地球の救い方・・・R.シュタイナーの人智学に学ぶ

『ルドルフ・シュタイナーと出口王仁三郎の符合』のHP を公開しました!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

★エイトスター・ダイヤモンドと美輪明宏さんのこと★


 このコーナーでは、「私の秘密」をいろいろと公開させていただこうと思います。

 今回は、エイトスター・ダイヤモンドです。

 何より先に、このダイヤモンドを紹介する理由は、尊敬する美輪明宏さんとの関わりが深いためでもあります。

 「私の秘密」といっても、今まで故意に隠してきたわけではないのですが、私の身近に理解をしてくれる人が

 いなかったので話題にしなかっただけなのです。

 でも、ここで明かす内容は、私の人生を勇気付け、大きく関わっている事は確かです。

 ただ、皆さんにとって「効果が有る・効果が無い、試すべきか・試さないべきか、買うべきか・買わないべ

 きか」といった判断は、私には判りませんし、責任も取れませんので、その点は何卒ご了承くださいませ。




 私がエイトスター・ダイヤモンドの存在を知ったのは、確か1997年でした。

 近所の書店でたまたま立ち読みした本『未知科学の扉をひらく』(河出書房新社 平野勝巳 編著)の第13章

 に、「”完璧なカット”から生まれるダイヤモンドの超パワー」というタイトルで、ダイヤモンドの奇跡が

 紹介されていたためでした。
 
 この本については、エイトスター以外に興味深い内容が書かれているので、後日別の機会に紹介しようと思

 います。

 当時、水晶などのパワーストーンをお守り代わりに身に付けたり、コレクションしていたこともあって、

 宝石の神秘的なパワーは実感していましたし、本でも色々な知識を吸収していたこともあって、非常に興味を

 もちました。

 ただ、当時の(現在も)私は、あまり経済的に余裕が無かったので、知識としてのみに留まっておりました。

 その後、TVでとんねるずの木梨憲武さんの深夜番組のゲストとして美輪明宏さんが出ていらっしゃった時

 に、美輪さん行き付けの店としてエイトスターショールームを紹介されていたのを見て、ますます興味が湧

 き起りました。

 エイトスターを美輪さんが持っていると知っただけで、非常に信頼できるものだと感じていつか買うぞ!

 と心に誓いました。

 美輪明宏さんとエイトスター・ダイヤモンド代表の田村熾鴻さんとの出会いは古いようで、エイトスター

 ショールームの店員の女性に聞いたところでは、四谷の東京ショールームの壁紙は、美輪さんのご自宅の内

 装に使われているものと同じものを、美輪さんご自身が取り寄せて使うようにとすすめられたと言います。

 そう言われてみれば、キラキラしたピンクっぽい色が層になったような綺麗な壁紙でした。

 ちなみに、木梨憲武さんは奥さんの安田成美さんにエイトスターの十字ネックレス(ゴットクロス)を

 プレゼントされたそうです。

 また、以前このブログで写真付きで紹介させていただいた美輪さんの著書「霊ナァンテコワクナイヨー」の

 P202、「<アルファ・ミュー>の力」に書かれているように、美輪さんご自身の宝石も全てエイトスターの

 方に波動チェックをされているようです。

 ちなみに、エイトスターの東京ショールームには、美輪さんがプレゼントされたといわれるアルファ・ミュー

 のマークが額縁に入って飾られています。

 エイトスター・ダイヤモンドの神秘的なパワーの詳細については、後で紹介するHPの通りなのですが、

 最も特筆すべきことの一つとして、EAVという人の健康状態を測定する機械で測定すると、このダイヤを

 身に付けたときには人の気や波動の周波数を全て中庸の値にしてしまうことです。

 これは、雪の結晶の写真でも有名なMRAという波動測定機を扱う、MRA総合研究所所長の江本勝氏も
 
 「全てのマイナス波動をゼロ波動にしてしまう物質になっています。・・・。」「・・・。つまり、間違い

 無く、幸せになるということです。」と言ってその効果を認めているといいます(エイトスター関連の本を参照)。

 ただ、美輪さんご自身はエイトスターを身に付けていらっしゃらなくても、「身を守ってくれるから。」

 というマリヤ様のお告げによってある場所で買うようにと指示された、ロシア正教のダイヤモンド入りの

 小さなクルス(十字架?)によって、エイトスター同様に全てのマイナス波動を波動を相殺してしまうらしい

 です(上記の著書より)。

 エイトスター代表の田村さんも、「美輪さんが傍に近寄っただけで、EAVの数値が全て中庸の数値50に

 なってしまう。」「美輪さんの存在自体が、その場所を癒しの空間にしてしまう。」と月曜会という波動測定

 の講義の際に仰っておられました。

 最近は、「パワーかフォースか」(三五館 デヴィット・R・ホーキンズ著)という本の、キネシオロジー

 と言う手法で数値化した、人間の意識レベルを測定すると、エイトスター・ダイヤモンドを身につけた場合、

 非常に高い悟りのレベルを示す意識レベルの数値になることが明らかになっています。

 また、エイトスターで毎週開催されている木曜会という精神世界を学ぶ講習会にも、江原啓之さんが講義を

 されたこともありました。

 私はその講習会には参加しませんでした(というか満員で参加できなかったです)が、代表の田村さんは、

 そうした美輪さんと江原さんとのご縁で、『オーラの泉』の第1回にもゲストの一人として波動測定のため

 にEAVを持参されて出演なさったそうです。
    


 ちなみに、私自身がエイトスターを購入したのは、2年ちょっと前のことです。

 その時に結婚も考えて同棲していた彼女と一緒に買ったのですが、彼女との関係があまりしっくりいって

 いなかったから・・・という理由で買った、と言った方が正しいのかもしれません。

 それで、関係が良い方に向かえばと思っていたのですが、その後、エイトスターを買った甲斐も無く、彼女

 とは別れてしまいました。

 というよりは、最近、ある霊能者の方に霊視していただいたのですが、その縁は私にとっては余り良い縁では

 なかったみたいです。

 別れた方が良かった・・・というのは、別れた後に私自身が実感したことでもありました。

 私事で最後にトーンダウンさせてしまいましたが、エイトスターについては、まだまだお伝えしたいエピソ

 ードがいっぱいあります。

 ただそれは、またの機会に譲ろうと思います。

■画像について■

 ●写真の1段目の3枚は、私のエイトスター・ダイヤモンドです。

 ●写真2段目は、私のエイトスターの鑑定証です。

 ●写真3段目は、エイトスターに関する書籍です。



  ********************************************



 以上、もしエイトスターの奇跡やその文献について関心がある場合は、下記のHPでどうぞ。

 「メルマガ・ダイヤモンド」では、田村さんがオーラの泉に出演された時のエピソードについても書かれています。

 
  ★☆★エイトスター・ダイヤモンドHP【 http://www.eightstar.co.jp/MainFrames.cfm 】

   
  ★☆★美輪明宏さんHP【 http://www.o-miwa.co.jp/index.html 】 
            (アルファ・ミューのマークも左上にあります。)

■追伸(12/21)

  ★☆★メルマガダイヤモンド【http://www.1webart.com/mm/MMDispAll.cfm?User=8star.1webart.com&d=no

のバックナンバー第56と59と65号には、『オーラの泉』出演のエピソードが載っていますので参考

になさって下さ〜い。
 

閉じる コメント(22)

顔アイコン

エイトスターとケイシー・センター会長の光田氏が人脈で繋がっているんです(笑)。そして美輪さんや江原さん、そして「生きがいの創造」の飯田史彦教授や、最近では船井幸雄さんも。ちなみに美輪さんは昔から「転生の秘密」のファンです。

2005/9/27(火) 午前 2:15 [ - ] 返信する

顔アイコン

そうなんですか!なんか、こういう精神世界の人達って、網の目の様に関わりあっているんですね。巷の宗教団体が排他的で、選民主義であるために孤立傾向にあります。それに対して、こうしたスピリチャルな事実を追求する人々は、互いが互いの真実性を証明する事になるので、互いに真実性を強めながら、繋がりが広がってゆくのかもしれません。私達もこうした流れに助けられながら、真実の認識を広めるお役に立つ事がができたら幸いですね。

2005/9/27(火) 午後 8:13 咲杜憩緩 返信する

そうですか・・・エイトスターのお陰で、良い方向に結局は進んでらっしゃる、ステキで力強いことですね。私も欲しくなってしまいました!

2005/9/30(金) 午前 1:23 [ MidNight FM ] 返信する

顔アイコン

エイトスターはEAVの数値からして、病は気から・・・という、病の「気」を中庸に整えてくれるので、確かに私自身は風邪をひきにくくなりました。また、意識指数を引き上げてくれるという点では、憑依?のような胃痛や頭痛、金縛りも減りました。ただ、私の場合は、使用し始めた時は、かなり違和感を感じました。

2005/9/30(金) 午後 10:34 咲杜憩緩 返信する

はじめまして。いろいろ勉強しましたが、わからないことがあります。意識指数というものはエイトスターダイヤモンドの影響でつけていなくても向上しやすくなるのでしょうか?

2005/10/7(金) 午後 9:36 たんぴょん 返信する

顔アイコン

ご質問ありがとうございます!「パワーかフォースか」によれば、人類は何世紀にもわたって190でしたが、1980年台半ばに207まで上昇した、とあります。通常、意識レベルは一生を通じて5ポイント前後しか変わらないようですが、俗に言う「奇跡」として、高次の存在と交信した場合などは、大きく上昇するようです。また、550以上の聖者といわれす指導者のそばにいると弟子も同じ崇高さを体験することもあるようですが、離れるとまた元に下がってしまうようです。(つづく)

2005/10/8(土) 午前 0:12 咲杜憩緩 返信する

顔アイコン

(つづき)同様に、エイトスターも意識レベルを700以上にすることが可能ですが、エイトスター無しでその意識を自分自身のレベルとして保ちつづけるには、精神的な修養が必要である事は確かです。また、意識レベルが500を超えると、現実的、物質的な執着が薄れてしまう場合もあるため、必ずしも物質的な豊かさや幸せを約束するものでは無いと思います。大恋愛で全てを投げ打って結びつくような場合も、一時的な意識レベルの上昇のようで、魂は常にそう言う体験を求めているようです。

2005/10/8(土) 午前 0:22 咲杜憩緩 返信する

ご回答感謝いたします。おかげさまで理解できました。人を愛すとき100%の愛と99%の愛では見た目はほとんど変わらないが、たった1%でも見返りを求めているという無意識がある限り、そこにはものすごい意識レベルの差が出るのではないかと思います。

2005/10/8(土) 午前 7:21 たんぴょん 返信する

顔アイコン

難しいので説明は省きますが、現在、世界の人口の15%しか200レベルを超えていませんが、その15%の集合的な意識のパワーには、85%のネガティブ性と釣り合うことができ、1000のレベルの人(キリスト・釈迦)になると、一人でも全人類と均衡が取れるらしいです。でも、聖書なども、低い意識レベルで翻訳された場合、聖書自体の意識レベルを下げてしまっているといいます・・・。「パワーかフォースか」は、エイトスターと関係無く、非常にオススメの本です。

2005/10/8(土) 午後 1:59 咲杜憩緩 返信する

今読んでいる美輪さんの本が読み終わったら「パワーかフォースか」を購読したいと思います。80対20の法則と正負の法則もかなりあてはまりますが、意識レベルに法則があるのはかなり興味があります。意識レベルは魂のレベル、すなわち生まれ変わりの回数と考えてよろしいのでしょうか?

2005/10/8(土) 午後 6:46 たんぴょん 返信する

顔アイコン

精神医が書いた本のため、どちらかというと科学的な内容で、輪廻転生については触れられてはいませんでした。ただ、意識レベルを17段階に分けると、まったく同じ情景を見ても、各段階で感じ方も受け取り方も全く異なってくる事が良く理解できます。その意味で、死後の「霊層」との関わりは多分にあると思います。ただ、こう説明している私が500の愛のレベルに達していないことも良く解ります・・・(TT)。近々、BOOK’Sのコーナーでご紹介できればと思っています。

2005/10/8(土) 午後 11:36 咲杜憩緩 返信する

いろいろありがとうございます。今までの人生で意識というものをここまで考えたことはありませんでした。人と接することが多く、気の影響も受けやすいので・・・いろいろ勉強になります。

2005/10/9(日) 午前 11:03 たんぴょん 返信する

顔アイコン

こちらこそ、たんぴょんさんから美輪さんについて色々勉強できて楽しいです。私自身は、霊視能力はありませんし、まだまだ思考錯誤しながら勉強中です。このブログも、そうした勉強の途中経過を記事にしてるだけですので、多くの人と意見を交わしながら一緒に意識を向上できればと思っています!

2005/10/9(日) 午後 2:29 咲杜憩緩 返信する

土曜会に行ってきました。行ってよかったですしまた行きたいです。いろいろアドバイスありがとうございます。

2005/10/17(月) 午前 8:35 たんぴょん 返信する

顔アイコン

そうですか!お役に立てて良かったです!実は私も土曜会は2度しか参加していないのですが・・・、田村さんの講義は面白いですよね。私はダイヤモンド知ってから買うまで6年位かかりましたが、土曜会や木曜会に参加するだけでも充分深い学びができると思います。私もまた参加しようと思います!

2005/10/22(土) 午後 0:13 咲杜憩緩 返信する

顔アイコン

江原さんもエイトスターで講演なされていたのですね。ダイヤや水晶などはあくまでサプリメントだからそれに振り回されてはいけない。努力と行動が人生を変える。とおっしゃています。だから何万円もだすのなら寄付したほうが良いのかなと思っていました。

2007/9/29(土) 午後 4:11 [ ryo*ma2**62001 ] 返信する

顔アイコン

確かに、そうですね!江原さんがパワーストーンをサプリメントだと表現することには私も賛成します。実際、エイトスターの田村さんご自身も最近体調を悪くされたりしているようですし、私自身も現実的な生活面だけを見ればそれほど大きな変化は無いと感じています。ただ、田村さんはエイトスターのカットを実現してから、さまざな偶然が続いて起り、神的、霊的な人々との出会いから非常に多くの魂の学びをされていることは数冊の本を読むと解ります。また、私の場合も、エイトスターを身に付けてからシュタイナーの著書に出会ったり、精神面では加速度的に多くを学ぶ機会があったと感じています。その意味で、エイトスターやパワーストーンを身に付けるということは、自分自身にその宝石の波動や波長を共鳴させるための道具でありサプリメントなんだと思います。(つづく)

2007/9/30(日) 午後 3:12 咲杜憩緩 返信する

顔アイコン

(つづく)ダイヤモンドや宝石も、それを身に付ける人の精神レベルによって全く意味が変わってくると感じています。例えば、大きな宝石を指も何個も身につけて周囲に自慢して見せびらかすために購入するのであれば、飢餓や伝染病の救済に寄付した方が良いのは当然です。でも、恋人に自分の愛情の深さを形にするために、少しでも幸せになれる宝石をプレゼントしたという場合もあると思います。その結果、愛する人と幸せな結婚生活ができて、仕事も熱心に努力できて、子供も元気に育てることができたのなら、それもサプリメント的な意味で使用していることになります。(つづく)

2007/9/30(日) 午後 3:43 咲杜憩緩 返信する

顔アイコン

(つづき)さらに、「確かにお金で飢餓や伝染病を救えるかもしれないが、世界に飢餓や伝染病が蔓延する根本的な原因は、人間の・・・人類の利己主義と物質主義という精神的錯覚と魂の穢れのためであり、それは神仏を信ぜず、死後も成仏できない餓鬼霊や自縛霊が霊的に憑依している結果でもある・・・。だから、物質的にだけでなく、霊的にも他人を救うことができるように自分を向上させるために、自分は少ない貯金を使ってパワーストーンと沢山の本を買って、少しでも自分の魂の向上し、多くの人にに霊的にプラスになれるよう懸命に学び、努力しよう!そして、自分がこの世を去る時には、この宝石を売って飢餓に苦しむ人のために募金すればいい・・・。」という志を持てたのなら、それは、お金の問題ではなくなってくるはずです(そんな人はいないかもしれませんけど)。結局、お金の稼ぎ方にも、お金の使い方にも、魂のレベルによって善悪の度合いが変わってくのと同じで、宝石を身に付ける動機も個々人の魂のレベルによって善悪の度合いが変わってくるはずなのです。何事も、「一念三千」であり、「真に悟った人は愚者の如し」なんだと思います・・・。

2007/9/30(日) 午後 3:58 咲杜憩緩 返信する

顔アイコン

ちなみに、私の場合は以前からパワースト−ンが好きで、水晶をお守りにしていたことや、利己的な霊的向上が目的でエイトスターに興味を持ちました。そして、実際に購入する時は当時付き合っていた彼女の分と一緒に購入しました。その後、結婚に至らずに別れましたけど・・・(−−;。そして、身に付ける内に、自分が傲慢で利己主義的なことを何度も思い知らされました。その意味で、それまで身に付けていたラピスや水晶はマルチビタミン剤や優しい家庭教師だとすると、エイトスターはユンケルや厳しいカリスマ教師・・・という感じがします。そのため、私の場合はパワーストーンとエイトスターを使い分けて身に付けるようにしています。

2007/9/30(日) 午後 4:24 咲杜憩緩 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事