将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
<テレビ講座>
阿久津主税の中盤感覚をみがこう
①対抗形の基本 四間飛車との戦い
<第59回NHK杯 準々決勝>
渡辺明 竜王  VS 深浦康市 王位
糸谷哲郎 五段 VS 森内俊之 九段
丸山忠久 九段 VS 三浦弘行 八段
山崎隆之 七段 VS 羽生善治 NHK杯
<別冊付録>
将棋ビギナーズ 将棋をはじめよう
①駒のチカラを知ろう
 
 
 
 
NHK将棋講座のテキストが新年度を迎えるにあたって、言葉通り装い新たになりました!
まず、見てください!表紙を!
最初見たときは婦人雑誌か?と思ってしまいました!真中に写っているのは矢内理絵子女王なのですが、隣に写っているのは囲碁界のマドンナ梅沢由香里さんです!いやー、日本放送出版協会はわかっていらっしゃる!この表紙は完全におっさん臭いイメージを払拭しています!!この表紙、ぼくがこれまで見てきた将棋関係の本の表紙の中ではNO1の出来です。速攻で買いました!
 
変わったのは表紙ばかりでなく、中身の構成も変わっていました。講座とNHK杯の観戦記が一段と見やすくなっています。いやー、素晴らしい!
 
そして、内容ですが、新年度になったので、当然大幅に変わっています。まず講座の方ですが、4月から阿久津主税七段が講師を務めます。「あくつちから」と読みます^^;中盤を扱う珍しいタイプの講座なのですが、4月は対四間飛車を扱っており、なかなか良さそうです。アシスタントは安食総子女流初段が務めており、将棋ファンならば、「きたーー!」という感じではないでしょうか^^;
 
小伝シリーズも、4月号から新しい物語が始まっており、その名も「谷川浩司小伝」です!
中年の将棋ファンが喜ぶことまちがいなしっ!
 
別冊付録ですが、上の写真の右側は将棋盤のなりそこないではありませぬ!それが、別冊付録です!
面積はでかくなっていたのですが、体積の方は変わらないくらいです。ページ数が半減してました。
これから将棋を覚えよう、という人を対象にした内容で、完全に初心者向けです。
本体の方はアマ初段前後の人が楽しめる内容になっているので、その付録をどのように活用するのか個人差があるところだと思いますが、これから将棋を覚えよう、という人達を対象にした初心者向けでシリーズものの付録が4月号から始まったということを強調しておきます^^;
 
うーーむ、それにしても表紙がいい!
 
<amazon>
 
 
イメージ 2
 ← 一日一手のご協力をお願いします!(画像をクリック!)
 
イメージ 3 ← 将棋部門でダントツ一位の快進撃!夢ならば覚めないで!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事