全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1平成の将棋界をリードしてきた羽生善治竜王(48)がタイトルを失い、27年ぶりに無冠になった。歴史に残る数々の記録を打ち立ててきたが、近年は成長著しい若手に苦しめられている。 

広瀬章人八段(31)を挑戦者に迎えた竜王戦七番勝負。山口県下関市で20、21日に指された第7局は、史上初の「タイトル獲得通算100期」がかかっていた。

「負けました」。羽生竜王が投了を告げると、対局室には約70人の報道陣が詰めかけた。前竜王となった羽生は「非常に形勢判断が難しい将棋だった」(今シリーズは)細かいところでの選択で間違えてしまった気がする」と振り返った。口調は淡々としていたが、時折うつむく姿も見られた。

羽生前竜王の初タイトルは1989年の竜王戦だった。96年、7タイトルを史上初めて独占。08年には名人通算5期で永世名人の資格を得た。12年、大山康晴十五世名人(故人)を抜いて、タイトル獲得が史上最多の81期になった。

しかし、ここ数年は、20歳近く年が離れた若手に屈する場面が増えた。16年には佐藤天彦名人(30)に名人を取られ、今年は豊島将之二冠(28)に10連覇中だった棋聖を奪われた。通算勝率は7割を超えるが、年間勝率は16年度以降、5割台にとどまっている。

近年は、人工知能(AI)の発展に伴い、従来の価値観にはない手法が次々と登場している。羽生前竜王もAIを研究に活用している一人だが、戦術の大きな変化への対応は容易ではない。藤井聡太七段(16)を始め、さらに若い棋士たちも力を伸ばしている。

昭和30〜40年代に黄金期を築いた大山十五世名人は、50代になっても一流棋士として活躍した。59歳でのタイトル獲得は最年長記録だ。羽生前竜王は再び夕イトルを獲得し、その記録に近づけるのか。

対局後、今後の抱負を問われると、「今回のシリーズをしっかり反省して、これからにつなけたい」。名人挑戦権を争うA級順位戦は現在5勝1敗。首位争いを演じている。(村瀬信也)

広瀬新竜王「運良かった」(広瀬章人新竜王の話)
 これほど注目される舞台は、今後の棋士人生でないかもしれない。悔いが残らないようにと思った。内容は押され気味だったので、4勝できたのは本当に運が良かった。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
将棋の羽生善治竜王(48)が21日、第31潮竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第7局で挑戦者の広瀬章人八段(31)に敗れてタイトルを失い、27年ぶりに無冠になった。3勝4敗で失冠した羽生前竜王は「結果が出せなかったのは実力が足りなかったということ。また力をつけて、次のチャンスをつかめたら」と話した。

最終第7局は山口県下関市で指された。羽生前竜王は7月に棋聖を失い、タイトルが竜王のみになっていた。勝てばタイトル獲得が史上初の通算100期に達し、負ければ無冠となる大一番で白星を挙げられなかった。(村瀬信也)
(出典:朝日新聞、2018/12/22)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2027年へ リニア進化中

イメージ 1


JR東海は20日、2027年開業予定のリニア中央新幹線を走る営業車両について、新たな試験車を製作すると発表した。先頭部分に丸みを持たせ、騒音軽減などをめざす。2020年春に完成し、山梨県内にある実験線を走り出す予定だ。現行車両の改良型という位置づけで、東海道新幹線の初代車両にちなんだ「LO系」(エルゼロ)の名は変えない。空気抵抗は現行車両よ13%下がり、省エネや騒音低下が期待できるという。(細沢礼輝)
写真は2020年春に登場する改良型試験車=JR東海提供
(出典:朝日新聞、2018/12/20)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

東京・浅草の仲見世商店街に来年の干支「亥」の巨大絵馬が掲げられ、一足早い新春気分に包まれている。絵馬は高さ約1・5㍍、幅約2・4㍍。こまや羽子板など正月向けの装飾で彩られた参道は、大勢の参拝客や観光客でにぎわっていた。(松本俊撮影)
(出典:朝日新聞、2018/12/19)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。鳥の速い祖先の小型恐竜などはフサブサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼革にも、1㌢原始的な羽毛を持つものがいたことになる。
なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される0中国科学院などの研究チームが科学誌ネイチャーエコロジー&エボリューションに18日、発表する。′

研究チームは、中国河北省の約.1億6千万年前(ジュラ紀)の地層から出た小型翼竜2羽毛を持つ翼竜復元図=YuanZhang氏提供体(巽を広げた大きさで確定約40〜45センチ)の化石を詳しく調べた。化石は保存状態がよく、体表に細い繊維状のものが生えていた痕跡があった。コウモリのような皮膜のある翼などに生えていた繊維は、1本が途中で細かく枝分かれするなど原始的な羽毛の特徴を備えていた。研究チームは、「羽毛」が空を飛ぶことや体温の保持などに役だった可能性があるとみている。(小堀龍之)
(出典:2018/12/18、朝日新聞)


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事