ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

障がい者施策に関する確認事項

・吹田市の障がい者施策は、国の制度の不十分さに対して市独自に先進的な施策を積極的に行ってきた歴史と成果を踏まえ、すべての障がい者の生命と暮らし、尊厳を守ることを障がい者施策の基本とし、実態や要求に基づく施策を積極的に推進していく立場を貫く。

・障がい者施策の推進にあたっては、当事者。関係者との協議を行うことを原則とし、相互理解や合意形成に努め、行政による一方的かつ強引な進め方は行わない。

・障がい当事者や家族、関係者との懇談を定期的に開催し、市内施設。事業所を定期的に訪問するなど、当事者・家族。関係者等の声を市長が直接聞く機会を設ける。

・当事者・関係者の声を置き去りにしたまま一方的に見直しされた重度加算については、日中活動の場における手厚い支援を必要とする障がい者の受け入れを促進するための手厚い職員体制や専F5性の確保、新たな受け皿整備の促進など、本来の目的を達成する施策となるよう充実を図る。また、グループホームなどの暮らしの場やショートスティ、在宅サービスにおいても手厚い支援を必要とする障がい者の受け入れやサービス利用が促進されるよう新たな施策の具体化を推進する。

・一人暮らしやグループホームでの暮らしなど多様な暮らしの場づくりを推進する。そのための住宅確保と住宅改修費助成の充実、グループホーム開設費用・運営費助成の充実、建て貸し方式によるグルァプホームヘの新たな助成制度の創設、人材確保など必要な施策の具体化を推進する。

・医療的ケアが必要な重度障がい者の日中活動の場や暮らしの場、ショートステイの整備について吹田市として積極的な検討と対応を進める。

・障がい者医療費助成の改悪など、この間後退した障がい者施策については、改めてその影響や実態把握を行い、必要に応じて事業の復活や再構築などを行う。

・障がい者の雇用促進や福祉的就労での工賃引き上げのための施策を推進する。また、吹田市役所での障がい者雇用における障がい種別の限定などの差別的扱いを見直すとともに、雇用における合理的配慮の提供モデルとなるよう積極的な対応を行う。
障害者差別解消法に基づく「障害を理由とする不当な差別的扱いの禁止」や「合理的配慮の提供」を推進するための施策のあり方を検討し、吹田市として積極的かつ実効性のある取り組みを推進する。

・国連・障害者権利条約を羅針盤に吹田市の障がい者施策や関係施策の充実を目指す。障がい者施策の政策検討は、「私たち抜きに私たちのことを決めないで」を基本とする当事者参画を原則とする。

以上

以上の内容について実現をめざし、双方が努力するものとする。

2019年4月4目
吹田市長選挙予定候補者
阪口善雄

新しい吹田市政をめざす障害者・家族関係者の会
世話人 宇都雪人
    木江卓司
    平山雄一
    波那本豊
    福西義信
    池田篤
イメージ 1イメージ 2

2019年吹田市長選挙にあたつての政策協定

1 基本姿勢
(1)清潔・公正口明朗で民主的な市政運営を行うこと。
(2)維新政治に反対し、市民のいのちとくらし・尊厳を守る市政をすすめること。

2 政策の柱
(1)市民のいのちとくらし、尊厳を守る「福祉の吹田」の復活をめざします。

(2)「子育てするなら吹由」を取り戻し、安心してこどもを産み育てられる吹田をめざします。

(3)循環型地域経済の実現で、営業とくらし、雇用を守り発展させます。若者の就労を支援し、中小企業や福祉職場の人材確保をすすめます。

(4)市民のくらしと環境優先、安心・安全の計画的なまちづくりをすすめます。

(5)憲法を守り、非核平和のまちづくり、健康で文化的なくらしをささえるまちづくりをすすめます。

(6)セクシャルマイノリティも含めた多様な性別の権利を守り、平等のまちづくりをすすめます。

(7)民主的な行財政運営を行います。

(8)災害に備え、どんな時でも市民のいのちとくらし、尊厳を守る市役所をつくります。

3 個別政策については今後協議するものとします。
以上の政策について実現をめざし、双方が努力するものとする。

2019年13月26日
吹田市長選挙予定候補者
阪口善雄

笑顔かがやく吹田市民の会
代表世話人 影山義紘
世話人   床島央明
      徳井義幸
      上野和明
      石川たえ
      西谷文和
      鍵谷誠一

2019年吹田市長選挙にあたっての政策協定

1 基本姿勢
(1)清潔・公正口明朗で民主的な市政運営を行うこと。
(2)維新政治に反対し、市民のいのちとくらし・尊厳を守る市政をすすめること。

2 イ固別政策
(1)市民のいのちとくらし、尊厳を守る「福祉の吹田」の復活をめざします。
・歳を重ねても、住みなれた吹田で終の住処を得て、充実した介護を保障
・「格差と貧困」の解消をめざす取り組み
・重度障害者のくらしを支える重度加算見直しの再検討とくらしの場の充実
・国保・後期高齢者医療保険料の軽減で安心の医療
・廃止された市老人医療費助成の再構築と入院時食事療養費を助成対象に復活

(2)「子育てするなら吹田」を取り戻し、安心してこどもを産み育てられる吹田をめざします。
・公立保育園の数を維持し、民間保育園への補助で保育の質を落とない待機児童対策
・子ども医療費助成の対象を高校卒業まで拡大
・全国ですすむ全員喫食の中学校給食の実現
・少人数学級の実施で充実した教育

(3)循環型地域経済の実現で、営業とくらし、雇用を守り発展させます。若者の就労を支援し、中小企業や福祉職場の人材確保をすすめます。
・吹田市産業振興条例を基礎にして地域経済の循環と活性化を実現するための総合的な施策を全庁体制で推進
・中小企業や福祉職場の担い手確保方策の実施

(4)市民のくらしと環境優先、安心・安全の計画的なまちづくりをすすめます。
・自然災害から市民のいのちとくらしを守る防災のまちづくり
・こどもから高齢者、障害者、誰もが安心して生活できるユニバーサルデザインのまちづくり
・車がなくても市内の移動ができる公共交通の充実
・原発に頼らない自然エネルギー活用の促進
・乱開発を抑制し、住環境の保護

(5)憲法を守り、非核平和のまちづくり、健康で文化的なくらしをささえるまちづくりをすすめます。
・日本国憲法の平和原則を尊重し、非核平和都市宣言にもとづき、市民の戦争体験の収集・保存をはじめ、展示、平和教育、憲法普及など非核平和施策を推進
・市民・団体が幅広く使用できる市民会館を復活。公共施設の使用料はだれもが利用しやすい価格に(使用料の減免制度)
・公共施設の充実で誰もが文化やスポーツを自由に楽しめる環境整備

(6)セクシャルマイノリティも含めた多様な性別の権利を守り、平等ロジェンダーフリーのまちづくりをすすめます。
・子育て支援の強化、貧困・格差対策の拡充とひとり親家庭の仕事と子育ての両立支援を強化
・ドメスティックバイオレンスなどの啓発・予防。相談。一時保護・生活再建への支援

(7)民主的な行財政運営を行います。
・不要不急の大型建設事業よりも市民に身近な公共工事の推進
・市民の声が届き、市民のくらしやまちづくりのための成熟した議論が保障される市政
・二元代表制の原則を守り、行政と議会の健全な関係を構築

(8)災害に備え、どんな時でも市民のいのちとくらし、尊厳を守る市役所をつくります。
・37万都市にふさわしい、市民生活を守る職員体制の構築
・何でも民間委託。民営化推進でなく、公的責任を発揮
・官製ワーキングプアをつくらず、市民のくらしを支える職員が安心して働き続けられる勤務労働条件

以上の政策について実現をめざし、双方が努力するものとする。

2019年13月26日
吹田市長選挙予定候補者
阪口善雄

明るい革新吹田市政をすすめる会
代表委員 石川たえ
     友田光子

市民とともに 一緒に創ろう
福祉のまち、日本一住みたいまち


(1)みんなが誇れる「まち」に
①なくされた市民相談室を再開します
②自治会連合協議会の再建と、「自治会等パートナー条例」制定

(2)温かく公正な先駆的市政を
①国立循環器病研究センター、吹田市民病院へのシャトルバスの
 運行(北千里、千里山、南吹田豊津線の3ルートを整備)
②バス路線のない地域に「すいすいバス」を運行
③70歳以上の高齢者に100円パスを発行(電車、バスなどに
 適用)
④歩行困難な高齢者や障がい者に福祉タクシーの利用

(3)地域経済の振興とにぎわいを
①吹田市の正面、東西南北の多核的拠点整備を進め、地域の活性
 化を

(4)日本一の環境・健康・医療都市をめざそう
①吹田操車場跡地に世界に発信するエコメディカルシティの創出
 と、縄文の森、弥生の里山など原風景の再生を
②「アジェンダ21すいた」が提起する環境・文化・福祉・財政
 のバランスがとれた持続可能なまち吹田を

(5)子育ての吹田、福祉の吹田を取り戻します
①待機児童の早期解決と、学童保育時間の延長補助、そして土、
 日の地域の学校における「寺子屋」の開設
②子ども医療費無償化を高校生まで延長
③各地域に介護施設、診療所、薬局、介護・看護派遣センターを
 整備し「高齢者安心安全の村」を開設する

(6)地域主権・市民参加型のまちづくりシステムの実現
①「自助・互助・公助」の役割分担と「協働・協育・協創」によ
 る「みんなで支えるまちづくり」条例の制定

(7)非核・平和宣言を守り続ける「まち」に
①「核」も「戦争」もない世界を求めます
②憲法9条を誇りにし、吹田を「平和の砦」に
③原発依存から、再生可能エネルギーへの転換を求めます


阪口よしおの市政に寄せる熱い思い
健康・子育て・介護予防の行き届いた安心・安全のまち


(1)わずかに残る里山やせせらぎ、季節の花々が咲き誇る、水
   めぐるまち吹田を「日本一住み続けたいまちだ!」と言っ
   てもらえるよう、阪口よしおと一緒に知恵と力を出し切り
   ましょう

(2)吹田の明日を助け合い、支え合い、分かち合いの、心のつ
   ながる「人が輝き、感動あふれる美しい心の都市(まち)
   吹田」の実現を目指します

(3)防災・防犯、子育て、介護など「安心・安全のまちづく
   り」のための予算を、市長が先頭となって投入しますが、
   盤石で確かな財政運営も約束します。

(4)地震に強い庁舎をはじめ、図書館、公民館などの建て替え
   を順次考えます。
   メイシアター大ホールの、手遅れとなった天井の耐震化 
   は、文化芸術を大々的に推進する吹田市にとって、一刻の 
   猶予もありません。

(5)「千里万博とその後を考える100人委員会」を設置し、  
   2025年大阪・関西万博に向けての連携事業を進めま
   す。

(6)ゴミ袋、公共施設利用料金減免、福祉・コミュニティーバ
   スの導入など、数々廃止された吹田自慢の事業を復活させ
   ます。

一隅千里のまちづくり構想

阪口よしお9つの想い

(1)日本国憲法を守ります
   ・憲法の立憲主義、平和主義、国民主権は厳守し、   
    日本国憲法を守る立場を貫きます。
   ・戦後70年、日本を非軍事、不戦の国として守り
    続けた憲法9条とその精神を遵守します。
   ・憲法9条に違反すると指摘されている(憲法学者
    の9割)、集団的自衛権容認への歴史的変節は認
    めません。
    自衛隊の軍隊としての海外派遣に道を開く安保関
    連法は廃案にし撤回させましょう。
   ・但し、国土、国民保護のため、個別的自衛権に基
    づく専守防衛と災害復旧を任務とする自衛隊の存
    在と存続を、憲法もしくは基本法で明確にしま
    す。(憲法による場合は改憲になる)
   ・国際社会の平和創出に貢献するため、自衛隊の中
    に国連平和協力隊を設置し、国連のPKO活動への   
    非軍事の参加を、恒及法で明確にします。

(2)原発依存からは脱却します
   ・福島原発事故については、汚染水対策の徹底と除
    染による早急なる地域再生と帰郷の実現を。廃炉
    に向けてのタイムスケジュールの公表と完全解決
    策の提示を
   ・省エネ、節電を更にすすめ再生可能エネルギーへ
    の転換を
   ・旧式火力発電は最新式省エネ型に、また天然ガ
    ス、コージェネレーション(熱電併給)への移
    向促進
   ・使用済核燃料1万7千㌧の最終処分地の確保を

(3)地方分権と地域主権による道州政府と地域市民政府
   の創設
   ・国は国にしか出来ない仕事、外交、防衛、安全保
    障、金融や全国一律の課題
   ・内政はすべて地方に移管
    ①中央集権制を廃し、分権型の道州政府の創設に
     より競い合い、国力を高める。
     (例)関西州をはじめ中国、四国、九州、北陸
     信越、東海、南関東、東京、北関東、東北、北
     海道の11道州を
    ②都道府県は道州政府に統合を
    ③市町村は基礎自治体として「自主・自立「地
     域・固有」「市民参加・協創」の地域市民政府
     を確立し、道州政府と直結する。

(4)一隅を守り、千里を駆ける教育と安心安全の子育て
   環境を
   ・こども達に輝く未来と郷土への誇りを
    ①地元、足元から すなわち家庭や地域、友人を
     大切にするとともに郷土吹田の歴史、文化、伝
     統を体得するように
    ②国際感覚を養い世界に目を向けられるこどもの
     育成
    ③そのため地域歴史、古典、倫理の教育を充実す
     るとともに英語や国際理解教育にも力を尽くし
     ます。
   ・安心、安全をはじめ最善の子育て環境を    
    ①生涯教育の観点から、保育園、幼稚園、小学
     校、中学校、高校から成人に至るまで、こども
     達の成長を追跡できるシステムを    
    ②地域教育の役割を充実させます。こどもの放課
     後や土曜、日曜の「太陽の広場」「地域の学
     校」は有償ボランティア制を導入し、整備拡充
     します。    
    ③幼保、幼小連携を深めるとともに、6才児は義
     務教育化(保育料の無償)をめざし、中学校まで
     を「1,4,3,2制」の独自制度を立ち上げ、幼
     小中の一貫教育を実施します。   
   ・子育ての質量とものレベルアップをめざしま 
    す    
    ①幼稚園の保育園化、保育園の幼稚園化    
    ②女性の社会進出を促進するため、保育園の待機
     児童をなくします。    
    ③在宅の子供や親のための子育て教室や子育て広
     場を拡充整備し、親の不安を解消します。

(5)すべての人が健康ではつらつとしたまちに
   ・健康づくり都市宣言のもと、出産から生涯にわた
    り、一人一人の誇りと尊厳が守られる「健康福祉
    都市」実現に向け総合力を上げて取り組みま
    す。    
     ・縁や絆が弱くなっている地域で「支え合い、助け
    合い、分かち合い」の心の里山や路地裏のぬくも
    りの再生により、「みんなで支えるまちづくり」
    を   
   ・介護予防に重点を置くため、「街かどデイハウ
    ス」を拡充します。また、ティーサロンや食事会
    など交流の場をつくります。   
   ・元気な高齢者が生きがい、働きがいをもって暮ら
    せるように、高齢クラブの活動やシルバー人材セ
    ンターの活動に期待し支援をします。   
   ・社会の弱点が最も集約されている「しょうがい
    者」のバリアーを最優先に除去し、すべての市民
    が幸せにくらせるまちに
  
(6)わずかに残る里山と都市農業の再生を   
   ・サスティナブルシティー(持続可能なまち)をめ
    ざす「アジェンタ21すいた」の全市民的取り組
    みを、特に、エネルギー、食料、ケア(介護・看
    護)の持続的総合的未来計画を。   
   ・里山に親しめるよう市民参加による保全創造活動
    の更なる推進
    里親制度を道路、公園から里山、緑地に拡げ
    る。   
   ・都市農業の振興に向け、条件整備の充実を    
    農業支援リーダーの養成や市民農園、学童農園の
    整備拡充   
    産地直送のまちの駅の開設と吹田くわいの普及   
   ・吹田の未来を決定づける操車場跡地と千里ニュー
    タウンのリニューアルの中で地域環境と地球環境
    を結ぶ環境都市吹田の発信を    
   ・わずかに残る里山や河川、ため池、公園を再構成
    するとともに、まちの随所に花と緑、水めぐる遊
    歩道の整備によるアメニティーの向上を

(7)吹田を世界に発信する国際医療、環境、文化都市に
         戦後2回目の大転換期を大きな契機として)
   ・世界に冠たる国立循環器病研究センターの建替え 
    を核として
    ①吹田操車場跡地を健康と医療の国際都市に
    ②モノレールの万博からの南伸と地下鉄今里筋線
     の北伸により、岸部を大阪東部の人・物・情報
     の大交流拠点に
   ・千里ニュータウンと万博、江坂などの再生により
    再度世界に発
    ①日本初、東洋一の千里ニュータウンの再生によ
     り「福祉、健康、環境」の21 世紀リニュー
     アルモデル都市の実現を
    ②万博エキスポランド跡地の日本一の賑わいの施
     設とガンバ大阪の4万人スタジアムが同時完
     成。民博、日本庭園と連携し、日本を代表する
     環境、文化、賑わいの拠点に
    ③東京に一番近いといわれる江坂、高架下の駐
     輪、駐車場を地下に移転し、そこを水の流れる
     モール街にし、江坂再生の起爆剤に

(8)地域文化、市民文化の息づく自立のまちづくり
   ・歴史、文化、伝統に依拠したまちづくり
    ①旧吹田は古代より、京大坂西海を結ぶ神崎川
     (三国川)の水運で栄えたまち。高浜が水運と
     陸運のクロスする交通の要衝。浜屋敷と旧西尾
     邸がその伝統文化を継承している千里丘陵を中
     心とする北部吹田はニュータウン開発が始まる
     1960年(昭和35年)までは縄文弥生以来の里
     山が存続していたが、その後の万博開催などに
     より新市街地に生まれ変わる
   ・地域文化の振興は市民活動により担われている
    浜屋敷や旧西尾邸、旧中西邸、博物館や市民公益
    活動センターなどにおいて NPOや市民活動団体
    が活発に活動を行っているのが吹田の特徴
   ・市民活動が行政と協働し、市民文化が進展する中
    で、自治が強固なものとなり、  地元の地域文化
    が見直される。そのような下で賑わいの都市力が
    形成され、自立のまちづくりにつながっていく

(9)「安心・安全・安定」はまちづくりの基本
   個人・家族環境、地域環境、地球環境の弱体化の克
   服
   個人・地域・地球をつなぐ一体的政策の構築
    「安心」・・・・・個人の健康と幸せな生活の実
             現
             「健康づくり都市宣言」に基
             づく個人と家族の基盤づくり
    「安全」・・・・・防災・防犯をはじめ、くら
             し・健康、子育て・教育、コ
             ミュニティーのあり方など安
             全の地域づくり、まちづくり
             「安心安全のまちづくり宣
             言」による地域生活環境の整 
             備
    「安定」・・・・・非核平和と非軍事・不戦の国
             を継承、原発依存からの脱却
             と自然エネルギーへの転換 
             「非核平和都市宣言」を踏ま
             え吹田を非核平和の砦に

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事