旅日記「ボクの細道」

溜まった旅日記書かなきゃ・・・・

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

ミスター

ボクは、本当は、あなたのことが好きだったんですね。

オーロラビジョンに映るその久しぶりの笑顔をみて、初めて気付きました。
不自由な右手をポケットにしまい、引き釣る右足を気遣い、左頬にまだ不自然さを残すその独特の後遺症をさらけ出しながらも、それでも、いま可能な、最大限の笑顔を周りに振り蒔こうとしているその姿に、ボクは紛れもなく愛しさの涙がこぼれました。
それは、その姿に、10年前同じく闘病の末逝ってしまったオフクロの生きざまを重ねあわせていたのかもしれません。

不思議ですよね。

巨人のだらしなさも手伝ってか、最近はあまり野球観戦をしていませんでした。
思い起こせば、物心つく頃からボクは熱烈な巨人ファン。
ただ理由もなく、テレビに映るジャイアンツを応援していました。
あなたのひとつひとつのオーバーアクションに胸を踊らせてもいました。
しかしオヤジはアンチ巨人。大量点を入れ勝敗を決すると、不快そうにチャンネルを切り替えてしまう。
急いでボクは自分の部屋の布団に潜り込み、小さな音でラジオの中の熱狂に陶酔したものです。
幼なかったあの頃、ラジオを消し忘れ、満足そうにスヤスヤと眠るボクのそんな寝息を、オフクロはきっと愛しく見守ってくれていたのでしょう。
握り締めたラジオをそっと抜き取り、乱れた掛け布団を直しながら、夢見心地の汗ばんだ額を、やさしく撫でてくれていたのだと思います。  

ミスター        

ボクは、だから、そんなあなたの姿が・・・そんなあなたの清々しい笑顔の向こう側にある母の微笑みが、いま、愛しくて・・切なくて・・仕方ないのです。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

うちの娘といつも一緒に幼稚園バスに乗る4歳の男の子がいます。彼は必ずお母さんとハグしてからバスに乗り込んでいきます。そんな姿を毎朝微笑ましく見ています。お母さんってホントに素敵な存在。私も母になれて良かった。こちらを拝読しあらためて実感。悩む時もあるけど、今日も笑顔で帰宅しよう。そんな気持ちになりました。ありがとう。

2005/7/14(木) 午後 0:25 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事