『さきたま新聞』

愛は人を繋ぎます。 http://sakitamashinbun.news.coocan.jp

天と地と人のあいだに

すべて表示

今朝九時から放映

プロダクションエイジア・柴田昌平監督から  お知らせ

「幻のコレクション 100年前 夢の美術館」
【放送】NHK総合テレビ 
11
23日(木・勤労感謝の日)午前900949


 
教育の格差、働き方改革。

現代に通じる課題に、100年前、壮大な夢を持って取り組んだ男がいます。
松方幸次郎。
東京・上野にある国立西洋美術館の礎となった美術品をコレクションしましたが
関東大震災や昭和の金融恐慌で破綻、
その後は自ら「財界ルンペン」と称して知人宅を転々としながら生きました。

7年前、NHK「日曜美術館」で松方のことを取材する機会がありました。
いま国立西洋美術館で松方コレクションの全貌を調査するプロジェクトが動いていて
それと連動する形で、松方幸次郎の生き方を新たに見つめるドキュメンタリーを制作しました。
日本国は文化の厚みを大事にしようとしているのか、問いかけます。

映像は「能」の構成を取り入れています。
私は学生時代に観世流の能や笛・太鼓を4年間やっていました。
美術館という箱を能舞台に見立て
身体に浸み込んでいる感覚を、現代の映像でトライしました。

明日、勤労感謝の日の朝9時からの放送、ご覧いただければ幸いです。
柴田昌平

------------------------------------------------

その他の最新記事

すべて表示

今日はなんの日

2016/12/8(木) 午前 7:07

今日はお天気 昨夜、忘れ物を取りに予定外で千葉へ又Uターンしたおかげで 朝陽を拝むことが出来ました。 眠れなくて、早く起きだしました。、 母と、一昨日きいた賛美歌を歌いました。 クリスチャンの人には 「しずけき」 きよしこの夜です 静けき真夜中 貧し馬や 神のひとり子は み母の胸に ...すべて表示すべて表示

前に作ってあった「たつおの部屋」の書庫。 ずっと気になっていたので、大晦日に、使ってみます。 たつお。父の俳号。 晩年にかじった程度ですが、韓国語と共にまじめにやってました。 凝り性の父の残した写真・俳句・原稿。母がだいぶ捨てちゃいました。 整理するのは、私の役目のひとつ。 変人で、道楽者で、母を悲しませた父なのに、今では ...すべて表示すべて表示

その1  ―記:あんず 宮下和子絵画塾 女流であること、画家であること、人として、人の豊饒を湛えていること、それらを思うとき、宮下和子先生を思い出す。 もう二十年近く前、埼玉(SAKITAMA)文学倶楽部のN氏に誘われて同人誌に関わったことがある。 その総合文藝同人誌「花彩」は、N氏の人脈に基って編むことの出来た雑誌だった。 その全表 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事