全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全158ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

花かいどう

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 時々買物に行く、スーパーの近くの公園で、カイドウが満開になっていました。
風に煽られて、花びらを散らしています。

 中国原産のカイドウは、古くに日本に渡来し、リンゴのような実をつけるミカイドウと、花を観賞するハナカイドウに分けられています。

 紅色のコロンとした蕾が可愛らしいと思っていたら、カイドウはリンゴの仲間だったのです。


   今日の花  カイドウ  (バラ科リンゴ属)

    花言葉  温和  美徳

この記事に

開く コメント(0)

シャクナゲの花

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 早咲きのシャクナゲが、雑草いっぱいの庭を彩っています。
蕾のうちは濃いピンクですが、咲き進むにつれて、白色に変化していきます。

 シャクナゲは、中国やヒマラヤ、日本などの高山に生える野生種と、園芸種(西洋シャクナゲ)があり、一般に栽培されているのは、西洋シャクナゲが多いそうです。

 シャクナゲという名は、中国名「石楠花」を和音読みにしたもので、別名ロードデンドロンともよばれ、「花木の帝王」とされています。


   今日の花  シャクナゲ  (ツツジ科)

    花言葉  荘厳  威厳


 

この記事に

開く コメント(2)

日光・東照宮

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 40年ぶりの大修理を終え、4年ぶりに公開された日光・東照宮の陽明門は、緑の樹木の中で、一段と輝いていました。
月曜日にもかかわらず、観光客は多く、特に海外からの観光客が目に入りました。

 陽明門は絢爛豪華に、三猿も色鮮やかによみがえり、眠り猫も大人気でした。
鳴き竜は撮影禁止のため、撮れませんでしたが
入場までに20分ぐらい待たされました。

 荘厳で、緻密な建築を完成させた、匠の技に、改めて驚かされました。

この記事に

開く コメント(2)

レースラベンダー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 昨年秋に切り戻しをしたレースラベンダーが、花をつけました。

 ラベンダーは、地中海沿岸が原産地で、ヨーロッパでは、ローマ時代から、香り高い薬草として、珍重されていたようです。

 レースラベンダーには、イングリッシュラベンダーのような、強い香りはありませんが、レースのような葉を軽くもむと、爽やかなグリーンの匂いが手に移ります。


   今日の花  レースラベンダー  (シソ科)

    花言葉  疑惑  沈黙  あなたを待っています

この記事に

開く コメント(0)

匂いすみれ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 今日は、真冬のような寒さになってしまいましたが、ニオイスミレが、落ち葉や雑草に中で、ひっそりと咲いています。

 ニオイスミレは、香水を採るために、昔から栽培されていた園芸品種です。

 ナポレオンは、妻ジョセフィーヌが、スミレの花を愛していたため、妻の誕生日には、必ずスミレの花束を贈っていたそうです。

 パンジーやビオラのような華やかさはありませんが、忘れかけたゆかしさを、よみがえらせてくれるような気がします。


   今日の花  ニオイスミレ (スミレ科)

    花言葉  誠実  愛

この記事に

開く コメント(0)

全158ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事