こんばんは。

モントキアラで日本人の夫婦が感電死するという痛ましい事故が起きました。

どうやら、シャワー中に感電した夫を助けようとした妻も巻き添えになったようです。

マレーシアのシャワーは電熱器で温める方式が主流なので危険も高くなります。

機械の故障も感電も経験した私が感電を防ぐために今日から出来ることを

まとめておきます。

その1 機械の点検

前々から書いていますが、マレーシアの家電は故障が多いです。

常に変なにおいがしないか、異常な音がしないかをチェックする必要があります。

また、あまり古い家電はオーナーに直訴して交換してもらいましょう。


その2 はだしでシャワーを浴びない

シャワーを浴びるときはゴムぞうりを履きましょう。

漏電していて一番危ないのが水溜りです。

ゴムぞうりで防電するだけでグッと危険が減ります。

こちらではドライヤーする時も何か履くという人も居ます。

その3 金属は禁止

シャワーヘッドやノズルは電気を通さないプラスチック製品にしましょう。

見た目はダサくなりますが、安全度はグッと上がります。

その4 想定外を想定すべし

感電事故では助けに行った人がやられる、二次災害が多いです。

万一感電事故に遭遇したら、まず電源を切る。安全が確認出来ないなら触らない。

触るならゴム手袋など電気を通さないもので触る(場合によっては木の棒等で押す)

風呂場にゴム手袋を置いておきましょう!

いますぐ出来ることとしてはこんな所です。

後、お子様お持ちの皆さんは雨上がりすぐに濡れた所で遊ぶのは要注意です。

電線が切れて漏電している危険性があります。

この記事に

開く コメント(2)

最近、インターネットが不調で更新した記事が反映されないことが・・・

思うままに書いているせいで一度消えると再現不可能です

メモ帳にでも纏めてから書けばいいんでしょうが根が不精なもので・・・

閑話休題(そんなこんなで)

マレーシアの中華系ではただいま鬼月、中元節なんです。

日本のお盆の原型とも言われている道教のイベントです。

子供のころは「地獄の釜の蓋が開く」と言われて

海水浴が禁止になったりしていました。(地域限定!?)


鬼月はいつも忙しい地獄の餓鬼も地上に夏休みに参ります。

家や仕事場に餓鬼が来られて悪さをされてはたまりませんので

道端には線香や食べ物をお供えします。

マレーシアの場合はお供えしているというか置き去りにされているというか・・・

何時にもまして道端が汚いこととなっております。


地獄と言えば米朝一門の地獄八景亡者戯・・・

私は枝雀の賑々しいのが好きです。

大黄飲んで、下してしまうねやがな

お後まるでよろしくありませんが、今日はこの辺で

この記事に

開く コメント(0)

ハリラヤ!
イスラム教の皆様は昨日で一月の断食が終わりました。
なので昨日、今日は終了祝いのお祭りです。
多くのマレーシア人は田舎に帰って家族でお祝いをします。
消防法なんてものは無いので街中のあちらこちらから花火が打ちあがります。
そして、モールなどのひとが集まるところでは下に埋め込んだ「Selamat Hari Raya」
が流れまくっています。これを聞くだけでこの時期のマレーシア気分を味わえますので
ぜひお試しあれ。

そんなこんなで!?唐突ですが昨日は首相官邸に押しかけてきました。
断食明けの初日は王宮や首相官邸など普段は一般開放していない所も
お祝いでオープンハウスをやります。
日本で言うところの一般参賀といったところでしょうか。

首相官邸はプトラジャヤという新都市にあります。
駐車場に車を止めて、すし詰めのバスに揺られて5分ほどで到着
人波に乗ってゆるゆると進むと立派な門があります。
ボディチェックも荷物検査も無く門をくぐり、人波に乗りっぱなしで
隣の人はイランからでした。
列に並んで40分・・・やっと建物に入ると・・・どっかで見た顔

・・・・・・・・・・

あっ首相だ!

ニコニコ握手に応じています。
この国にはテロの脅威は無さそうです。
「後楽園で僕と握手」くらい気安い感じ
子供にはお年玉までくれます。
「Selamat Hari Raya」
私はいっさい努力(断食)してませんのでちょっと後ろめたさもあります。

人波に押し出され建物の裏口から外に出ます。
裏口ではお土産の山が待ち受けていました。
首相の写真入のクッキー(大型タッパーサイズ)と特製マグカップです
家族全員分(5人前)貰ってしまってかばんが満杯です。

無料配布です。一人分30リンギットは
かかっていそうです。太っ腹です。ちなみにお年玉は一人5リンギットでした。

そんなこんなで人波にのって裏庭に向かうと、プトラジャヤを対岸に臨むきれいな庭に
山のようなマレー料理が待ち構えていました。
生演奏にピエロまで居ます。

これもタダです。タッパーにつめている人もチラホラいました。
我が家も興味津々であれこれつまみ食いしてみました。
うーむ・・・微妙。感動するほどでもなくがっかりするほどでもない。

食べ終わってしばらくノンビリしていたら、またまた首相登場。
こんどはカラオケを披露しています。歌うのはやっぱり「Selamat Hari Raya」
そしてお決まりの1Malaysia Bore のコール&レスポンス

そんなこんなで首相官邸を満喫してきました。



この記事に

開く コメント(0)

メルマガくらいの更新頻度で毎度のお運びありがとうございます。

イギリスを旧主国とする国々ではロイヤルベビーに沸いていますね。

日本のパンダは偽妊娠だったとか。

「シンシン偽妊娠」無駄に語呂がいいです

閑話休題(馬鹿話はそれぐらいにして)

生活するうえで欠かせないのが「お買い物」

クアラルンプールには数々の大型スーパーが出店しています。
それぞれに個性が強いので、買い物に行く際は
目的をしっかりと持ってどれにしようか考える必要があります。

この他にも個人商店や朝市、夜市などの市場も買い物に行く選択肢になります。

オムツなど物によっては個人商店が最も安いということもあります。

買い物天国というべきなのか、買い物地獄というべきなのか・・・

一つ言える事は、どこでも油断せずにしっかり目利きをしないと

ババを掴まされる危険性は常にあります。

各チェーン店の寸評は以下のとおり↓

イオンジャスコ

言わずと知れた、日本ブランド。
比較的安価な日本食材や
トップバリュー製品が買えるのが魅力。
野菜の鮮度は普通
店舗によっては日本産野菜等も買えるが高い。
http://aeonretail.com.my/

イオンビッグ(旧カルフール)

店舗ごとの個性が強い印象。
カルフールのPBが無くなってしまい残念。
野菜の鮮度は回転の良い店舗なら普通。
時々、他では見かけない珍しい物が有る。
http://carrefour.com.my/

マイディン

ペナン産まれの古参スーパーマーケット。
マレー系が多めな印象。お菓子が安い。
野菜、肉の鮮度は店舗や時期次第。
http://www.mydin.com.my/

ジャイアント

とにかくジャイアント!な店が多い。
良くも悪くも大雑把。野菜の鮮度も大雑把。
安いものと高いものが混在している。
http://www.giant.com.my/

NSK

中華食材が豊富。
野菜の鮮度は良いが、傷ものも多く目利きが必要。
常にごった返している。
http://www.nsktrade.com/nsk2/

コールドストレージ

高級系スーパー。値段もお高め。
オーガニックの揃いが豊富。
野菜の鮮度は回転率のせいか時々悪い感じ
http://www.coldstorage.com.my/

KK

つかみどころのないチェーン店
コンビニに毛が生えた程度の店も多い
日本で言う所のデイリーヤマザキ的ポジション
なぜかホテルも経営している
http://www.kkgroup.my/

Econsave

実はまだ行った事がない。
街外れのほうばかりで営業している。
謎に包まれている。
http://www.econsave.com.my/home

この記事に

開く コメント(1)

断食月に思うこと

それにしても、マレーシアの家電はすぐ壊れます!

我が家の二層式洗濯機の乾燥機の蓋が買って1年経たずにもげました!

おかげで、安全装置が解除できず乾燥機が回りません。

仕方がないので分解修理。

安全装置を迂回して接続し直します。

ビニールテープでぐるぐる巻にして

漏電がないか確認・・・したいですが、テスターがありません。

こうなったら、人間テスターです。

そっと触ってみます(バリバリッ)

見事に感電して指がトーストされました!!

マレーシアの高電圧恐るべしです。アバババ言いました。

心臓丈夫に産んでくれた母に感謝です。

危ないので良い子の皆は真似しないでねっと

閑話休題

色々なブログで既報ですが、マレーシアを始めとした

イスラム教国家では断食月に突入しております。

日中は飲まず食わずです。人によってはツバもはきます。

私は想像しただけで降参です。

そんな訳で、マレーシアで6割を占めるイスラム教徒は今月は余り出歩きません。

孔球場やウォーターパーク、動物園などの屋外施設や

レストランが普段より空いています。割引があるところもあります。

非イスラム教の我々には機会です。

我が家も動物園、釣堀、温泉、博物館と普段混んでいる場所へ

どんどんと出かけて行く月間になりそうです。

次回は、動物園訪問記でも書きます!

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事