『さきたま新聞』

愛は人を繋ぎます。 http://sakitamashinbun.news.coocan.jp

天と地と人のあいだに

すべて表示

30年後の八木橋リニューアル& 明日は愛染さま御縁日

東京都下昭島で生まれた女の子がちょうど人生の半分の時に
わが町熊谷で
八木橋百貨店改築

今、またリニューアル

まちはラグビーワールドカップカップ前の槌音の響き
東京オリンピックの時も
そうだったんだな  少し覚えている
消えていくものと生まれてくるものに
乾杯
ボンボヤージ

明日は愛染堂の御縁日
お出かけ下さい
愛と怒りの仏さまに祈ります
合掌
イメージ 10

県立図書館がお休みで県の地方庁舎に新聞を見たくて行ったのですが、もう撤去ですって
イメージ 1

イメージ 2

友達のご母堂手製
イメージ 3

イメージ 4

ここから八木橋百貨店
イメージ 5

サイクルショップ・エレベーターに乗せられますって
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 21

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
屋上にいつも観音様 祈る

イメージ 15


愛染橋
イメージ 16

イメージ 22

イメージ 17
イメージ 24

イメージ 18

イメージ 23

公民館のFさん 手作り
イメージ 19

ジャガイモ畑は秋にはコスモス畑に
イメージ 20


その他の最新記事

すべて表示

今日はなんの日

2016/12/8(木) 午前 7:07

今日はお天気 昨夜、忘れ物を取りに予定外で千葉へ又Uターンしたおかげで 朝陽を拝むことが出来ました。 眠れなくて、早く起きだしました。、 母と、一昨日きいた賛美歌を歌いました。 クリスチャンの人には 「しずけき」 きよしこの夜です 静けき真夜中 貧し馬や 神のひとり子は み母の胸に ...すべて表示すべて表示

前に作ってあった「たつおの部屋」の書庫。 ずっと気になっていたので、大晦日に、使ってみます。 たつお。父の俳号。 晩年にかじった程度ですが、韓国語と共にまじめにやってました。 凝り性の父の残した写真・俳句・原稿。母がだいぶ捨てちゃいました。 整理するのは、私の役目のひとつ。 変人で、道楽者で、母を悲しませた父なのに、今では ...すべて表示すべて表示

その1  ―記:あんず 宮下和子絵画塾 女流であること、画家であること、人として、人の豊饒を湛えていること、それらを思うとき、宮下和子先生を思い出す。 もう二十年近く前、埼玉(SAKITAMA)文学倶楽部のN氏に誘われて同人誌に関わったことがある。 その総合文藝同人誌「花彩」は、N氏の人脈に基って編むことの出来た雑誌だった。 その全表 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事