将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

全体表示

[ リスト ]

前回は棋力向上を実現させるには「詰将棋を解くこと」が近道であることと、その際は「自分の棋力に見合った本を読むこと」が効率良いことを述べました。

イメージ 1 そうなると、「自分の棋力に見合った本とはどれ?」ということになるかと思います。
そこでこの1年半の間に30冊以上の詰将棋の本を読破したぼくの知識が世の役に立つ日が来たわけでございます^^;
 
余計な話ですが、ぼくはプロのように強くないので、多くの将棋ファンと同じような視点で難度を判断できると思いますし、紹介する本は比較的最近読んでいますので、そこそこ参考になるのではないかと思います。
 
ただし、棋力の目安は、ぼくが将棋倶楽部24で5級以下の時に読んだ感想が存在するわけでないので、5級以下の棋力の方にピッタリの本として紹介している本はかなりアバウトであることと、当然の如く読んだ本しか紹介できないことをご了承下さい。
 
そもそも、将棋というものは実戦は大したことないのに、詰将棋となると異常に解ける人が存在しますので、棋力の目安は「その棋力が阪田大吉の場合」という前提になっていることを重ねて申し上げておきます。


<ステージ1>

イメージ 2駒の動かし方とルールを覚えた初心者にもお勧めできるのが「1手詰ハンドブック」です。この本は、現在市販されている詰将棋の本の中で最も簡単な問題集です。ひねくれた問題はほとんどなく、実戦に必要な手筋が満載で、正確な手を指す練習になると思います。
将棋1手詰入門ドリル」も初心者におすすめです。こちらの方は前半は簡単で実戦的な手筋を問う通常の詰将棋なのですが、後半の120題は40枚の駒が使われた臨場感のある詰将棋が楽しめるおもしろい本です。最後の方にややひねくれた問題が出てきます。その分、前者よりも難度が高いと言えます。

<ステージ2>

イメージ 3次に「将棋1手詰入門ドリル」を卒業した方にお勧めしたいのが、その姉妹図書になる「将棋3手詰入門ドリル」です。
 
これは解いたことがある人ならわかるのですが、問題構成が非常に上手く出来ています。この本は初級者向けの名作だと言っても過言ではありません。
 
対象は、将棋倶楽部24で13〜14級、ヤフー将棋で緑といったところでしょうか。

<ステージ3>

イメージ 4将棋倶楽部24で10級前後の方、ヤフー将棋で青の方にまさにピッタリなのが「3手詰ハンドブック」「3手詰ハンドブック〈2〉」です。
2冊合わせて400問。全ての問題を20秒以内で正解できるようになった時には、アマ初段に近づいていることでしょう。将棋倶楽部24で5級前後の人や、ヤフー将棋で紫の人でも、詰将棋をあまりやったことがないという人は、「3手詰ハンドブック」から入るのも自信をつける一つの手だと思います。

<ステージ4>

イメージ 5「3手詰ハンドブック」はもう楽勝、そろそろ5手詰をやりたい、そういう方にピッタリなのが「5手詰将棋」です。問題図は実戦的な形にこだわって作られているので、楽しく解けますし、5手詰としては入門レベルです。注意してほしいのは「3手詰ハンドブック」の次は「5手詰ハンドブック」だと決めつけるのは危険で、その二つの難度の差は、将棋倶楽部24の点数で例えると400点くらいありそうな勢いです。「3手詰ハンドブック」から「5手詰ハンドブック」への移行を図る際は、間に「5手詰将棋」を入れておくことをお勧めします。
 
また、「3手詰ハンドブック」は楽勝だけど「5手詰ハンドブック」は難しいという方(以前のぼくです)や、「24」で3級くらいだけど詰将棋はほとんど解いていないという方(以前のぼくです)には、「3・5・7手実戦型詰将棋」(飯野健二 著)がお勧めです。このブログでは再三述べているのですが、詰将棋が嫌いだったぼくを詰将棋好きに変えた名作です。


5000文字以上の記事はUPできないそうで、続きは明日にでもUPします^^;

 
イメージ 6人気ブログランキング  ←一日一手! クリックのご協力をお願い致します^^

イメージ 7 blogram.jp ←将棋部門で有名ブログを多数おさえて、堂々の第1位!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

詰め手数が短くても難しいものもありますし、その逆もありますから、棋力にあった問題を沢山解くのが最適ということですね。

2010/2/1(月) 午前 6:42 ヒッチさん 返信する

ヒッチさん、おっしゃられている通りです!
「継続は力なり」は有名な言葉ですが、問題を解く場合、難しすぎるというのが最悪で、一変に断絶に陥ると思っています。

2010/2/1(月) 午後 7:27 阪田 大吉 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事