ヒロTwitters

川口駅前ヒロ美容クリニックのブログです

全体表示

[ リスト ]

日本初上陸の、痛くないサーマクールを体感するため、さっそく先日ショールームに出向いてきました。

この第3世代サーマクールの名前は“サーマクールCPT”といいます。

イメージ 1

CPTとは、

Comfort (快適な)

Pulse (パルス照射)

Technology (技術)

の略だそうです。


ハンドピースに搭載されたバイブレーション機能と、照射メカニズムの改良で、

痛みがかなり緩和されたというのです。

イメージ 2


この“サーマクールCPT”は、今年の8月にバミューダ諸島で行われた国際学会で、

世界で初めて概要が発表されました。

改良点は次のようなものです。


.押璽肇灰鵐肇蹇璽詬論というものを応用し、振動が痛みより先に脳に届いて

 痛みを感じにくくする仕組み

高周波が細かく分断されて照射され、またクーリングも途中で間歇的に行なわれる仕組み

フレームチップを採用し、熱が照射面に均一に入り、かつ長く持続される仕組み


,鉢△了伝箸澆砲茲蝓痛みが半分くらいに軽減されていると聞き、「本当に痛くないの???」

と半信半疑でしたが、実際に体験して、うなづきました。

これは本当にかなり痛くないです!

私の個人的な体感ですが、通常のサーマクールで特に痛い場所とされる、

ほうれい線のあたり、あご下、額、などの数箇所だけは、多少チクっと刺されるような刺激

はあるものの、機械の説明をうかがいながら、「あ、この辺は多少痛いですね〜」など

お話しながら受けられるくらい、苦痛がなかったのです。

本当に痛くないのか、患者様に安心してお勧めできるか、そしてはたしてその効果は?と

興味津々でスタートしました。

イメージ 3

1ショット目の感想は「あれ、ただ少し温かいだけ・・・。」

本社のデモンストレーターさんが推奨する治療レベルとのことでしたが、あまりに痛くないので、

「これ、かなり弱めですか?これで本当に効くんでしょうか?」とうかがってしまいました。

どれくらいまで我慢できるか、強く治療した場合にも安全か確かめるため、

もっと設定を上げてもらいました。

「こんなに強く打ったことないんですけど、これで打って大丈夫ですか?下げましょうか?」

と聞かれるほどでしたが、ほほの部分など痛くない場所は強くしても本当に痛くありません。

パルス照射については熱が細切れに入る仕組みは感じとしてはわかりませんが、

“チクッ”の時間が一瞬で、今までの“じりっ”と熱痛い感じは無いように思いました。

次に新搭載のバイブレーション機能の痛み緩和効果についてのチェックを行ないました。

左右同じ場所にバイブレーションありとなしで比較したところ、

バイブレーションの効果が確かにわかりました。

痛みの感じが確実に鈍くなります。

骨に響くような振動の感じが苦手な方もいらっしゃるとのことでしたが、

私はバイブレーションを最強にしてもマッサージされるようでむしろ快適でした。


600ショット近く打ちましたが、重ね打ちをしていっても辛さが増すことはなく、

「もう終わり?」と思うくらい楽々と終了しました。

以前のサーマクールよりも表面近くまで熱が蓄積されるため、直後はほてったような赤みがあります

(お化粧で隠れる程度です)が、すぐに引いてしまいます。

表面近くまで熱が入ることによる即時効果として、ハリやつやが良くなった感じも

今までのものよりしっかり感じることが出来ました。


これは自信を持って患者様にご紹介できる!と確信し、早速導入の意思を伝えました。

サーマクールNXTが登場したときにも、旧バージョンのものとの比較し、導入の検討を行ないましたが、

機械が小型化し術者が操作しやすくなったこと、

照射スピードが多少早くなったこと  は改善点として実感したものの、

肝心な痛み具合は違いを感じることは出来なかったため、導入を見送りました。

しかし、今回は違います。

いずれ改良型のサーマクールが出ると信じて、待っていたかいがありました。

クリニックに到着後、照射の試験などをした上で、12月上旬には治療開始できる見込みです。

また随時告知させていただきます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事