JA6UFFの無線日記

北部九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます

無線の事

[ リスト | 詳細 ]

=移動運用記録が主です=
記事検索
検索

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークも終わってしまいました。
私の場合、11連休を予定していましたが
4月27日は休みの予定でしたが、仕事が立て込み出勤しました
まぁ色々と西日本をウロウロしました。
時々車からも無線も、通常160mは1.9MHz帯に出るのですが
今回、1.8MHz帯に出てみたところ、IOTAの関係か
結構EUからパイルアップになり慌てました。
連休観光もそれなりでしたが、出木杉の隠岐の島が
タイミングがあわず迎撃できなかったのが残念でした。
で、一番驚いたのが、42県を訪れた時に目に入った物が!
イメージ 1

道路沿いの公衆トイレに立ち寄った時です。
えー!便器が無くなるって!マジですか!
随分と古い張り紙でしたがビックリでした!

久しぶりに度肝を抜かれました!


というわけで、今日は連休明けの出勤、5月から
クールビズだというのに、ネクタイしていったりして
まだまだボケてます。

今週末は8J6VLPの運用を行います。
RTTYとサテライト主力ですので聞こえていましたら
お手柔らかにお願いします!



開く コメント(6)

ちょっとだけヨ〜

アンタも好きねぇ〜ん
というわけで、このネタがわかる人って(笑)
日曜日にちょっとだけサテライトにQRVしてみました。
先日FO-29のCWで1台リグ+モービルホイップで
無事交信ができたので、今回はちょっと本格的に!

場所は、佐賀県佐賀市と福岡県大川市の境にある
筑後川沿いの大野島です。

先日、今年も8J6VLP用のリグFT-817NDを支給されたので
というか、スネ夫からまきあげたので、コレを受信に使わない
手は無いよな!
送信はIC-7000M、受信はFT-817NDで行おう!
という事で日曜日の昼頃から出没
360度見晴の良い場所でアンテナ展開
イメージ 1
こんな感じで設営してみました。
高さはほぼ3m位、短波の運用に使うポールです
イメージ 2
2mは7エレ、430は12エレと多エレメントです。
ゲインはある物のビーム幅が狭い事が気になります。
仰角は10度位つけてみました。
最初は受信からと色々とチャレンジしますがどうも弱い・・
衛星軌道が天頂を通過する場合MELが真上だったりした場合
地上からの距離は短いものの、アンテナを真上に向けなければ
ならない・・うむむ、そこでジャイアンは考えた・・
水平線スレスレを通って行くような軌道の場合
距離は長くなるが仰角はこの10度とかでも問題
無いのではないだろうか?多少距離は長くてもアンテナの
ゲインがある程度あるので、ちゃんとできるのでは?
ゲインがあるので、ERPを考えると1W位で十分なはず
それ以上はトラポンに負荷を与えるので・・という事で
IC-7000Mの出力を1Wに設定
トラポンのパラメータ通りに、周波数とモードを設定
よし次のスレスレ系の軌道できそうな
16時過ぎの便、XW2Bに挑戦!
東側スレスレです!何とかなるかなとAOS直後からループを
とってみると、あっさり10秒位で取れました。
CQを出していると連続して2局から呼ばれて
交信しながら右手でアンテナを回していきます。
あっけなくタイムオーバでしたXWシリーズは
受信固定、送信可変というちょっと昔のFO慣れした
オイラにはちょっと考えにくい仕様でしたが何とか
実験成功!
イメージ 3

オービットを見ると次から次に水平線ギリギリの低高度軌道が
来るじゃありませんか!
次にXW2Cに挑戦!エコーもAOSから10秒で確認
連続してQSOでき9QSOできました。
8支部のスネ吉とも衛星初交信できました!
調子に乗ったジャイアンは次のCS4Bにチャレンジ
エコー確認に30秒位かかりましたが、4QSOできました
次に、FO29にチャレンジ
おっと、送信が145MHzなのでアンテナを入れ替えます
それに、送信固定なのでIC-7000Mを145MHzに
設定してFT-817を430で可変受信
やっぱりこちらがシックリしますねぇ
5QSOできました・・この頃になると腕がだんだんと
痛くなりつってきました・・やれやれ・・・
次に・・まだやるのか・・とXW2Aにのんびりと出ます
2QSOできました。次にXW2Fにもチャレンジしましたが
AOSからLOSまでずっと空振りエコーでした。
衛星を波乗りサーフィンした気分でした。
イメージ 4
まぁとにかく忙しかったですね、本格的な移動初サテライト
交信中にやらなきゃいけない事は

送信周波数の可変
アンテナの方向調整
ログの記入
送信行為
受信周波数の補正

腕は吊るし、途中パドルを落っことすし
マイクをさかさまに持っているし
ヘマもやりましたが、何とか楽しめました

右手、左手、耳と脳みそをそれぞれ別々に駆動してる感じですね
カラダものそれなりに動いてます。
移動運用体操」ってとこですかね。

感覚としては、ドラムセットをソロで叩いている気分ですね
ピアノとかの楽器を弾いている感覚に似ています。

今回の反省点としてはSSB運用していたのですが
受信音が自分のマイクに入ってしまい
ハウリングが起きていた事です。
次はヘッドセット着用で運用しようかと思います。


で、実は今日体中が筋肉痛になってしまいました。
さて、次の練習はいつにしようかな。

あ!そういえば出木杉と交信できなかったなぁ

私の初舞台のポンコツな運用にお付き合い
頂きました皆様ありがとうございました。
時々出没させていただきます。

開く コメント(10)

あのすみません、写真無いのでつまらないですが文章のみです(笑)
土曜日に、佐賀の家を出発して8J6VLPの設置場所に向かいます。
途中、大牟田名物の草木饅頭を購入して高速道路に乗っかり
暫くは走っていると、強力な信号をキャッチ!あれ?
なんで、こんなところでスネ夫の信号が?試しに次のSAに
行ってみると、居ました!短波のアンテナを上げたスネ夫号!
そっと、隣にジャイアン号を停めて様子をうかがいます(笑)
こんなところで無線やるなんて好きだねぇ(笑)
といわけで、早くいかないとという事で、途中買い物しながら
430MHzのC4FMでQSOしながらランデブー走行!
えびのから近道で行くので私が先を走っていたのですが
目の前に居ながら、私のクルマを見失うというスネ夫の
ポンコツぶりがまず発揮されました。C4FMだと距離が
出てくるので、離れて行っているのか近づいているのか
一目でわかるから便利ですねぇ!

途中、某局が40mCWで出てたのでコールしながら
1時間位した道を走って無事到着です。

おそらく、西日本ハムフェア以来皆さんとお会いします。
色々御馳走を食べ満腹になりました
ただ、時間が無く23時頃には失礼する事になりました。

まだ免許は交付されていませんので確実ではありませんが
今年は毎年使っているFT-817の一部に付属装置を付ける
工事設計書を書き申請を行いました。
問題無ければ免許されるはずです。
今の所予定では運用するモードは次の通りです
8J6VLP

従来のAM,FM,SSB,CW,
これに加えて次のモード予定です(免許されれば)
RTTY(AFSK)/RTTY(FSK)/PSK/
SSTV/JT44/FSK441/JT65/JT6M/WSPR/
MT63/CW/RTTY2/PSK2/FT8

もちろんAPRSも8J6VLP-9で出します

近年はオペレータも充実バラエティーに富んでます
年齢も10代〜70代
国籍も 日本、米国

さらに、今年はサテライト通信にも挑戦です!

うーんやる事多いなぁ!

とまぁまだモードについては免許が交付されていませんので
確定ではありませんが、聞こえていましたら交信よろしく
お願いします!

今年も8J6VLPはQRP通信の分野を開拓します!

開く コメント(8)

ドラちゃん移動隊の北海道支部と関東支部がアクティブな
人工衛星経由での通信
まぁ、アマチュア無線とは一口に言っても楽しみ方は
多種多様ですからそれなりに楽しければ良いかなと思い
いろんな話を聞いていました。
でも、私の性分からして天然の電離層経由での交信が
本来の楽しみで、電離層を経由しない交信はあまり興味ない
もう、E層F層様様です。
むしろ、衛星経由での通信なんて否定的
商用ベースの衛星を扱うのがその昔本職でしたから
まぁあんな人工衛星なんて太陽電池パネルとトランスポンダ
という人間の作った寿命のある物経由の
「人工電離層」「空飛ぶクロスバンドレピータ」
と自分がやらない事を良い事に比喩していました。
根拠はの59%はそんなの面白いの?
残り41%はでもやってみないとわからんよね?
やってみない事には否定も肯定もできないよね?
実は
かれこれ3数年くらい前かな
AMSAT-OSCAR 10や
8J1JAS(JAS-1/FO-12)
に夢中でした、クロス八木を作ってタワーとは別に
ルーフタワーを上げてそこに仰角ローテータを付けて
PC-8801で作った自動追尾で制御したり、クロス八木にも
限界があったので、タニグチエンジニアリングから発売
されていたスイスクワッドとかに取り換えたり
同軸ケーブルに限界を感じ、導波管にしたり
あとはオービットカレンダ(懐かしい響きだ)
とにらめっこして、ライナー70AとTS-700Sの前に
座る毎日でした(笑)

しかし、やはり形ある物は壊れる?のは宿命
人工衛星には寿命がありある日突然トラポンからの
テレメトリーが途絶えてしまい、復活を期待したもの
運用の終わりをJARLニュースで知る事になりました。
実はこれがきっかけでアマチュアパケット(AX-25)を
始めたかなその後これがきっかけでDXクラスタの構築や
仕舞にはTNCのKISSモード(トランスペアレント)を
使って、TCP/IPを実装して遊んでました
NOS上で寺子屋システムという物を動かしていました。
由来はプログラム名が yomi kaki soroban という
名前だったからだっと記憶しています。

今や、そのTCP/IPが本職になってしまいました(笑)

そんなこんなで、人工衛星からは遠ざかっていたのですが
あまりにも、圧力(笑)が1エリアや8エリアから来るので
んじゃ、やってみるかという事で、無謀にも
IC-7000M 1台にモービルホイップという
非常にプアな設備ですがやってみました。
当然IC-7000Mにはサテライトモード等搭載されていなく
VU同時受信なんかできません、つまり送信中に
衛星からのエコーを確認するのも一苦労なわけです
そんなので出来るのかどうなのか疑問でしたが
圧力をかけてきた人たちに根掘り葉掘り聞きながら
FO-29なら送信周波数固定なので何とかなるかと踏んで
取りあえず実験、UPとDOWNの周波数を計算しながら
エコーを確認
おそらくIC-7000Mを購入してVUのアンテナ端子に同軸
をつないだのは初めてじゃないかな?
衛星なんて人工的な物なのでへへへと思っていたら
そこには壮大な自然現象「ドプラー効果」が存在しているのを
すっかり忘れてました。静止衛星じゃないから当然シフト
していきますね、でもそれは自分の位置と軌道さえ推測
できれば計算できる物ですね!

といわけで、四苦八苦しながら金曜日あたりからチャレンジ
コッソリとエコーを確認して、ドラちゃん移動隊の皆を
夜中まで振り回していました。
お付き合い頂きTNX
時間的制限もあるので通信実験とはいえかなり大変です。
特に夜中にお付き合いいただいた出木杉には感謝です。

そんなこんなで、本当にこちらがアップリンクしたものが
ダウンリンクして聞こえているのか気になって本日
出木杉を予約して実験に付き合っていただきました。

先ず、FTM-400DHでGPSの衛星が沢山見える場所に
移動します。お空が見えないと始まりませんからね
本日の19時40分ごろのFO29をターゲットにしました
AOSからLOSまで20分位あります
これだけあればなんとかなるかと交信ウインドウが開くのが
待ちどうしい・・・
予定の時間になってコールサインを連打してエコーを探します
なかなか大変ですね、リアルタイムに受信できないので
苦労しながらやっと自分のダウンリンクを発見!
そうこうしていると、出木杉を発見したので
すかさずコール・・・どうせズレているからなぁー
と思っていたら、コールバックがありQSOできました!!
なんか、あっけなかったなぁーという感じでした
モビホですしリグ1台とてもCQ出す気にはならなかったです
どうしても同時受信の必要がありますね!
VUなんて絶対やらないからVUのオールモードのリグなんて
持ってませんから(笑)
まぁ目出度いので、寿司屋(回転はしないけどレールで来る)
ロボットが握る寿司で1人寂しく祝った後
次のFO29に挑戦、今度はCWじゃなくてSSB
ロシアのCQが聞こえたので応答したらバッチリQSO
できたっぽいです。

というわけで、目出度く3十数年ぶりに人工電離層
空飛ぶレピータ経由で交信できました。

とはいえ・・・受信したのは衛星で中継された衛星からの電波
自分の電波は衛星が受けて中継してくれただけなのですが
運用は慌ただしく短時間ですが面白いですね。

当面はリグの関係から送信が固定であるFO29にモビホで
リグ1台で出没・・・いや、これだとやっぱまずいので
アンテナは7エレと12エレがあるので、もう1台
絶対に一生買う事の無いと思っていた、VUの無線機か
受信機を仕入れて遊びたいと思います。
そうそう、8J6VLPの開局ももうすぐですので
集合で運用する時にはSATやりたいと思います。
社団局ですから、オペレータも複数居るので
運用とアンテナ制御と仕事を分散できるので
結構良いかも!
今日は有意義な1日でした。
でも、人工衛星に嵌り過ぎると衛星の故障で利用制限や
寿命で使えなくなった時にまさに目標を失って
ガッカリするかもしれんな・・・・

開く コメント(8)

JARL選挙投票

イメージ 1

先日到着していたJARL選挙の投票用紙
6エリアは選挙無しで、全国理事の投票のみです
全国理事の候補の方からメールやハガキ等が
到達していました。
そういえば前は、所信等を記入した
選挙公報が同封されていた気がしますが
気になってJARLのサイトを確認すると
全員の広報がありました。
改めて全国理事の所を熟読します。

JARLはアマチュア無線局を開設している
人の趣味の団体ですので、立候補者がどれだけ
無線をアクティブに運用しているかが気になります。

とりあえず過去10年間をサンプルにQSOログに
候補者の方のコールサインがどれだけあるかを
確認、なるほど結構偏ってますね・・
アマチュア無線と一口に言えど内容は多種多様
なので、一概にはいえませんけどね。

次に、過去10年間のJARL主催のコンテストの結果
参加を確認・・なるほど結構偏ってますね・・

候補者の方の大半がJARLの財政の事、JARLへの青少年入会
の事、会員サービスの事をあげられています。
JARLの選挙ですから仕方ないのですが、JARLの前に
アマチュア無線の普及が無いことにはJARL会員も何も
始まりませんし、日本のアマチュア無線家の唯一の
団体なわけですからJARLの枠を超えて国際的に
活動してみましょうという方も少なく・・・

というわけで、結論は出たので明日投函します。

それにしても、過去理事に当選した時の所信を同じ
事を掲げている候補者の方ってどうなんでしょ?
結局何にもできていない?



開く コメント(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事