ここから本文です

書庫全体表示

すいた桃源郷プロジェクト
明日の吹田に「大きな目標」と「さわやかな夢」を
―「確かな改革」と「壮大なビジョン」の実現に邁進―


(1)まちづくりのための三論、三則、三策

①吹田まちづくり三論
 まちづくりの基本となる3命題
 ・戦後70年の平和国家の歴史を踏まえ、今後も憲法9
  条を守り、非核非軍事不戦の国家を目指し、戦争に
  つながる施策はとらず、安心・安全・平和のまちづく
  りをすすめます。
 ・地方分権、地域主体の内政を目指す。内政はすべて地
  方に任せる。地方は11の道州に区分し、それぞれブ
  ロック政府を樹立する、ちなみに大阪は関西州とな
  る。47都道府県は道州に吸収されるものとする、市
  町村は住民に身近な基礎自治体として、市民主体の地
  域政府を確立するとともに、「自主・自立」「地域・
  固有」「市民参加・協創」を基本に、互助の地域協働
  社会と「みんなで支えるまちづくり」を推進する
 ・吹田の原風景の再構築と厚みある富葉土豊かなまちづ
  くり急激な都市化により歴史的自然やまち並み、路地
  裏のぬくもりや人のつながり、地域のつながりが消滅
  しつつある中、先人の汗と涙による偉大な足跡を踏ま
  えながら、残された貴重な伝統文化や歴史的自然を保 
  全しつつ、まちのすばらしさを次世代に継承してい

②吹田まちづくり三則
 自立した地域協働社会と地域市民政府確立に向けての3
 原則
 ・市民と行政の「協働、協育、協創」によるまちづくり
  と助けあいの地域協働社会の実現
 ・「自助、互助、公助」の役割分担を踏まえ、「新たな
  公共」の創出と「みんなで支えるまちづくり」
 ・市民の想いを自らの想いとする「地域市民政府」と市
  民行政協働によるまちづくり

③吹田まちづくり三策
 地域学、吹田学に基づくまちづくりの3大政策
 ・浜屋敷や市民公益活動センター(ラコルタ)など.歴
  史、文化を踏まえた市民活動と連携し、地域文化、市
  民文化の息づく自立のまちづくり
 ・花とみどり、水めぐる遊歩道や都市農業の振興など、
  原風景の再構築と、まちなかに里山の再生を
 ・縁や絆など人のつながりが確保されたまちの里山(心
  の里山)、路地裏のぬくもりの再生により、「安全な
  コミュニティ」「安心の福祉、医療」「安定したくら
  し働き」「安寧なる市民生活」という安心・安全のま
  ちづくり

(2)すいたのまちの将来像

一人一人が輝き、たすけあい、未来への希望あふれる温かいまち吹田地域文化、市民文化の息づく、自立とにぎわい、感動のまち吹田

(3)阪口よしおの政策課題

①第3次財政健全化計画を策定し、安定・強固な財政基盤
 の確立を!(財政健全都市)
 油断をすれば財政は知らず知らずのうちに悪化する。手
 遅れにならないよう先手を打って計画的に対処する。

②吹田のまちづくりは「協働と協育」で市民とともに進め 
 ます!(市民行政協働都市)
 第2次「すいた21世紀ビジョンを考える100人委員会」
 と「千里ニュータウン再生を考える100人委員会」の創
 設。
 助けあい、支えあい、分かちあいを基本に「みんなで支
 えるまちづくり条例」の制定を目指す。

③長寿生きがいのまち吹田を目指し、「高齢者くらし生き 
 がい研究センター」を立ち上げ、「地域貢献生きがい公
 社」「生活介護支援公社」を併設する!(高齢者くらし
 先進都市)

④「生涯学習市民大学」や「市民協働学習センター」(ま
 ちづくり市民塾、まちづくり吹田学塾)の活動拠点を
 整備し、公民館等と連携する!(生涯学習都市)

⑤安心・安全は市民の切実な願い。防災・防犯のみならず
 あらゆる分野で対応を!
 防災・防犯、子育て・教育、暮らし・健康、地域のあり
 方を見直す。(安心安全しあわせ都市)
 「安心・安全のまちづくり総合計画」策定。
 「安心・安全・幸せ吹田」の数値目標を樹立する。
 高齢者や子どもの安全歩行のためグリーンロードの拡充
 整備を。
 各自治会の中心部に「常夜燈」を設置し、地域の安心を
 見守り、心のつながりを確かめる。

⑥「非核・平和都市宣言」のもと、吹田を非核・護憲・平
 和の砦に!
 「健康づくり都市宣言」「安心・安全のまちづくり宣
 言」とともに、個人の健康、地域の安全、世界の平和を
 目指す。(非核平和都市)

⑦地方分権、地域主権による道州政府と地域市民政府の実
 現!(地方分権推進都市)
 
中央集権体制を是正し、分権型の道州政府を。
 市町村は基礎自治体として地域市民政府に。

⑧医療、介護、年金の先行き不安の中、吹田独自の高齢者
 安心社会の確立・整備を!(高齢者医療介護安心ビレッ
 ジ)
 病院、診療所、薬局、福祉施設、訪問介護・看護などの
 連携がはかられ、高齢者が安心して暮らせる支援体制の
 実現。
 地域包括支援制度は、小学校区ごとに「ビレッジ」とし
 て整備し、住民によるサポート組織のもと運営する。
 健康寿命の延伸と介護予防のため、まちかどデイハウス
 やティーサロン、食事会の拡充・整備。

⑨女性の社会参加を支援し、安心して子育て・教育のでき
 る先進都市吹田の実現!(安心子育て教育都市)
 「夢つながり未来館」を活用し、子育て・教育のSOSに
 24時間対応できる支援体制を。
 子どもの多様な育ちをサポートする保育所、児童館、子
 育て広場、放課後児童クラブなどの拡充・整備。

⑩歴史・伝統の地域文化と世界に通じる市民文化の息づく
 自立と賑わいのまちづくり!
 メイシアターや浜屋敷、ラコルタやゆいぴあ等の活用で
 文化活動、市民活動の振興を。
 北千里、岸部地区等に図書館の拡充・新設を。(文化政
 策先進都市)

⑪わずかに残る里山と都市農業を振興し、「花とみどり、
 水めぐる遊歩道」を市内に網の目のように整備する!
 (花水緑農先進都市)
 
遊歩道ネットワークに「緑陰、ベンチ、水場、トイレ」
 を整備し、すべての市民が散歩しやすいようにする。
 里山と都市農業再生のための市民ボランティアの養成。
 再生可能エネルギーの活用で持続可能なまちづくり。

⑫地震に強い災害対策本部を有する新庁舎の建て替えの検
 討を!(新庁舎建替え)
 新中央図書館や中央公民館、市民協働学習センターや美
 術館などを移転、新築する。

⑬多核都市吹田の東西南北正面の5拠点整備を!(多核都
 市吹田の整備)
 駅前等の土地利用については、地域ニーズを踏まえつつ
 高さ制限の緩和など都市計画用途地域の見直しを。
 1.吹田の表玄関、JR吹田駅西口の吹田の顔となる駅
   ビルは以前のまま、これの地上南北通路の整備を含
   め、駅ビルの建て替えと駅周辺商店街の活性化を。
 2.東部はJR岸辺駅前において、健都のまちづくりが
   国循や市民病院を中心にすすめられている。更に都
   市の森、里山、せせらぎ、小水力発電など環境都市
   の基盤整備、あるいはコミセンや図書館の整備を。
   既に吹田は東西日本の結節点、京阪神のクロスロー
   ド。更に鉄道においてもモノレールの万博からの南
   伸と地下鉄今里筋線の北伸により、岸部を新大阪と
   空港を結ぶ大交流拠点に。
   国循へのシャトルバスの運行については、北千里、
   千里山、南吹田線3路線の開設と100円パスの活用
   を
 3.西部は北急江坂駅周辺、新御堂筋高架下の駐輪駐車
   場は江坂公園や道路下に移転新設し、跡地には水の
   流れるモール街を整備し江坂活性化の起爆剤とす
   る。
 4.南部は南吹田の区画整理地域、いまやJR東海道線
   をくぐる地下道も整備され、「おおさか東線」南吹

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事