ここから本文です

書庫全体表示

障がい者施策に関する確認事項

・吹田市の障がい者施策は、国の制度の不十分さに対して市独自に先進的な施策を積極的に行ってきた歴史と成果を踏まえ、すべての障がい者の生命と暮らし、尊厳を守ることを障がい者施策の基本とし、実態や要求に基づく施策を積極的に推進していく立場を貫く。

・障がい者施策の推進にあたっては、当事者。関係者との協議を行うことを原則とし、相互理解や合意形成に努め、行政による一方的かつ強引な進め方は行わない。

・障がい当事者や家族、関係者との懇談を定期的に開催し、市内施設。事業所を定期的に訪問するなど、当事者・家族。関係者等の声を市長が直接聞く機会を設ける。

・当事者・関係者の声を置き去りにしたまま一方的に見直しされた重度加算については、日中活動の場における手厚い支援を必要とする障がい者の受け入れを促進するための手厚い職員体制や専F5性の確保、新たな受け皿整備の促進など、本来の目的を達成する施策となるよう充実を図る。また、グループホームなどの暮らしの場やショートスティ、在宅サービスにおいても手厚い支援を必要とする障がい者の受け入れやサービス利用が促進されるよう新たな施策の具体化を推進する。

・一人暮らしやグループホームでの暮らしなど多様な暮らしの場づくりを推進する。そのための住宅確保と住宅改修費助成の充実、グループホーム開設費用・運営費助成の充実、建て貸し方式によるグルァプホームヘの新たな助成制度の創設、人材確保など必要な施策の具体化を推進する。

・医療的ケアが必要な重度障がい者の日中活動の場や暮らしの場、ショートステイの整備について吹田市として積極的な検討と対応を進める。

・障がい者医療費助成の改悪など、この間後退した障がい者施策については、改めてその影響や実態把握を行い、必要に応じて事業の復活や再構築などを行う。

・障がい者の雇用促進や福祉的就労での工賃引き上げのための施策を推進する。また、吹田市役所での障がい者雇用における障がい種別の限定などの差別的扱いを見直すとともに、雇用における合理的配慮の提供モデルとなるよう積極的な対応を行う。
障害者差別解消法に基づく「障害を理由とする不当な差別的扱いの禁止」や「合理的配慮の提供」を推進するための施策のあり方を検討し、吹田市として積極的かつ実効性のある取り組みを推進する。

・国連・障害者権利条約を羅針盤に吹田市の障がい者施策や関係施策の充実を目指す。障がい者施策の政策検討は、「私たち抜きに私たちのことを決めないで」を基本とする当事者参画を原則とする。

以上

以上の内容について実現をめざし、双方が努力するものとする。

2019年4月4目
吹田市長選挙予定候補者
阪口善雄

新しい吹田市政をめざす障害者・家族関係者の会
世話人 宇都雪人
    木江卓司
    平山雄一
    波那本豊
    福西義信
    池田篤
イメージ 1イメージ 2

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事