日本キリスト教団 桜ヶ丘教会

桜ヶ丘教会は日本キリスト教団の中にある健全な教会で、全国にあるホーリネスの群の教会です。

全体表示

[ リスト ]

2018/7/22 週報メッセージ

   ホ群首都圏夏期聖会に出席して
                                                                                                     朝位 真士

  第二九回(通算六五回)ホ群首都圏夏期聖会が七月一五日(日)〜一六日(月)、志木教会において開催された。参加者一四五名、献金(席上・予約)が約九三万円与えられた。聖会委員長として私が、奏楽者としてフミ子師
が、桜ヶ丘教会から大矢姉が出席した。
 主題「神の御心としての聖化」ーホーリネスの原点。「実に、神の御心は、あなたがたが聖なる者となることです。」(Ⅰテサロニケ四・三)主講師は竿代照夫師(インマヌエル総合伝道団、新浜・安食教会協力牧師)。一回目はⅠテサロニケ四・一〜八より「聖化への招き」、主題聖句「神の御心は、あなた方が聖なる者となることです。」(Ⅰテサロニケ四・三)を中心に、例話を通して具体的・平易に語ってくださった。特に「聖化」の重要性を易しく鋭く語ってくださった。二回目はⅠテサロニケ三・一〇〜一三、五・二三〜二四を通して、「聖化への祈り」と題して語られた。「わたしたちの主イエスが、御自身に属するすべての聖なる者たちと共に来られるとき、あなたがたの心を強め、……神の御前で、聖なる、非のうちどころのない者としてくださるように、アーメン。」(三・一三)「平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り……」(五・二三)
  聖会Ⅰは原田彰久師が詩一〇三・一〜五を通して「聖なる御名をたたえよ」と題して、ユーモアの中に恵みに満ちたメッセージを語られた。今年から聖書学校の舎監として、吉川教会の牧師として赴任された牧師である。
 聖会Ⅲは五味明子師がローマ六・六〜八、エフェソ三・一四〜二一を通して、「信仰によるキリストの内住」と題してメッセージを語られた。先生は、地方の歴史ある教会で四〇年近く、婦人牧師として忠実に誠実に牧会され、会堂建築をされた先生である。

この記事に


.


みんなの更新記事