将棋の棋書レビュー

将棋の本(棋書)を紹介します^^

★新刊

[ リスト | 詳細 ]

新しく発売される将棋の本です。
まだ、読んでいません^^
まだ、買ってもいません^^
読んだ方は感想をお聞かせください^^;
記事検索
検索
イメージ 1今月号の巻頭カラーは当然のように竜王戦の第2局(解説:郷田真隆 九段)第3局(観戦記:西條耕一)です。最近にしては珍しく、羽生名人関連の記事が少なかったです。

注目は新連載講座「寄せのセオリー(谷川浩司 九段)」です。寄せが好きな人には、かなり期待できる内容になっていくことが予想されます。

個人的には倉敷藤花戦第1局の観戦記もおすすめです。女流の将棋はすごく激しく、なかでも里見倉敷藤花の将棋はかなりおもしろいです。(スターが出ているのだから、もっとクローズアップすべきかと・・。)

別冊付録は高野秀行 五段の「定跡次の一手 対四間飛車棒銀戦法」ですが、これは有段者向けの内容だと思います。ぼくがしょぼいだけかもしれませんが、今のところ10問解いて1問しか正解できてません^^;
                                (2009年12月発売中)
<amazon>
将棋世界 2010年 01月号





イメージ 2
人気ブログランキング ← 一日一手! クリックのご協力をお願いします!
イメージ 1イントロダクション
羽生善治10の伝説
1章 羽生の考え
2章 私と羽生善治
3章 記者たちが見た「天才」
4章 羽生善治ヒストリー

第1章には「羽生善治の将棋「実力別」 スーパー上達講座」というのがあり、「初心者編」「初級者編」「中級者編」「上級者編」「プロ級編」に分かれており、どんなことが書かれてあるのか楽しみです^^
米長会長、中原十六世名人も取材に応じており、これはかなり期待できそうです^^
                            (2009年11月24日発売予定)
<amazon>
羽生善治考える力

<詳しい目次>
宝島社のHPに詳しい目次がありました。
http://tkj.jp/book/?cd=20166601



イメージ 2
人気ブログランキング ←クリックのご協力をお願いします^^(毎日大歓迎!)
イメージ 1<目 次>
本書の問題を解くために
 駒の動かし方
 成った駒の動かし方
 駒を成る
 駒を取る
 反則について
 本書の1手詰のルール
 譜号と解答表記
1手詰80題
 ミニコラム
1手詰220題

将棋世界2009年9月号の付録が「7手詰ミニハンドブック」だったので、誰もが「7手詰ハンドブック」の登場を疑わなかったと思います。いやあ、さすが将棋指し!裏を掻いてきました!まさか、「1手詰ハンドブック」で勝負してくるとは^^;
実際、これを知った時は爆笑しましたが、全てが1手詰の本の企画自体は素晴らしいことだと思います。将棋ビギナー向けの問題集というのが巷には少ないからです。難易度はまだ発売されてないので、当然わかりませんが、目次を見る限り初心者への気配りが感じられます。
ぼくは、初心者ではありませんが、どういう問題で構成されているのか是非読んでみたいです。
浦野先生、「7手詰ハンドブック」の制作の方もよろしくお願いします!
                            (2009年11月25日発売予定)
<amazon>
1手詰ハンドブック

イメージ 2
人気ブログランキング ←クリックのご協力をお願いします^^(毎日大歓迎!)
イメージ 1<テレビ講座>
先崎学のすぐわかる現代将棋
I垰弋弔弊鑠 ?一手損角換わり
<第59回NHK杯 2回戦>
先崎学 八段 VS 阿部隆 八段
阿久津主税 七段 VS 行方尚史 八段
屋敷伸之 九段 VS 佐藤康光 九段
郷田真隆 九段 VS 北浜健介 七段
<別冊付録>
斎田晴子女流四段のなるほど三間飛車


今月号の巻頭特集は片上六段と北尾女流初段のインタビューです。(二人は夫婦です。)
別冊付録の「斎田晴子女流四段のなるほど三間飛車」は三間飛車の次の一手問題集なのですが、三間飛車を全く知らないぼくは、30問中14問正解でした。かなり難しかったです^^
                                (2009年11月発売中)
<amazon>
NHK 将棋講座 2009年 12月号

<北尾まどか女流初段のブログ>
将棋の輪

<片上大輔六段のブログ>
daichanの小部屋

イメージ 2
人気ブログランキング ←クリックのご協力をお願いします^^(毎日大歓迎!)
イメージ 1いよいよ13巻が発売されます。鬼将会に拉致され、組織の建物の地階に放り込まれ上の階を目指して快進撃中、というのが12巻までの話の流れです。そこには、あっと驚くドラマもありました。当然ながら、詳しい内容を書くことはできません^^;
「月下の棋士」とは、全く違うノリの将棋漫画で、作者がとても将棋が強いので、将棋の部分の心情は妙にファンを納得させるものがあります。バトル>ギャグ>将棋、という優先順位で書かれているのでないかと思います^^;
ヤングジャンプで連載中なのですが、ぼくは読んでませんので、13巻でハチワンの運命がどうなるのかひじょう〜〜に、気になってます^^ハチワン、がんばれ〜!
                            (2009年11月19日発売予定)
<amazon>
ハチワンダイバー 13 (ヤングジャンプコミックス)






イメージ 2人気ブログランキング ←文字クリックのご協力をお願いします^^

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事