過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

自転車を押し山道を登っていた。
通り過ぎた後、「あれ電信柱に何か貼ってあった」と気になって
自転車を置き、戻って電信柱に貼ってあった注意書きを確認
した。

  有害鳥獣捕獲を下記のとうり実施いたしますので、一般の
  方の入山についてはど注意くださいますようお知らせします。

  1.期間  平成18年8月26日(土)から10月25日(水)まで
         (日の出から日没まで)

  4.捕獲方法  銃器及びなわによる捕獲

  ※ 上記期間中、山に入る場合、目立つ服装、ラジオを
     かけるなどして事故に遇わないよう注意してください。

しばらく行くと、今度は「ゴミの投棄は絶対許しません!
と大きな字で書かれた注意看板が目に飛び込んで来た。

「有害鳥獣捕獲実施のお知らせ」は実に事務的で
通行人の注意を引き、読ませる工夫が全く感じられない。
字も小さく年配者では、すぐ近くまで寄らないと
読めません。
「ゴミ不法投棄」の看板で出来て、「有害鳥獣捕獲実施の
お知らせ」でなぜ出来ないのか?

千葉県勝浦市で国有林に入ってニホンザル駆除を行って
いた猟友会の人に散弾銃で誤って頭部を撃たれ死亡した
事件が2006年8月3日起きたばかりである。

なにをしなければならないか?良く考えて欲しい。

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事