ここから本文です

書庫日記

記事検索
検索
3年半の間、私は一市民に戻り、地域末端路地裏から吹田のまちのあり方を見つめてきました。やはり24年間で身についたまちを見る目は弱ったとはいえ、消え失せていません。ただ時間があるほうが物事を整理してまとめるのに手間がかかるように思えます。手際よく対処することができず、時ばかりが過ぎていく思いに取りつかれ、疲れてしまうことがよくあります。課題の多さに圧倒され、系統だった思考のしにくさとの戦いの毎日でした。
 
そんな中、VSS(ビレッジ里山すいた)のまちづくりビジョン検討会議も4回と回を重ね、里山塾もいよいよ提言、提案の段階に入ってきました。私達は主に「まちのあり方」を専らにしておりますが、「国のかたち」のことも無視はできません。たとえば、原発の核、エネルギー問題、農業・農地、農産物やTPP問題、介護・医療・年金問題、消費税、集団的自衛権や憲法問題、拉致問題や米軍基地、領土問題などです。
 
国にしかできない問題に対し、府県の広域行政の課題、そして基礎自治体としての「まちのあり方」となってきます。それを考える際に、いかに行政情報の提供が乏しいかということ、市報が月1回になったので、欲しい情報がいかに少ないかということです。
 
「自治基本条例」では情報共有、参画、協働といわれておりますが、一市民となった局面ではほとんど情報がとぎれてしまっています。これに対し、「協働、協育、協想」のもと、ひとりひとりの市民が豊富な行政情報を手にすることにより、行政と共に100年の計といえる壮大なビジョンを構想し、共有できるような「市民協想まちづくりビジョン創成会議」なるものを、大勢の市民参加で立ち上げ、1回1回の会合の報告をきちんとすること、ただしこの中に、それぞれの課題に応じた分科会を設ける必要があるということ。まだ「見える、分かる、参加できる」の指針はいまだに生き続けているということです。
 
以前は交付税不交付の吹田だったので、何もかも財源は自力でしなければいけないということで、中核市の申請をしなかったのですが、幸か不幸か、今や交付税交付団体になっており国の助成があるので、権限と財源が多くなる中核市を直ちに求めるべきです。エコ・メディカルの日本一の健康医療都市を目指すのですから、保健所の自主運営も避けられません。
 
吹田操車場の跡地は、国の医療・健康の戦略特区に指定されましたので、くらし、健康の日本一の安心、安全都市を実現しなければなりません。そのためには、ひと、もの、情報の行き交う交流拠点を整備することが不可欠です。万博からモノレールの南進と井高野から地下鉄の北伸を達成させ、空港と新幹線のクロスロード、東西日本の結節点のメリットをもっと高めなければと思います。
 
そのためには行政の大改革の断行を避けて通ることはできません。「自助、互助、公助」の役割分担を徹底的に見直し、行政は「総務、財務、企画」部門だけを残し、現場の市民サービス事業は民間や地域の担い手に大胆に移換を果たさなければならないと考えます。大量の仕事が、民間や地域に移換されますと、高齢者や女性、若者に大量の雇用が発生し、本来の「みんなで支えるまちづくり」に向かい、シルバービジネスやコミュニティビジネスが定着し、地域協働社会の実現がはかられるものと考えられます。
 
ビジョンの実現のため、大胆な改革が不可欠となるようなまちづくりに挑戦していきたいと考えています。
 
(写真は緑の美しい竹見台遊歩道にて)
イメージ 1

3年前のあの夢か幻かと思える事態が本当であったと認めることがなかなか出来ずにここまでやってきました。潔くとは言えるのですが、何故なのかとまた逆もどりばかりしていました。そうこうして3年が経過をしたというのが偽らざるところです。また、無為に過ごすのではなく、何かをつかみとりたいとも思ってやってきたのも事実です。
 
この3年間の中で最も嬉しかったのは、「今、いろいろな活動をしている人たちは、ほとんどがあの100人委員会のメンバーなんですよ」と言われた時でした。市民協働の市政の切り札が「吹田21世紀ビジョンを考える市民100人委員会」であり、「千里ニュータウンの再生を考える市民100人委員会」でありましたが、それを改めて指摘をいただいた時は、涙が出るほどうれしかったのです。そういうように位置づけされているのだなあと思いました。
 
「地方の時代」「地方分権の時代」といわれて久しい中、私の市長就任初年度の11月に「地方分権一括法」が国会で可決をされ、翌年4月から「新地方自治法」が施行され、これまでの機関委任事務が廃止となり、大きくは自治事務と国の事務に二分され、自治事務が一挙に増えたのでした。
 
さあ、これから本格的に地方の時代が始まるという時期、私は「新しい時代の新しい地方自治の創造」「地域文化、市民文化の息づく自立のまちづくり」「市民参加・参画のまちづくりシステムの構築と市民自治の推進」を基本姿勢に謳い上げました。地方自治は「市民参加・協働」という明確な新しいステージを迎えたのでした。
 
「これからの市政は行政だけではやっていけない、市民の皆さんの知恵と力をお借りしなければならない」とよく言っていました。「協働・協育」と「自助・互助・公助」の役割分担の明確化による新しいまちづくりシステムの整備への取り組みの開始ということでした。
 
市民の行政との関係は「陳情、要望、反対運動型」から「参加、参画、提案型」へと変わらなければならないとも考えていました。この市民参加型行政も大きく発展したものと思えます。
 
しかし、この3年間どの程度の進展が見られたのでしょうか。私の耳に入ってくるのは「こんな吹田はあかん、元の吹田に戻してほしい」「北千里小学校や市民会館の跡地など、どんどん民間会社に売却するのはおかしくないか」その一方、「鍼灸院の補助を打ち切ったり、ゴミ袋を有料化したり、市民病院へ行く福祉バスを廃止したり」等々、市民の怒りや失望の声であります。これでは先輩市長や私が市民の皆さんと共に築いてきた吹田市の独自性、個性が消滅し、砂漠のようなまちになってしまいます。
 
必要な財源の確保ができるにもかかわらず、ただ借金はしないという格好をつけるだけ、そして「財政非常事態宣言」の名のもとに、一方的に市民サービスを低下させているのが現状です。なんとしても、吹田市の砂漠化をくい止めなければなりません。そのためには、水で潤し、緑を蘇らせることです。私は市民の声に応えるため、水のまち吹田の「水や緑」になりたいと思っています。

「まちづくり吹田学会」「吹田学の会」「まちづくり吹田楽会」へと変遷いたしましたが、いよいよVSS(ビレッジ里山すいた)も「交流とネットワーク」の活動を踏まえて、次のテーマ「まちづくりのあり方の研究と提言」の課題に正面から取り組んでいくこととなっています。
 
4月例会における大阪学院大学の鎌苅先生の提案を受けて、早速そのあとの第4土曜日の拡大理事会を「まちづくりビジョン検討会議」に切り換えて研究活動を始めました。私を含め、9人のメンバーから提案発表があり、トータルなビジョン策定までには相当な時間を費やさなければ、そうおいそれとはいかないこともわかりました。様々な方面からの意見、提案をそれぞれ出し合い、内容のある豊かな、壮大なまちづくりビジョンを仕上げたいと思いました。
 
私の提案骨子は、
 
1.「大きな目標」「さわやかな夢」をみんなで共有しながら、「壮大なビジョン」「確かな改革」を掲げ、100年先の未来の吹田を想定し、足元から取り組んでいく
2.地方分権を推進する中、地域主体のまちづくりをめざし、「自主、自立」「地域、固有」「市民参加、協想」を基本に、互助の地域協働コミュニティの形成と地域市民政府(市民の市役所)の実現
3.吹田の原風景の再構築と厚みある腐葉土豊かなまちづくり
急激な都市化により、歴史的自然やまち並み、路地裏のぬくもりや人のつながり、地域とのつながりが消滅する中、先人の汗と涙による偉大な足跡を踏まえながら、残された貴重な伝統文化や歴史的自然を保全しつつ、まちのすばらしさを次世代に継承していく
 
という三命題に集約されます。すなわち、制度としての確かな改革の方向と吹田の歴史を踏まえた個性あるまちづくりの推進であります。
 
具体的には、
 
(1)自立した地域コミュニティに支えられた住民自治をすすめる、地域市民政府の実現
そのもとで、市民と行政の「協働、協育、協想」のまちづくりと「自助、互助、公助」の役割分担を踏まえた「みんなで支えるまちづくり」の推進
(2)地域学、吹田学の確立と、どこの市もまねの出来ない吹田ならではの、歴史と伝統、個性のあるまちづくり
それは、花とみどり、水めぐる遊歩道や鎮守の森など原風景の再構築と、まちなかに里山の再生を
次に「安全なコミュニティ」「安心の福祉医療」「安定したくらし、働き」「安寧なる市民生活」の四つの安による安心安全のまちの里山と地域づくり」
 
という方向で挑戦してまいります。
 
私は先日の後援会の役員幹事会で、砂漠のような吹田市政にピリオドを打ち、誇りのもてるまちづくり、日本一といわれるまちづくりに取り組む決意を表明させていただきました。正式な公表は、9月6日の後援会日帰り旅行会と、10月24日のメイシアター大ホールにての政策発表会の時にと考えております。その目標に向けて、地域密着で取り組んでまいりますので、皆様方のご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。
 
(写真は能勢町野間稲地 野間の大けやきに棲むアオバズク)
イメージ 1

VSSの最近の活動報告

里山塾において、先月は「紫金山公園みどりの会」の代表の方から、紫金山公園がこの10年間で、すばらしく蘇って木々が元気を取り戻し、コバノミツバツツジが咲きほこるようになったこと、今月は「まちかどデイハウス・コメット」の代表者から、10数年前の立ち上げ時の大変なご苦労と今は多くの高齢者が毎回参加されてにぎわっており、運営のむつかしさはあってもやめるわけにはいかないなど貴重な話を聞くことができました。
 
「自助、互助、公助」といってまいりましたが、非常にボランティアの部分の頑張りがあってのことなんだなあと感じています。皆さんはあまり口には出されませんでしたが、特に労働奉仕の面には、全般的にもう少し公的支援の強化の必要性がありそうですし、「有償ボランティア制度」についても考えなければと思いました。
 
6月21日は30名程の皆さんの参加のもと、能勢浄るりシアターへ見学ツアーを実施。500名定員のところが満席で、能勢三番叟などに感動いたしました。また秋の公演にも是非、みんなで行きたいと思っています。
 
また、紫金山のお話を伺って、常々気になっておりました千里ニュータウン内の里山の現状に向き合うこととなりました。ニュータウンの公園の中には、それ以前の里山をそのまま残して公園になっていると思えるところがありまして、その一つが津雲公園の中にある雑木林です。さっそく、みどりの会の代表者、津雲公園を守る会の代表らと現地見学会を開催し、10名の参加のもと、里山を見て廻りましたが、予想以上に土が流れていて、木の根っこが露出しており、保全・再生の必要をみんなで確認し「津雲公園里山クラブ」を立ち上げ、対策を考え取り組んでいくことになりました。
 
さらに、毎月第4土曜日は里山塾の特別編でしたが、4月からはついに、VSS(ビレッジ里山すいた)の本来の活動、「交流とネットワーク」「まちづくりのあり方の研究と提案」の後半の部分に正面から当たっていこうということになりました。これまでの講座の内容は確かに個別課題となっておりましたが、これからはトータルにまちづくりのあり方の問題に挑戦していくこととなりました。
 
ちょうど4月の例会で大阪学院大学国際経済学部教授の鎌苅宏司先生が、それぞれの立場で活動されている方々を結集して、吹田そのものをまるごととらえる「吹田学会」を提案されました。私たちもこれに触発され、「まちづくりビジョン検討会議」を始めることができたのです。
 
市民のしあわせ、地域のぬくもりを基本に、地方分権、地域主体のまちづくりをいかにすすめるか内容と手法について総合的な検討を重ねながら、提案し得るような政策ビジョンをつくり上げたいものと思っています。

いよいよ私たち「ビレッジ里山すいた」の活動も3年目に入ろうとしています。この2年間、私たちは「今なぜ里山なのか」という問いを発しながら「まちのあり方」を考えてきました。
 
その際の基本コンセプトですが、
一つに<自然・環境>系としてのまちの里山の創出・・・わずかに残る里山の保全とまちの随所に、花、緑、水、土、農の再生。
二つに<安心・安全>系としてのまちの里山の創出・・・縁や絆によって支え合いや助け合いの出来る温かいコミュニティの再生。
この2つを吹田のまちづくりの基本命題として追求していくものとするということです。
 
すなわち、私たちはわずかに残存する市域周辺の里山をまちの中に取り戻すこと、そしてまちの中では、長年維持継続されてきた隣近所の助け合い、支え合い、分かち合いといった「路地裏のぬくもり」の復活という課題こそ、これからの「まちのあり方」のベースを形づくるものと考えます。
 
そして、今後の課題ですが、歴史や文化、自然や里山、都市文化と農村文化の交流などを踏まえ、悠久の吹田の歴史に基盤を据えた、安心・安全の美しいまちづくりを進めたいものだということを確認いたしております。
 
その手法は、「地域文化、市民文化の息づく自立のまちづくり」に照らして、これからは市民参加といいますか、行政が主役の時代が終わり、市民の主体的参画による、市民と行政の協働による取り組みが求められています。そして、それは地方分権を支える市民自治の推進へと結びついていくものと思われます。
 
私たちの市政、地方自治は2000年(平成12年)の地方分権一括法の施行により、国と府県、市町村の関係は大きく見直され、国は外交防衛、安全保障など国にしかできないこと、府県は広域行政そして市町村は基礎自治体として、住民に身近な課題を自己決定、自己責任のもと、自主・自立のまちづくりとして進めるところまで到達しています。
 
このように、地方分権の進展のなかでは、国はどうあれ府はどうあれ、吹田市が地域主体のまちづくりを進めるならば、まずは我がまち吹田の成り立ちや原風景に着目しなければなりません。国や府に従属するのでなく、自主・自立の地域の哲学、「地域学」を保持しながら、地域固有のアイデンティティーや自然、歴史、文化の伝統性を「吹田学」で体得し、地域主体のまちづくりをすすめていきたいと考えます。
 
そのため、多彩な分野の方々に参加を求め、まちづくりの総合性についてあらゆる視点からアプローチをし、トータルなまちづくりビジョン策定を目指すためにも「まちづくり吹田学の会」すなわち「まちづくり吹田楽会」の創設を提案し、楽しく吹田の未来について語り合いたいと存じます。どうか設立に関し、皆様方のご支援をお願い申し上げます。
 
(写真は江坂でのゴミ拾いウォーキングの様子)
イメージ 1
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事