全体表示

[ リスト ]

【記事全文】
石川県は14日、農林総合研究センター畜産試験場(同県宝達志水町)で飼育していた世界初の体細胞クローン牛「のと」が死んだと明らかにした019歳10カ月だつた。老衰とみられ、詳しい死因は調査中としている。

のとは、英国で生まれたクローン羊「ドリー」の技術を応用し、近畿大との共同研究で1998年7月、成年の体細胞を使った世界初のクローン牛として生まれた。双子の「かが」は同試験場で飼育中。

体細胞クローン牛は、のと、かがが生まれて以降、国内各地で相次ぎ誕生したが、間もなく死ぬケースや流産も多かった。のととかがは出産も経験。最近では、体細胞クローン牛が通常の牛と比べ、寿命が長いのか短いのかなどを調べていた」という。

(出典:北海道新聞、2018/05/15)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事