過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 昨年に劇場版としてスタートし、今年はTVシリーズとして放送された、ヤマト2199。
 現代ならではの緻密なディティールや、話の整合性など、高い完成度には
 昭和の“オリジナル”を見て育った私も脱帽ものでした(島航海長とアナライザーの声には違和感あり)。
 
 とはいえ、何年かごとに新作が作られるガンダムとは違い、なぜ今になって宇宙戦艦ヤマトなのか?
 もちろん、キムタクら豪華キャストによる実写+CGのスペースバトルシップ版や、
 故西崎氏がプロデュースした“復活編”が作られているので、
 ヤマトがフューチャーされること自体に唐突感はありません。
 しかし、今になって最初のヤマトを、ストーリーを若干(見方によっては大幅に)変更してまで
 リメイクするのかについては、頭からずっと(先日まで)疑問符が消えませんでした。
 
 
 ところが今日、いつも見ているサイトにアップされた記事で疑問が解消したのです。
 そのカギとなるのがストーリーの変更部分でした。
 2199では、地球とガミラスの惑星間戦争は地球側が先に攻撃を仕掛けたことがきっかけであり、
 衛星爆弾で死滅寸前まで追い詰められたのも、いわば自業自得とされています。
 これは、産業のために自らの手によって環境を破壊したことで、逆に苦しんでいる人類そのものです。
 そしてイスカンダルのスターシア姉妹が手を差し伸べ提供してくれた、
 コスモリバースシステムの作動に人の記憶や過去の地球への想いが不可欠という設定。
 この、人によっては小さな変更と思う2点こそが2199で重要なことだったように思えます。
 
 その記事は現代の一般常識からするとあまりに衝撃的な内容なのでリンクを貼りませんが、
 年末から2199のような展開が現実の世界で待っているかもしれないとだけ言っておきます(笑)。
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事