全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
【記事全文】
高齢者や体の不自由な人の負担を減らイメージ 1
ため、車に乗ったまま焼香ができるドライブスルー=写真=を併設した葬儀場「上田南愛昇殿」が17日、長野県上田市にオープンする。同市の建設会社、竹原重建(竹原健二社長)の子会社が5年がかりで開発。竹原社長によると、全国初の試みといいう。

参列者は葬儀場の受付に車を横付けし、タプレットを受け取って名前や住所を登録。香典は係員に渡し、車に乗ったまま焼香する。16日の見学会には地元住民らが訪れ、公務員の小倉和大さん(30)は「参列を諦めていた方の気持ちに応えるものだと思う。喪主側も来てくれるだけでうれしいのではないか」と話した。

(出典;北海道新聞、2017/12/17)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【記事全文】
イメージ 1

来年2月に札幌市中央区の大通公園などで開かれる第69回さっぽろ雪まつりの実行委員会は15日、大通会場の大雪像5基のデザインを発表した。

「手塚治虫 生誕90周年記念 オールスターズ」(10丁目)は、漫画家手塚治虫
が描いた人気キャラクターが4体を表現する。鉄腕アトム、ブラック・ジャック、
.「ジャングル大帝」のレオ、「リボンの騎士」のサファイアが山から飛び出すような雪像だ。

4丁目の「ファイナルファンタジー14『白銀の決戦』」は人気ゲームシリーズの世界観を再現する。ファイナルファンタジーは人気だったため今年に続いて設置する。5丁目の「バーンスタインが遺した音楽祭 パシフィック ミュージック フェスティバル」は演奏ステージなどを表現する。7丁目に「ストックホム大聖堂」、8丁目には「奈良・薬師寺 大講堂」が登場する。

本格的な雪像製作は1月上旬から始まる。開催期間は大通、すすきの会場が来年2月5日う12日、つど−む会場(東区)は2月1日〜12日。

(出典:北海道新聞、2017/12/16)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【記事全文】
住友生命保険は15日、今年の世相を反映した「創作四字熟語」の優秀・入選作晶を発表した。史上最年少で将棋のプロ棋士となり、公式戦29連勝の記録を樹立した藤井聡太四段にかけた「棋聡天才(奇想天外)」や、天皇陛下の退位を可能とする特例法の成立を受けた「世代皇代(世代交代)」などが選ばれた。

衆院解散や新党結成で揺れ動いた政界の様子は「政変霹靂(青天霹靂)」、宅配荷物の急増に伴う人手不足に悩む運輸業界の現状は「荷労困配(疲労困憊)こんぱい」と表現された。また、北朝鮮が繰り返したミサイル発射でたびたび全国瞬
時警報システム(Jアラート)が作動したものの被害はなかった「J音無事(平穏無事)」、毒性の強い外来種のヒアリが確認されたことをもじった「蟻来迷惑(有難迷惑)」など、不安な世相を取り上げたものが目立った。

奇抜なタイトルが話題となった「うんこ漢字ドリル」は四字熟語にすると、「珍文漢糞(珍紛漢紛)」となるようだ。今年は1万2699作品の応募があり、歌人の俵万智さんが審査した。

(出典:北海道新聞、2017/12/16)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【記事全文】
イメージ 1

クリスマスを前に21日、東京・お台場の複合商業施設で、サンタとトナカイに扮した清掃員が、ガラス窓を磨き上げるパフォーマンスを披露した。

命綱を着けた清掃員は東京湾やレインボーブリッジを背に、地上約31宕完の屋上
から窓ふきをしながら地上まで下りた。買い物客らが建物の内外から作業の横子
を見つめ、写真を撮ったり声援を送ったりしていた。施設を管理、運営する会社
がこの時期に企画し、今年で12回目。集まった子どもたちには、おもちゃが入っ
たプレゼントも配られた。(池田良)

(出典:朝日新聞、2017/12/22)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【記事全文】
イメージ 1【ニューヨーク共同】イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダピンチがキリストを描いた油絵が15目午後(日本時間16日午前)、米ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ約4億5千万㌦(約508億円)で落札された。主催した競売大手クリステイーズによると、美術品としては史上最高の落札額。20枚もない現存するダピンチの絵画のうち唯一の個人所有で、長年行方不明になっていたため「幻の作品」として注目を集めていた。

クリステイーズは落札価格を1億㌦前後と予想していた。落札者は明らかにされていない。

油絵「サルバトール・ムンデイ」(「救世主」、縦約65㌢、横約45㌢)は1500年ごろに制作された。青い服をまとって右手を軽く上げ、左手に水晶玉を持ったキリストの上半身が描かれている。

同社によると、17世紀に英国王チャールズ1世が所有していたが、その後、所在が分からなくなった。2005年に再び存在が確認されてダピンチの作品と鑑定され、11年にロンドンのナショナルギャラリーで展示され大きな話題となった。この作品を除くダピンチの絵画はいずれも各地の美術館に所蔵されている。ダピンチは1452年にイタリアで生まれ、絵画や彫刻から都市計画まで多方面で才能を発揮した。代表作に「モナリザ」「最後の晩餐」がある。

クリステイーズによると、これまでの美術品の史上最高落札額は、ピカソが1955年に描いた作品「アルジェの女たち」が2015年の競売で付けた約1億7900万㌦だった。
(出典:北海道新聞、2017/11/16)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事