全体表示

[ リスト ]

新緑のころ

イメージ 1

イメージ 2

不順な天候を余所に花々が時の移り変わりを教えてくれます。季節は巡り、山々が新緑に彩られました。最愛の母はこの穢土を旅立ったけど、僕自身に空白の時間は生まれなかった。これは本当に有難いことです。 まあ、あれだけ見事な生き様を見せ付けられたら、感傷に浸るのも馬鹿馬鹿しく...人並みには寂しですよ。姿は見えないし(笑)。朝晩のお勤めが、仏法を通じて母との絆を再確認できる大切な時間です。娑婆世界の死は次の出発に過ぎません。 月参りを兼ねて母の日に深草墓苑に行きましたら、道中偶然にも母がお世話になった病院の看護助手さんにお出合い出来て、暫し、母の思い出に花が咲きました。そして、母が多くの方々に愛されたことを改めて思い、感激で胸がいっぱいになりました。肉体は無くともそこに母は確実に存在しているのですね...拙僧として愚息として(笑)それを忘れてはいけない。   
新たなご縁があちこちで生まれ、かつての、在宅介護の、あの、ある種穏やかな日々が(実際は臨戦態勢でしたけど)ウソのようです。僕には仏法と身に付けさせてもらった芸しかありません。母に注いだ思いを、その両方に存分に使えるのですから...これは幸せです。   勿体なくも、人様からは先生と呼んで戴いておりますが、僕自身がそれに値する人間であるかどうか、明鏡に照らして絶えず自問自答しています。  お経文の言葉も楽譜に書かれていることも、他事を交えることなく、そのまま伝えなければいけない...それが拙僧として一芸能者としての使命と考えます。
僕はほぼ独学に近い状態で笛を吹き続けてきましたが、近年は自分の不勉強と畩緻,砲覆襪海箸魴找し、ことあるごとに人に教えを乞うております。 大体、独学は効率が悪い、悪すぎる(笑)唯一の利点は一つ一つ身につけたことが魂に染まると云うことぐらいかな...それとて、外からの刺激無くしては出来ないことですから、真の独学なんてあり得ない筈です。外からの刺激...それこそが師友です。
 有難いことに六月にはダン・ラウリン先生のレッスンを受けさせて貰えることになりました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事