全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

夏の疲れが出るこの時期。不相変、気候の変動に泣かされています。僕だけではなく、笛たちも何だか戸惑っている様子(笑) 「暑さ寒さも〜」の譬ではありませんが、お彼岸を過ぎた辺りから吹く前に十分温めておいても頭部管の内側に水滴が溜まるのですが、それを見るにつけ「ああ、もうこの時期か...」と毎年のようにある種の感慨を覚えます。  では、久しぶりの今回は楽器のお話を。 今更ですがリコーダーはとてもデリケートな楽器です(笑)。一般的に古楽器の類は注意を怠るとすぐに機嫌を損ねるのですが、、その中でもリコーダーはトップクラス!!って...(ォィォィ) 音楽の授業で吹いていた頃のあのイメージからは到底想像もつかない世界ですね。尤もプラスチック製のそれは木製のように神経質にならなくても良いのですが、吹く前に掌で温めてあげる等、ちょっとした気遣いでかなり違ってきます。 さて、僕がリコーダーを始めた頃には適正価格の良い楽器がなかなかなく、正直、粗悪品も結構出回っていて、有名メーカーでさえ(こちらの不備もありますが)加工前の乾燥が不十分だったのか...割れることも結構ありました。そこで、考えた末、当時とんでもなく高価だったボストンの製作家フォン・ヒューネ氏作のオリジナル楽器のコピーを入手しましたら、これが今まで吹いていた物とまるで違う(当たり前か...笑)。 少なくとも、自分の未熟さを楽器のせいにすることだけはなくなりましたから、大正解でした。事実、殆ど独学に近い僕にとっては恩師の一人と言っても結して過言ではありません。でも、最大の収穫はそれを手にしたことによって「どんな風にして吹てやろうか?」から「どうしたら楽器が喜んで、そこに書いてある音楽をちゃんと表現できるか?」と云う風に僕自身が変化して行ったことかも知れません。この間十年以上!ものすごい遠回りです(笑)。考えてみれば楽器も書かれている音楽も三百年以上の歴史を持っているのですから、それなりの心構えは必要だと思います。  現在僕が愛用している楽器の大半は大阪の竹山木管楽器製作所の竹山宏之氏によるもので、あとは神奈川にある平尾リコーダー工房の石館知子氏のものが少し。楽器としてのクォリティーは勿論素晴らしいのですがメンテナンスに誠実に対応して戴けるので本当に助かっています。木製の楽器をお持ちの方は少なくとも一年に一回は調整に出してあげて下さい。それにちゃんと対応してくれないような楽器店やメーカーとはお付き合いしない方がよろしい(笑)それから、楽器は育てていくものです。道具であり、その人の身体の一部でもあります。余談ですが、法華経の前半部分に十界互具と云って、この世に存在するもの全てが佛になれる資質を有していると記されています。たとえそれは草木とて同じで、ましてやそれが楽器と云うある種の能力を持った姿になっていれば...推して知るべしです!! 博物館の収蔵品がしめすように適切な扱いをすれば300年〜400年もつのですからスゴイですよ。 リコーダーは一族で合奏出来るように様々なサイズがありますが僕はソロ中心なので表現性の高いアルトとヴォイスフルート(何れもa=415Hz)とテナー(a=415or442Hz)全てブレッサンモデル。それから、ルネサンスタイプのソプラノ(エイクモデル)&中世タイプのアルトを主に吹いています。これからの季節、手も掛かりますがどの子もよく働いてくれますよ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事