全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

  

 舞台に立つまで

 ...それは地味な作業の繰り返しというか、ほとんど職人仕事です(笑)

 楽譜命の古典作品の場合はとにかく譜面を読んで練習しながらパターンを身体に覚えこませて...と文章で書けばこれだけですけど、その間の戦いと云ったら大変です。
それは、ちょうど役者が台本を読み込んでその役作りをする一連の作業に似ているのかも知れません。
 
 
でも、やるだけやって自分を捨て去った時、古典は数多くの奇跡を与えてくれます。本番ではただ吹いているだけ...かな。


 楽譜を使わない即興演奏の場合はとにかく頭と身体を柔らかくしておく...ある種の瞬発力も必要ですしね。 そのためには、矢張りよく寝ること、そして自然観察!...あとはチョコレートを食べる...本番前にはちゃんと歯磨きネ(笑)


何れの場合も「オレが、オレが」と変な色気を出すとロクなことになりません(笑)ひとりひとりの声が違うように放っておいてもその人の姿は自然と芸に現れてきますから...矢張り、ただ吹くだけ...かな。 

でも、凡夫の浅ましさというか...油断するとつい余計なことを考えてしまうんですよね。すると...悪魔の囁きが(苦笑)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事