全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

伊藤若冲は最近デジタルアートになったり、ちょっとしたブームだ。
韓国の民画(庶民のためのポスターのような消耗品)
を参考にして絵を勉強していたと言われるが、この魚群図(鯛)は、
朝鮮王朝時代の民画「魚瞥図」に構成もとても似ている。
模写をして勉強していたのだろう。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

日本画、好きなんですが、こんな日本画可愛いですね!!!(^D^@Uvvv

2007/8/22(水) 午後 4:46 のえるん゜

顔アイコン

noelさん、何だか時間の経過を感じないタイムレスな絵ですね。

2007/8/22(水) 午後 9:20 [ sak*ina*ki1*47 ]

顔アイコン

「牡丹と唐獅子」の表紙の牡丹の絵といい、こちらといい、ブームになるのが納得できるような絵柄ですね。
絵で3D表現をするのはコンピューターでは簡単になりましたけど、逆に2D風に表現するために高度な技術を使用したりします。
日本画の2D表現を見るといつもすごいなあと思います。

2007/8/23(木) 午前 8:22 [ 紙屋くぅ太郎 ]

顔アイコン

くうたろうさん、「日本画の2D表現」として、この絵では魚の群れが一方を向いていて、その中の魚の大小で奥行き(3D)を表現できていますね。

2007/8/23(木) 午前 9:06 [ sak*ina*ki1*47 ]

顔アイコン

こんにちは。いつも拝見しています。
先日、実家に帰省した際、ウチにも若冲がありました。
ホンモノか疑っていたのですが、落款がこの絵とよく似ているので
少し期待が持てました(^-^)>

2007/8/28(火) 午後 10:13 [ ta2nb ]

顔アイコン

ta2nbさん、本物だと良いですね。

2007/8/31(金) 午前 9:01 [ sak*ina*ki1*47 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事