全体表示

[ リスト ]

出発

イメージ 1

先日、無事母を送り出しました(笑)。入退院を繰り返しながらも多くの力に支えられた三年間の在宅介護生活が終了です。  それにしても、母の最期は本当に見事としか言いようがありませんでした。 お別れの時間が来る約三時間前に病院に到着した僕は、ずっとお世話になった担当医師から様態について説明を受けました。或いは「持ち直してくれるかな?」と云う気持ちと「この日か」と云う諦めの思い半々。入退院が続き弱りながらも、前日までは特に変わった様子はありませんでしたから...。 今まで何時もそうしてきたように顔を拭いてやり、額にそっと手を当てながら腹部を、の字にマッサージし続けました。及ばずながら仏法を学ぶ身なので、静かに御題目を唱えながらです。それまでの日々の疲れもあって、うとうとしかけた時に、担当の看護師さんが来られて。「間もなくです」と告げられました。(母の身体には余計なものは一切つけず心拍数、脈拍状況のみが無線でモニターできるようになされていました) 愚息として出来ることは、お別れの御題目を愛する母の耳元で上げることだけ、...そして母は眠るように静かに旅立ちました。その姿は本当に美しく、神々しささえ感じられました。  その後は一通りの流れがあって、病院関係者に見送られ、生前予約しておいた葬儀社の安置場所で僕自ら枕經を上げ最後の一夜を共にしました。悲しみは一切起こりません。信じられないような満ち足りた静かな時間。お陰で二時間熟睡しました(笑)  お別れに僕は息子として、一舞台人として母にメイクを施しました。日常やっていたことですが今生ではこれが最後。「お別れには紅を引いてね」ずっと以前にそんなことを言ってたっけ(笑)  葬儀はごく身内で法華一乗会の同士葬と云う形で行いました。日頃、尊敬して止まない江見壽昭法師に導師をお願いし、僕は喪主と脇士の二役をさせていただきました。ごく親しかった親戚、信仰の同士も駆けつけてくれた小さな、そして喜びに満ち溢れた御葬式でした。母の新たな門出です。僕も及ばずながらも法華経を学ばせて戴いている在家僧として、一芸能者として、迫田久美子の愚息として新たな歩みを進めます。  寂しくないと言えば嘘になります。折に触れて母を思い涙することでしょう。でも、少なくとも母を失った悲しみはありません。否、寧ろ、法華経の行者として送り出すことができたのを心から有難く思います。  そしてまた、これまた及ばずとも一芸能者として認めて下さる皆様の存在を心底感謝申し上げます(お葬式の翌日から普通に活動させて貰っていますから)。  在宅介護...決して楽ではありませんでした。...でも、すごく楽しかった。多くの方々に愛され身守られた母は最大の果報者です。機会があれば母の思い出をまた綴りたく思います。 母との生活を支えて下さった皆様に心から感謝申し上げます。   南無妙法蓮華経

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事