全体表示

[ リスト ]

気(機)になるロココ

イメージ 1

イメージ 1

雑事に追われるうちに、もう衣替えの時期が近付いて来ました。僕の方は不相変で、少し前に体調を崩して情けない思いをしたほかは(笑)母の介護を中心に仕事や勉強と当たり前の日々が続いております。
何か変わった事はと言えば...最近、長年疎かにしていたフランスバロックの勉強を再開したことでしょうか。僕は所謂、叩上げ芸人なので自分の現場であまり必要の無いことはつい後回しにしてしまう嫌いがあります。ある日、楽譜を整理していたら、たまたまフランス古典が目に留まりいろいろ考えるうちに、「フランスものをちゃんと吹けへんリコーダー吹きなんておるかぁ?」と反省し心を入れ替えて取り組むことになりました(笑)
「まず臨終のことを学んで、侘事は後から」とは日蓮聖人のお言葉ですが、フランス古典もまともに吹けずに臨終を迎えるなんて...そんな悔いは残したくない(笑) それで実際に取り組んでみると、これが予想通り(否、それ以上に)タイヘン...手持ちの楽譜はオトテールとフィリドール、そして何故かボワモルティエ(笑)、昔演ったヴィゼやクープランも出てきました。フランスバロックは基本的に横笛の音楽なので参考にトラベルソの楽譜とCDも加えて購入。更に!...二本目のヴォイスフルートを大阪の製作家T氏にお願いしました。現場主義一辺倒で専門的知識に乏しい僕には、ある種の機(とき)が来たのかも知れませんね。毎日フレンチで食傷気味ですが、その味をしっかり覚えて、さらにそれを自分で再現出来るまでには確かに時間がかかることでしょう。でもやり続ければ何らかの結果は出てくる筈です。 それに及ばずながら仏法を学ぶ身でもありますから、今生のことは必ず来世に繋がると信じています...今は駄目でも来世には(笑)

同時代の画家ワトーの作品も柔らかな膨らみのある線や光と影の対比が美しいですね。まだまだ学ぶべき事は沢山ある。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして私ある程度の齢になってからフランスバロックに目覚めたものです。そのうち自分で演奏したくなりフルートかブロックフレーテか迷いやはり、フランスはフルートだと買ったのですが難しいと思いモダンフルートを買いました。
少し吹けるようになるとなぜトラベルソを買わなかったかと後悔していますなんとか頑張って買いたいですそれまでモダンフルート頑張ります。しつれいします。

2010/10/31(日) 午後 7:06 [ ramo ]

顔アイコン

御訪問有難うございました。フランス古典いいですよね(笑)今月ボワモルティエを吹きます。 それから、失礼ながら作品も拝見致しました。ウサギさん素敵ですね。

2010/11/2(火) 午前 2:00 [ Boffons ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事