将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

★新刊

[ リスト | 詳細 ]

新しく発売される将棋の本です。
まだ、読んでいません^^
まだ、買ってもいません^^
読んだ方は感想をお聞かせください^^;
記事検索
検索
イメージ 1現在、鬼将会の建物の中で奮闘中のモンジ隊。ひょうんなところで出会った元将棋界のアイドル チッチ。このチッチ、おそらくは林葉直子さんがモデルと思われますが、なんとコメントしていいものやら^^;

ちなみに、14巻の表紙に描かれてあるのが「チッチ」です。正確には幼少期のチッチです^^;

13巻では主人公であるハチワンがほとんど登場しない展開でしたが、14巻ではどうなることやら?



                                 (2010年2月発売中)
<amazon>
ハチワンダイバー 14 (ヤングジャンプコミックス) (コミック)

ハチワンダイバーを元にしたゲームも任天堂DS用ソフトとして出ています。
<amazon>
ハチワンダイバーDS



イメージ 2人気ブログランキング ← 一日一手! クリックのご協力をお願いします!

イメージ 3 blogram.jp ←おかげさまで現在将棋部門でダントツの第一位に輝いています^^

              N H K 将 棋 シ リ ー ズ

イメージ 1はしがき
一章 終盤編/正確な読みで勝ちきる
二章 中盤編/優れた大局観で優勢を築く
三章 問題編/実戦に応用する

2009年に放送されたNHK将棋講座「橋本崇載の受けのテクニック教えます」をまとめた本です。
「受け」をテーマに絞った本は数少なく、書籍化されるのを個人的には楽しみにしていました。
著者の橋本七段は、髪を金色に染めてみたり、SHOGI BARをオープンさせてみたりと風変りな将棋指しです^^
本の方も珍しい内容ですので、読むのが楽しみです^^

                                 (2010年2月発売中)
NHK将棋シリーズ
<amazon>
   勝利をつかむ受け      本筋を見極める      居飛車対振り飛車(1)      さばきの極意
イメージ 2



<橋本七段のブログ>
棋士らしくないブログ


イメージ 3人気ブログランキング ← 一日一手! クリックのご協力をお願いします!

イメージ 4 blogram.jp ←おかげさまで現在将棋部門でダントツの第一位に輝いています^^

       あ き ら め な け れ ば 、 夢 は か な う 。

イメージ 161年ぶりにプロ入り編入試験に合格した奇跡の将棋指し、連盟の瀬川さんの自叙伝です。

4年近く前に発刊されたハードカバーの本の文庫化で第6章が書き加えられているそうです。
参考までに、2006年に発売されたハードカバーの本の目次は「序章 葉書」「第1章 恩師」「第2章 ライバル」「第3章 奨励会」「第4章 再生」「終章 新たな夢へ」となっています。

26歳で年齢制限により奨励会退会、その後サラリーマンになるも、アマ棋界で大暴れ。銀河戦ではプロ7人抜き、異例のプロ入り編入試験に合格など武勇伝に事欠かない著者が、本音で語る自叙伝。

                                 (2010年2月発売中)
瀬川晶司 四段の著書
<amazon>
           泣き虫しょったんの奇跡 完全版        後手という生き方 (角川oneテーマ21)
イメージ 2



<瀬川四段のブログ>
瀬川晶司のシャララ日記


イメージ 3人気ブログランキング ← 一日一手! クリックのご協力をお願いします!

イメージ 4 blogram.jp ←おかげさまで現在将棋部門でダントツの第一位に輝いています^^
イメージ 1<巻頭カラー>
「第35期棋聖戦挑戦者・佐藤康光インタビュー」
「第59期王将戦七番勝負第1局」
「真剣勝負!東西対抗フレッシュ勝ち抜き戦」
<特集>
「徹底解剖!豊島将之」
<読み切り講座>
「逆転の心得」深浦康市 王位
<別冊付録>
「受けと凌ぎ」武市三郎 六段


巻頭カラーで「第59期王将戦七番勝負第1局」の様子を見たのですが、すごい場所で公開対局やっていたんだな、とビビりました・・。

毎月楽しみの一つは谷川先生の「寄せのセオリー」です。難しいのですが、勉強になっているような気がします^^;

森信雄先生の「あっという間の3手詰」は、平均2分15秒(正解率90%)かかりました。8問目までは1問あたり1分ちょっとで解けたのですが、9問目が2分34秒、10問目が9分20秒と苦戦しました。間違えたのは4問目です^^;ぼくにとっては「ぎゃっと言いながらの3手詰」でした^^;

中田章道先生の「実戦に役立つ5手7手詰」は5手詰が平均5分57秒(正解率100%)、7手詰が平均6分50秒(正解率80%)でした。10分以上考えたのが2問目と6問目で、間違えたのが9問目です。しかし、難しい。有段者向けだと思います^^;

別冊付録はとてもおもしろそうです。近日中に全部読んで感想を書きたいと思います^^


                                 (2010年2月発売中)
<amazon>
  将棋世界 2010年 03月号   五段コース問題集    佐藤康光の力戦振り飛車   将棋・ひと目のさばき
イメージ 4


イメージ 2
人気ブログランキング  ←一日一手! クリックのご協力をお願い致します^^

イメージ 3 blogram.jp ←将棋部門で有名ブログを多数おさえて、堂々の第1位!!
イメージ 1序盤編(第1問〜第18問)
中盤編(第19問〜第52問)
終盤編(第53問〜第109問)

念のために説明しておきますと、月刊誌「将棋世界」には毎号、段位認定問題というのが掲載されています。その問題の解答をハガキに書いて将棋連盟に送り、正解数に応じて得点を獲得できるのですが、4〜5問ある問題を全問正解すると2000点獲得となり、12000点獲得で、五段の推薦状が日本将棋連盟より送られてきます。(※正式な段位獲得には別途費用がかかります。)

つまり、半年間分の段位認定問題で満点をとり続ければ、夢の五段を手中に入れることができるのですが、連盟も簡単に五段を認めるわけはなく、そこには文字通り難問が待ち受けています。

その難問として掲載された問題を厳選してまとめたのが、この本なのであります。(※ただし、この本で段位を取ることはできません)

ぼくの視点では、問題の半分近くが序・中盤の問題である点が魅力的です。プロの正しくて読みの深い考えを学べるのが序・中盤だからです。

簡単な問題は入ってないはずですので、「チャレンジャー求む!」みたいノリの本であることを認知して買うことをお勧めします^^;

                                 (2010年1月発売中)
将棋世界の段位コース問題集
<amazon>
     五段コース問題集             四段コース問題集        免状が取れる!初段コース問題集
イメージ 2



イメージ 3
人気ブログランキング ← 一日一手! クリックのご協力をお願いします!

イメージ 4 blogram.jp ←おかげさまで現在将棋部門でダントツの第一位に輝いています^^

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事