全体表示

[ リスト ]

現在、食事の介助のため、朝夕、入院中の母を見舞っています。
そこはまさにに命の現場...淡々と過酷な業務をこなす医師 看護師 看護助手の皆さんのお仕事ぶりには 本当に頭が下がります。そしてまた、ここで働く方々はきっと、選ばれた人たちなのだろうなと僕は思っています。
 実は先日、失礼を顧みず、看護師さんにそのようなことをお話したら...「この仕事が好きなんですよ。」と何気なく言われ、次の言葉を失ってしまいました。お恥ずかしい限りです(苦笑)。 及ばずながら僕は仏法を学ぶ身でもあるのですが、法華経の方便品に述べられている、「全てのものに、もともとある仏性」とはこのことなのか?!と心の底から感じ入りました。
 閑話休題、
もう10年以上前になりますが、依頼を受けて、末期がんの方の御自宅で演奏させて戴いた事がありました。 それは真夏の夜でした。...僕の演奏を嬉しそうに聴いて下さって...そして、その二週間後に旅立たれました。 今こうして笛を吹き続けていられるのはその方のお陰だと思っています。 
芸は、人の心を慰めることはできても、命を救うことはできない。でも、だからこそ...音曲坊主の旅はまだ続く(笑)。


 三界は安きことなし、猶お火宅の如し。衆苦充満して、甚だ怖畏すべし。常に生老病死の憂患あり。是の如き等の火、熾然として息まず。

        (妙法連華経譬喩品第三より)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事