ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

また雨が降り出しました。留置線にはトアイライト色のEF65が停まって居ました。

イメージ 13

階段からはスチーム号が見えます、手前の芝生の所は以前は線路近くまでは入れましたけども現在は入れなく成って居ました。

イメージ 1

出発の準備で安全弁から蒸気が上がって居ます。

イメージ 4

スチーム号のハチロクがドレーンを出して出発です。

イメージ 2

ドレーンの蒸気で機関車が隠れてしまいました。

イメージ 3

約10分で戻って来ます。

イメージ 5

雨でしたけども多くの乗客が乗って居ました。

イメージ 6

大正生まれのハチロクも何時までも走って欲しい機関車です。

イメージ 7

撮影後はもう一度蒸機関車を撮影しまして京都鉄道博物館を後にしました。帰りも歩いて京都駅まで戻る途中に梅小路公園の京都市電保存車27号を見に行きました。
イメージ 8

この日は雨でしたので動いて居ないのかな・・・?お客さんは居ませんでした。

イメージ 9

27号機にも正月飾りが付いて居ました。

イメージ 10

撮影後は駅まで歩いて本日の宿泊地の大阪に向かいました。
宿泊ホテルは通天閣近くですので奈良経由で天王時に向かいました。


イメージ 11

乗り換えの木津駅では103系電車も撮影が出来ました。

イメージ 12

夜まで雨でしたので早めにホテルに入りました。

この記事に

食事後は3Fのスカイテラスに向かいます。本日は京都駅を14:07発のドクターイエローが来ますので撮影します。雨ですので撮影者は少なくて数名の人が外を見ていました。
東寺をバックに700系と特急はるかが通過して行きます。

イメージ 1

EF66-27の貨物列車も走って来ました。架線柱が多くてタイミングが難しいですね。

イメージ 2

ここからでは京都駅を発車してから見えますのでゆっくりと700系が出発して来ました。

イメージ 3

京都タワーの方を見るとハチロクのスチーム号の煙が見えました。

イメージ 4

14:07頃に京都駅をドクターイエローが出発して来ました。

イメージ 5

この頃には皆さんが表に出て見学して居ました。警備員がドクターイエローが通りますと案内もしていました。

イメージ 6

皆さん良くご存じで通過時間も14:09頃には撮影者も多く撮影して居ました。

イメージ 7

通過後は700系が来ましたのでもう少し出発が遅ければかぶる所でした。

イメージ 8

撮影後はハチロクのスチーム号を見に行きます。
途中でSL第2検修庫の中が見えます。本日はC57-1とC62-2が入って居ました。

イメージ 9

C62-2はボイラーだけに成って居て運転席も外されていました。

イメージ 10

C57-1も煙管などが修理されて居るようです。今年の北びわこに使うと良いですね。

イメージ 11

見学後は階段を下りてスチーム号に向かいました。

この記事に

建物の中に入ったら見学者が多くいました。初めは鉄道ジオラマを見学に行きます。子供たちが夢中で見ていました。冬バージョンでイルミネーションが奇麗でした。見学後は正面入り口でC62-26を見学です。

イメージ 1

横には80系湘南電車が並んでいます。

イメージ 2

0系新幹線の前では皆さん、記念写真を撮影していました。

イメージ 3

プロムナードを抜ける手前にはDD54-33号機も展示してあります。後ろの客車は20系食堂車で車内では皆さん食事をしていました。

イメージ 10

プロムナードを抜けて本館1Fに入ると500系と583系と489系が並んでいました。
展示車の前には今年のカレンダーが在りましたので月別のカレンダーが出来る様になっていました。

イメージ 4

本日の583系はシャレー軽井沢のHMが付いていました。

イメージ 5

キハ81のくろしおのボンネトが開けて有りまして中が見える様になっていました。

イメージ 6

中はエンジンかな・・?

イメージ 7

横には懐かしい車も有りました。

イメージ 8

昭和の駅が再現して有ります。

イメージ 9

DD51-756号機には出雲号のHMが付いていました。

イメージ 11

イメージ 12

横にはEF66-35号機はさくらが付いています。

イメージ 13

イメージ 14

反対側には赤富士の特急富士のHMが付いていました。

イメージ 15


イメージ 16

現役時代に一回だけ赤富士のマークを見た事が有りますけども写真は見当たりませんでした。

イメージ 17

お昼が近づいて来ましたのでレストランで列車を見ながら昼食を食べます。

この記事に

京都鉄道博物館は10:00から入場が始まりました。今回の目的は扇車庫の機関車が国旗を付けて頭出しを行って居ますので見学者が少ない内に撮影する事です。入場して蒸気機関車の撮影に向かいました。雨は小雨でしたので撮影が出来ます。初めは9両で撮影です。

イメージ 1

反対側を向いて4両を撮影します。

イメージ 2

13両の蒸気機関車が国旗を付けて勢揃いは凄いですね。

イメージ 3

ターンテーブルを入れても撮影しました。

イメージ 4

階段の上からも全体を撮影します。手前のDE10が気に成りますか?

イメージ 5

移動してもDE10は切れませんでした。少しずつ見学者が来ました。

イメージ 6

今度は機関車を1両ずつ13両を撮影しました。全部載せるのは大変なので今回はC58-1号機がお召使用で展示して有りましたのでC58-1にします。

イメージ 7

デフには鳳凰の飾りも付いて居ました。

イメージ 8

国旗を付けて正月らしい蒸気機関車は魅力ですね。

イメージ 9

車庫の中ではD51-200の整備が行われていました。
今年からは山口線で走る姿が定期的に見えそうなので楽しみです。

イメージ 10

テンダー車は横の線路に入って居ました。ライトがシールドビームに成ったようです。

イメージ 11

入れ替え機は新しい機械が入ったようです。

イメージ 12

雨が降って来ましたので撮影を止めて建物内を見学する為に中に入りました。

この記事に

18切符が二枚残って居ましたので京都鉄道博物館に行って来ました。
今回は泊りで行きますので次の日は阪堺電気鉄道も寄って来ました。今年初めての撮影旅行です。地元駅を6:10頃の電車に乗って大府駅で東海道線に乗り換えです。ホームには衣浦臨海鉄道のKE65が重連で停まって居ました。

イメージ 1

大府から米原行きに乗って、米原で乗り換えて京都に着いた頃は雨が降り出しました。今回は近くのコンビニで入場券を先に購入してから京都鉄道博物館に向かいました。京都駅から歩いて15分で梅小路公園に着きます。ここには京都市電が保存して有りますので開館時間に少し時間も有りますので写真を撮影しました。芝生広場を抜けると935号機が有ります。

イメージ 2

梅小路公園東側の入り口から入ると935号は案内所として使用されています。

イメージ 3

京都水族館を見ながら歩いていくと「市電ひろば」が有ります。

イメージ 4

市電ひろばには505、1605、703、890が展示され居ました。

イメージ 7

505号機は「市電カフェ」となっています。

イメージ 5

まだ開店前で終わりのマークが付いて居ました。

イメージ 6

後ろの1605号機は車内に自由に見学が出来ます。切符代が50円の時代かな・・?

イメージ 8

正面には小さな正月飾りが付いて居ました。

イメージ 9

車内は綺麗な状態でした。

イメージ 10

コントローラーなどもそのままで付いて居ました。

イメージ 11

梅小路公園の西側、七条入口広場で案内所として使用していた2001号機の近くは工事中でした。

イメージ 12

9:50頃に成りましたので京都博物館入口に向かいました。入場券を購入する人の行列が始まって居ました。

イメージ 13

私は事前に買って来ましたので少し早めに入場が出来そうです。
事前購入の入り口にも多くの人が並んで居ます。

イメージ 14

10:00に成りましたので入場を始まりましたので入場します。

この記事に

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事