『さきたま新聞』

愛は人を繋ぎます。 http://sakitamashinbun.news.coocan.jp

全体表示

[ リスト ]

劇団お伽座

イメージ 1

12月23日(日)  2時開演   アクトスペース鉢形  料金3000円

☆賢治を生きる☆

箏     清水里美  
セロ    須田千香良(ちから)
演出    関本 三芳

劇団お伽座は鉢形に本拠をおく演劇グループです。ずいぶん前に都内からこちらへ移り、ここでの日々の営みに暮らしながら、地域の仲間達と大きな輪を作って自分たちの小屋で芝居を打ってきました。70年代のアングラ劇場真っ盛りのテント公演を知るものにはなんとも懐かしい雰囲気の場所です。
ここは子ども達へ芝居の楽しさをみせたり、怪談や落語を題材にしたり、そしてもちろん賢治世界もレパートリーの一つです。

今回は、前にも紹介した東松山在住の箏の清水さんからのお誘いです。
清水さんの箏曲はオリジナルも含め、語りも交えて、実にダイナミックかつ官能的でした。
共演の須田さんは元熊谷交響楽団のチェロ奏者、オーケストラ指導など、色々な場所で活躍するソリストです。久しぶりに深谷シネマのパーティでお聞きした際には、名も税から字がかわり、真摯に人生を重ねた証として益々深みのある音色になっていました。
お伽座の面々とのユニークなコラボが目に浮かぶようです。

♪耳より情報♪
ちょっと足を伸ばせば、波久礼の荒川川岸には生誕100年ブームの頃に建立された賢治歌碑もあります。(近辺には熊谷八木橋前、そして小鹿野ようばけ前広場に)

※劇団 お伽座,
〒369-1224 埼玉県大里郡寄居町鉢形立ヶ瀬248-4
TEL &FAX 048(581)7449

※お伽座常設小屋アクトスペース鉢形
東武東上線鉢形駅徒歩5分
関越自動車花園インターから国道140号・秩父寄居方面〜玉淀大橋左折254号沿い
大橋渡って300mほどいった先

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事