ここから本文です
洗濯と読書の日々
インドネシア滞在


下の義妹から
「お義姉さん、時間ある?タッパーウェアの販売会うちでやるんだけど、
来てもらえるかな?」
とお誘いがありました。
タッパーウェアの製品はけっこう好きで、
いつもは道端の露店で買っていました。

義妹にそう言われて、ちょっと構えちゃいました。
だって、タッパーウェアって、親の人がいてその下にメンバーというしもべがいて、
そのメンバーが売った売り上げに準じて、親も儲かるとか、ちょっと
マルチっぽい傾向があるじゃないですか。

義妹は暇な時間をタッパーウェア販売に費やそうと考えたみたいです。
前も親戚の誰かがそれやってたな。

まぁ付き合い程度になら買ってもいいか、と考えて行ったのですが、
その親の人、なんだか全然やる気なしで、
ちょこっと商品見せて、あとは、なんか欲しいもんあったら、義妹に言ってね〜。
と言って終わりました。

あとは、ダラダラと世間話で2時間も。
でも、その親の人スゴ腕みたいで、タッパーウェア関係で、
日本やシンガポール中国へも行ってると言っていました。
そんなに儲かるんか、タッパーウェア。

私は単にタッパーウェアの使いやすさが気に入って使っているのですが、
インドネシアでは、けっこうなお値段してるので、
他の国ではいくらくらいで売っているのだろうと、気になって調べてみました。

すると、驚くべきことに、
同一商品、日本ではインドネシアの3倍のお値段でした!

いやぁ、驚き。

それじゃぁ、タッパーウェア売ってる人、
インドネシアで買って、日本で売ればぼろ儲けじゃないですか、ははは。
そんな事はタッパーウェアの規定で制限されてるに決まってるだろうけどね。

イメージ 1

タッパを使って、キレイに冷凍庫収納、とかっていつも思うんですけどね、
スペースがあると、ついつい鍋ごと突っ込んでしまいます。



イメージ 2



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事