお!ホントだ7エリアのI-GATE局まで飛んで行っている!
朝早く2mで8エリアが聞えたとの話も聞きましたが
APRSのビーコンが7エリアまで飛んでいったなんて驚きです。

そうこうしているうちに日も暮れたので80mと160mに
QRVするも0QSOで終わってしまいました。

5月13日
やっぱり雨天でしたので、パラオレンタルシャックならぬ
スネオレンタルシャックに向かいます。
既にスネ夫が運用しているようで朝からコンディションも上々
のようです。到着後15mにQRVしたところ猛パイルになって
しまい、3時間ほど連続でパイル捌きでした。
チョットばかり疲れたので、スネ夫のVLP用817を
RTTYで出れるようにセッティングしたりFT8の設定等
試してみました。20時頃失礼し帰宅しました。


2日間で合計320QSOでした

交信頂きました皆様ありがとうございました。

開く コメント(12)

今週末の12日〜13日は世界QRPデー特別記念局
8J6VLPを北部九州のどこかで運用します。

5月2日〜10日まではアクティブだったメンバーが
SKしてしまったため、「喪に服す」という意味で
運用を自粛提案をしておりました。

11日明日からは運用を再開します。

天候次第なのですが、主にハイバンドと6mのRTTYと
サテライトに頑張ってみたいと思います。
コンディションがダメダメだった場合は40mで運用します。
夜間はもちろん80mと160mですが場所によりけりです。
あとは体力次第ですかね。
イオノグラムの臨界周波数が国分寺で8MHzを超えるようでしたら
確実に6mに居ると思います!
QRPおそらく2.5Wですが、短縮コイルの入っている
アンテナは使わない予定ですのでそれなりに聞こえると
思います(笑)CQが聞えていましたら応答してください。
また、積極的にクラスタ等にアップしていただければと
思います。

あ、そうそうクラスタで思い出しました。
クラスタにアップして良い場合は

「CQ」を送信していた場合のみです

それ以外の交信中の場合は「特定の相手方」となりますので
通信の秘密の保護である、電波法第五十九条に抵触する可能性が
あります。特定の相手方に無線通信の存在を漏らすつまり
クラスタに存在を漏らすという事になります。
さらに、オペレータ等や運用地は通信の内容に該当すると
思われます。

というわけで、不特定への通信はCQとなりますので
その場合は特定の相手方ではないので、クラスタに
アップしても何ら問題無いと私は勝手に解釈しています。

どこにいるかはAPRSのビーコンを見てもらえばわかると
思います。何をどこでやっているかは気が向けばTwitterが使える
場合には呟くと思います。

サテライトは仰角の関係から、低軌道でやってくる場合に
積極的に頑張ってみますね!


開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事