将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1丸田祐三九段は現在91歳で、すでに現役を引退されています。A級通算24期で名人戦の挑戦者にもなったことがある大物棋士です。

さて、大山名人とも親しかったという丸田九段創作の詰将棋にチャレンジしてみました!

中身は5手詰と7手詰が合わせて39問収録されており、全問ノーヒントです。
ほとんどの問題が3筋×3段目の範囲に玉が配置されているため、難しすぎるという問題はほとんどなかったです。

実際にぼくが解いてみた結果を表にしてみました。


イメージ 2表だけを見ると5手詰の平均考慮時間が5手詰ハンドブックよりも20秒ほど長いので、「難しいのかな?」と思われるかもしれませんが、NO.15が、ぼくにとって盲点に入っていたため、その問題に17分41秒使い、平均考慮時間が大幅に長くなった次第です。
5手詰は、19問中12問が1分以内で正解にたどり着きました。正解できなかったのはNO.15のみで、NO.18も4分以上考えた難しい問題でした。

7手詰は難易度的には普通の7手詰だと思います。1分以内に解けた問題は20問中3問(NO.23、30、39)だけでした。
10分以上考えた難しい問題も4問(NO.20、24、32、34)ありました。

5手詰は内藤九段の「のびのびしみじみ5手詰」と同じくらいのレベルの問題ですし、7手詰は、これも内藤九段の「のびのびしみじみ7手詰」と同じように簡単な問題と難しい問題が混在する感じです。

ぼくの棋力には、解いていて楽しい、ピッタリの付録でした^^




イメージ 3
人気ブログランキング  ←一日一手! クリックのご協力をお願い致します^^

イメージ 4 blogram.jp ←将棋部門で有名ブログを多数おさえて、堂々の第1位!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

今年は将棋世界毎号買うぞ宣言をした私ですが、2号目で挫折しており、この付録も見ていません(^_^;歩の使い方が巧みで「小太刀の名手」と呼ばれた丸田九段の詰将棋は、ちょっと解いてみたいと思いました。

2010/1/8(金) 午後 11:06 [ てんなん ] 返信する

てんなんさん、2月号の付録は当たりだと思いますよ^^
矢内さんや、羽生名人の記事がほとんどなかった本体の方が、てんなんさんを満足させれるかどうかは、微妙ですが^^;

2010/1/10(日) 午後 4:29 阪田 大吉 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事