『さきたま新聞』

愛は人を繋ぎます。 http://sakitamashinbun.news.coocan.jp

天と地と人のあいだに

すべて表示

広島の日に

八月六日 八時十五分
広島を思いみんなで黙祷

長く続けられている「6・9・15」の八月の鎮魂の祈り
熊谷中央公園・平和の鐘のある噴水広場にて
午後からは丸木美術館へ

今日は日曜日で遊んでいる子らもいない
鐘を鳴らすのは市役所庶務課の方々
市報にも載っているのだけれど
顔見知りの人々だけだな

とはいえ、今年はいつもより賑やか
久しぶりで会ったのは、尊敬する大先達のお嬢さん
みんなで夏の催しを確かめ合ったり、呼びかけなど
北部戦争展のポスター
昨日できたばかり
夏の朝、気が引き締まった


イメージ 5


イメージ 1

イメージ 2


丸木美術館
行きは路線バスと乗り合いワゴン車
新宿から来たご夫婦がよくしてくださった
昼のテーブルでは「かぐや」名物の稲荷寿司にブラスして
ピクルスと麹漬けをたくさん頂く

長く社会運動・市民活動を実践しているお二人
私と同じ生活クラブ生協組合員だった
子育て・介護など地域コミュニティづくりに献身してきたという
人生の先輩との四方山話、励まされた
パワフルな奥さまと少し年下の元編集者の旦那さま
すてきなカップルだったな
あんな風に年を重ねられたら

他にも知人が幾人か
みんな同じ気持ちかな
原爆の図を描いた丸木夫妻への想い
冷房が少ししかない館内と野外で汗みずくになりながら

被爆体験談に続いて
白崎映美&東北ろーるショーのライブ
上々颱風で活躍した女性ボーカルと
この日は三味線とベースの三人だけで
モノすごい音楽♪♪

前に豊田勇造さんの時は、それを目当てに行ったけれど
今回は期せずしてハートにズッキューン
日本語で「ハーダーゼイカム」
同じ精神で
「まづろわぬ民」=アテルイの精神
権力への抵抗の心
大地震の後に酒田生まれの映美さんがつくったユニット

帰りは熊谷まで知人が送ってくれて
珍しく夜のお出かけとなった
どうもありがとう
何より
カラスウリの花
夜に咲くレースフラワー
初めてあえました


イメージ 3
こちらもすばらしかった  路上の画家は広島出身
イメージ 4

イメージ 6


イメージ 7
大逆事件の絵

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
灯ろう流しは中止で館内で  

イメージ 12




その他の最新記事

すべて表示

今日はなんの日

2016/12/8(木) 午前 7:07

今日はお天気 昨夜、忘れ物を取りに予定外で千葉へ又Uターンしたおかげで 朝陽を拝むことが出来ました。 眠れなくて、早く起きだしました。、 母と、一昨日きいた賛美歌を歌いました。 クリスチャンの人には 「しずけき」 きよしこの夜です 静けき真夜中 貧し馬や 神のひとり子は み母の胸に ...すべて表示すべて表示

前に作ってあった「たつおの部屋」の書庫。 ずっと気になっていたので、大晦日に、使ってみます。 たつお。父の俳号。 晩年にかじった程度ですが、韓国語と共にまじめにやってました。 凝り性の父の残した写真・俳句・原稿。母がだいぶ捨てちゃいました。 整理するのは、私の役目のひとつ。 変人で、道楽者で、母を悲しませた父なのに、今では ...すべて表示すべて表示

その1  ―記:あんず 宮下和子絵画塾 女流であること、画家であること、人として、人の豊饒を湛えていること、それらを思うとき、宮下和子先生を思い出す。 もう二十年近く前、埼玉(SAKITAMA)文学倶楽部のN氏に誘われて同人誌に関わったことがある。 その総合文藝同人誌「花彩」は、N氏の人脈に基って編むことの出来た雑誌だった。 その全表 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事