将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

全体表示

[ リスト ]

前回の続きです。いよいよ巷で言うところのアマ初段レベルになってまいりました!

イメージ 1詰将棋を解く際のぼくの持論ですが、「9手詰めを解くのが苦にならない人」、そういう域に達している人は初段の棋力があるのでないかと思っています。
 
ただし、1時間以上たっても答えが出ないのに「苦にならない」と頑張る我慢強い方は上の仮説の範疇に入りませんことをご了承ください^^;
 
参考までに、ぼくは将棋倶楽部24で3級の頃、7手詰めを解くのが苦になっていました。><

<ステージ5>

イメージ 2将棋倶楽部24で5級前後、ヤフー将棋で1600〜1700点、そのくらいの棋力の方にお勧めしたいのが有名な「5手詰ハンドブック」です。「2」も出ていますので、合わせて解くことをお勧めします。2冊で400問解き上げた暁には、5手詰に対する抵抗力が出来上がっていることでしょう^^
※「5手詰ハンドブック」は「2」の方がやさしいです。
 
いちばんやさしい7手からの詰将棋」といった手数は長くとも比較的簡単な問題集に挑戦してみるのも良いかもしれません。
脳トレ7手詰」も7手詰の入門書として良さそうです。

<ステージ6>

イメージ 3将棋倶楽部24で2〜3級、ヤフー将棋で1700〜1800点、そのくらいの棋力の方には「実戦の詰将棋 初段120題」「九級から一級までの詰将棋」の成美堂出版から出ている二冊がマッチしそうです。
 
超実戦 駒を取る詰将棋」「超実戦 駒を取る詰将棋 入段編」の二冊もおもしろい本だと思います。難易度が違いますので、3級になったら前者を、2級になったら後者をといった感じで良いと思います。
 
上記4冊は、手数の長いものも含まれていますが、それらは長手数の割に簡単です。(ただし、内藤先生の本は11手詰以上が40問ほど含まれており、それらは普通に難しいです。)


<ステージ7>

イメージ 4将棋倶楽部24で1級〜初段、ヤフー将棋で1800点〜1900点、という方は、ぼくと同じくらいの棋力です。ぼくが解き終わった後、強くなった実感があった問題集は「強くなる!初段の「実戦」詰将棋150題」です。解き終えた後に充実感を味わうことができました。
 
大内先生の「実戦・詰将棋を楽しむ―頭の体操」もいい感じです。
 
簡単な問題も難しい問題もランダムに入っている7手詰集「のびのびしみじみ7手詰」を解き終え、もう7手詰めは怖くなくなりました。

<ステージ8>
                                     高橋道雄の囲い別詰将棋  強くなる新詰将棋200題
イメージ 5将棋倶楽部24で二段以上、ヤフーで1900点以上の方にピッタリの本は・・。わかりません、教えてください^^;
まだ、その点数になってません><
 
ぼくは、成美堂出版の高橋先生の「初段・二段・三段」シリーズと、梧桐書院の「原田詰将棋」シリーズにチャレンジしたいと考えています。どちらも一番簡単な本にはチャレンジし書評も書いたのですが、しんどかったです^^
 
しかし、一応、解き終えることはできましたし、その二つのシリーズは有段者の間では評判良さそうなので、解くしかないと思っています。

3日間にわたり書き綴った「詰将棋ノススメ」が、読んで頂いた方の棋力向上のきっかけになれば幸いです。

ご意見・ご感想をお待ちしています。





イメージ 6
人気ブログランキング  ←一日一手! クリックのご協力をお願い致します^^

イメージ 7 blogram.jp ←将棋部門で有名ブログを多数おさえて、堂々の第1位!!

閉じる コメント(9)

顔アイコン

一番下の、原田九段シリーズ、画像のもの含め3冊終えましたが、隣の高橋九段の本とはレベルが違うように感じました。ステージ7より易しく感じたのは相性でしょうか。

高橋九段の成美堂の3冊(1冊はまだですが)は地獄です。実戦的なごちゃごちゃした変化が多くて相当体力を必要としました。

勝浦9段の詰将棋道場(7〜11手)がステージ7、最近出た5〜9手のがステージ6、くらいかどうか。。です。

2010/2/2(火) 午後 11:03 [ - ] 返信する

顔アイコン

詰め将棋は、指し将棋の調子を測るバロメーター的な要素もありますね。7手とか9手がスラスラ解けてるときは指し将棋でも調子がいいのですが、解けないときは指しても負けまくりです(^_^;

2010/2/2(火) 午後 11:20 [ てんなん ] 返信する

鍵コメの方へ
ご教示なんて、そんな大層なものではありません^^;
でも、ぼくの素直な意見です。紹介した本のほとんどが、まだ絶版されていません。ぼくの知り合いで、強い人(どこの道場に行っても四段で通用する人)は、みんな詰将棋をかなりやっているようです。
たくさん解いて、一緒に強くなりましょう^^!

2010/2/3(水) 午前 2:52 阪田 大吉 返信する

prometheさん、いろいろな見方はあると思います。「強くなる!初段の「実戦」詰将棋150題」は当時のぼくに一番感動させた問題集でした。
原田詰将棋の一番簡単な「最強の詰将棋200題」は、一度投げ出した事実があります^^;実は、上の記事の画像に使っている「強くなる新詰将棋200題」も3分の1くらい読んで投げ出しています^^;ちなみに、囲い別詰将棋も3分の1くらい読んで投げ出しました^^;無理すれば、どれも読破できる自信はありますが、そうするくらいなら、他の本を読みたいと、逃げの姿勢になるのが本音です^^;囲い別詰将棋は確かにいい感じなのですが、手数が長すぎですね^^;勝浦先生のも解いてみたいのですが、難しそうですね。しかし、市販されているもののほとんどが解ける人がいるレベルですので、どんどんチャレンジしていけるようにがんばっていきたいものです^^

2010/2/3(水) 午前 3:12 阪田 大吉 返信する

てんなんさん、詰将棋は皆様バロメーターで使っているようですが、ぼくは、それに全力投球してしまい、疲れきってよろよろになり、実戦でやられるタイプであります^^;

2010/2/3(水) 午前 3:12 阪田 大吉 返信する

顔アイコン

大吉さん、こんばんは。
いつもブログ楽しく拝見しております。
写真の問題、散々考えたことありますよ。3手目が
正しくさせればそれまでですが。。。
それから5手詰めハンドブック、1,2でもかなり違う
気がします。
24でR700の私でも、2なら結構いけますが、
1は、しんどいです。
高橋5手詰め、ハンドブック2、ハンドブック1の
順でと取り組むでどうでしょうか?
ハンドブック1まで頑張って、24でR1000を狙ってみますね! 削除

2010/2/3(水) 午後 8:12 [ habu-magic ] 返信する

habu-magicさん、こんばんわ。
上の写真は結構有名な古典詰将棋ですね^^
「5手詰ハンドブック」のレベルの差の件は、ぼくも以前聞いたことがあります。そうじゃないかとぼくも思ったのですが、ぼくがこのブログで正確な情報を紹介するために、赤い表紙の1を二度目に解いたときは緑の表紙の2とあまり変わらない難易度だと思ってしまっていたようです。しかし、1を二度目に解いた時のぼくは、上のステージ7まで達していた状況で、その影響がかなりあったのかもしれません。ですから、habu-magicさんが言われるように1を解く前に2から入るのが正しいと思いましたので、本文を修正しました。ご指摘、ありがとうございます^^1000点を超えることを応援しています^^

2010/2/3(水) 午後 9:53 阪田 大吉 返信する

顔アイコン

大吉さん、ふたたびこんにちは。8つのステージに分けた大吉さんの分析、楽しみにながら読みました。僕の場合、詰将棋を楽しむレベルは「ステージ6」(リストアップされている本を楽しんで解いてます)で、指し将棋は「ステージ5」より下の腕です^^; ちなみに僕の将棋は中終盤で逆転するものが多いです。 削除

2010/2/7(日) 午後 4:35 [ しげ ] 返信する

しげさん、ふたたびこんにちわ^^
ステージの目安は飽くまでも基準はぼくですので、気にしなくていいと思います。ぼくの身近に、指し将棋はぼくの方が遥かに強いのですが、詰将棋はぼくより遥かに上手い人が居ます。それは特別なことでなく、頻繁にある例のようです^^「ステージ6」として紹介した本は内藤先生の本がタイトルと違い後半少し難しいのが揃っています。
中終盤での逆転型、いいですねえ。羽生名人が「あとからしたミスのほうが罪が重い」と言っているくらいで、将棋は終盤力が一番重要だと思います^^

2010/2/7(日) 午後 5:42 阪田 大吉 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事