『さきたま新聞』

愛は人を繋ぎます。 http://sakitamashinbun.news.coocan.jp

天と地と人のあいだに

すべて表示

手作り紙芝居・紬の会と片倉シルク記念館にて

昨日は朝の会議から始まって自転車で四カ所。
強風警報が外れてぽかぽかお天気でした。
途中、追加のチョコを買いに立ち寄ったり。外を走っていると光がきらきら。

今年初の熊谷市民活動センター
紙芝居の会で、大笑い。

というのは、ラグビーを楽しむためのオリジナル入門編
なんと源平の戦いが、紅白戦
ルールの解説にもなっていて、じつにおもしろいんだなあ
我らが直実さんは当然トライをあげるフォワードの猛者
対する平家はチームプレイ、などなど

知人の紙芝居コレクションも展示してあります
来年の戦後七十五周年記念展を視野に入れています

イメージ 15

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

午後は片倉シルク記念館
蚕の夢の中でジャズを聴きました

ここは明日はテレビ取材があり、もうすでにJRスタンプラリー開催中
ということで
富岡・深谷と連なる熊谷蚕都物語
ぜひとも時間をとって、紐解いてみてください

次に続く

イメージ 12

イメージ 13


イメージ 14




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



その他の最新記事

すべて表示

今日はなんの日

2016/12/8(木) 午前 7:07

今日はお天気 昨夜、忘れ物を取りに予定外で千葉へ又Uターンしたおかげで 朝陽を拝むことが出来ました。 眠れなくて、早く起きだしました。、 母と、一昨日きいた賛美歌を歌いました。 クリスチャンの人には 「しずけき」 きよしこの夜です 静けき真夜中 貧し馬や 神のひとり子は み母の胸に ...すべて表示すべて表示

前に作ってあった「たつおの部屋」の書庫。 ずっと気になっていたので、大晦日に、使ってみます。 たつお。父の俳号。 晩年にかじった程度ですが、韓国語と共にまじめにやってました。 凝り性の父の残した写真・俳句・原稿。母がだいぶ捨てちゃいました。 整理するのは、私の役目のひとつ。 変人で、道楽者で、母を悲しませた父なのに、今では ...すべて表示すべて表示

その1  ―記:あんず 宮下和子絵画塾 女流であること、画家であること、人として、人の豊饒を湛えていること、それらを思うとき、宮下和子先生を思い出す。 もう二十年近く前、埼玉(SAKITAMA)文学倶楽部のN氏に誘われて同人誌に関わったことがある。 その総合文藝同人誌「花彩」は、N氏の人脈に基って編むことの出来た雑誌だった。 その全表 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事