SAKUBONの日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全467ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

一目千本桜

イメージ 1

宮城県柴田郡にある「一目千本桜」が見ごろを迎えている。
大河原町から柴田町にかけて、白石川の両岸にある桜は、気温の変化ですっきり咲かずやきもきしていた。
7日は日差しのお陰で温かくなり、やっと見られるようになった。
この分だと今週末までは見られそうだ。
写真は柴田町の歩道橋から大河原方面を撮ったもの(4/8)。

1883体 ひなピラミッド

イメージ 1
高さ約7㍍、31段あるひな壇が、埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」に展示されている。飾られている人形1833体は、インターネットなどで呼びかけ、全国から寄贈された。主催する同市観光協会によると、ピラミツド型のひな壇では日本一の高さだという。展示は3月10日まで。(惠原弘太郎)
(出典:朝日新聞、2019/02/28)
イメージ 1「三国志」の英雄、曹操(155〜220)の墓から世界最古と考えられる白磁が出土していたことがわかった。東京国立博物館の三笠景子・主任研究員(陶磁史)らが墓がある中国河南省を訪れ、実物を調査、確認した。白磁の誕生は6〜7世紀の晴代と考えられており、その歴史を300年以上さかのぽることになる。

見つかった磁器は高さ13.4㌢、囗径8.7㌢で、ひもを通す四つの環がついた「罐」。 2008年から発掘が始まった墓で、棺を納めた主室の前の部屋から出土した。

白い器の表面に透明なうわぐすりをかけ、高温で焼きあげた白磁の特徴を備えていた。白磁は13世紀の元代以降、皇帝の器として位置づけられ、専用の窯も設けられたが、初期についてはわからない部分が多い。

「7月から特別展」
「三国志」見つかった白磁が展示される特別展「三国志」(朝日新聞社など主催)は7月9日から9月16日まで、東京・上野の東京国立博物館平成館で。九州国立博物館へ巡回する。(編集委員・宮代栄一)
(出典:朝日新聞、2019/02/20)
イメージ 1

観測史上最も強い寒気が入り込んだ北海道は9日朝、各地で記録的な寒さを観測した。陸別町で零下31・8度を観測するなど、道内4地点で零下30度を下回り、釧路市の阿寒湖畔など10地点で観測史上、。最も低い気温を記録した。国の特別天然記念物のタンチョウが飛来している北海道鶴居村では、川面から立ち上る水蒸気が冷気に触れて霧になる「けあらし」の間をタンチョウが飛び交う幻想的な光景が見られた。

9日は関東各地でも雪が降り、東京都心と千葉市では今季初の積雪を観測した。空の便も、日本航空が羽田と成田を発着する50便、全日空が59便を欠航するなど乱れが出た。

気象庁によると、関東南岸を進んだ低気圧による降水域が広がらなかったため、降雪量は予想を下回った。10日朝にかけて気温の低い状態が続き、同庁は路面凍結による転倒などに注意を呼び掛けている。(写真は白井伸洋)
(出典:朝日新聞、2019/02/10)

美しき怪物 蔵王

イメージ 1

東北有数の観光地の蔵王山系で巨大な樹氷が見頃を迎えている。蔵王温泉スキー場(山形市)の蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅一帯には樹氷原が広がる。快晴時には白い凹凸と青空のパノラマが観光客を楽しませる。

埼玉県から初めて訪れた佐藤志絵梨さん(26)は「寒さも忘れるほどきれいで、心が洗われます」と感動していた。
             i。
温暖化の影響からか、近年は「育ち」の悪さも心配されているが、アイスモンスターの名で海外にも広く知られ、特に台湾からの観光客が増ているという.(福留庸友)
(出典:朝日新聞、2019/02/03)

全467ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事