日本キリスト教団 桜ヶ丘教会

桜ヶ丘教会は日本キリスト教団の中にある健全な教会で、全国にあるホーリネスの群の教会です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018/9/16 週報メッセージ

   高齢者の生き方                                                                 
                                                                                                    朝位 真士

  高齢者になるということは、弱ってくるということです。一つは肉体的機能が衰え、疲れやすくなり、病気がちになります。二つは退かなければならないということです。たとえ、体力的にあるいは能力的に可能であっても、後進に道を譲るなどの意味において退く必要もあります。三つは、終わりに近づくということです。高齢者になるということは、何重もの意味で終わりに近づき、終わりが来るということです。
 高齢者としてのより良い生き方について考えると、(一)整理する、(a)身辺の整理、(b)人間関係の整理、(c)信仰の整理ー聖書を読み直し、神との関係を修復し、それまでの信仰を点検することによって、信仰の確立をはかることができます。どんなに年をとっても成長し続けることができるのは、霊性が高められるからです。「年老いた男には、節制し、品位を保ち、分別があり、信仰と愛と忍耐の点で健全であるように勧めなさい。同じように年老いた女には、聖なる務めを果たす者にふさわしくふるまい、中傷せず、大酒のとりこにならず、善いことを教える者となるように勧めなさい。」(テトス二・二〜三)(二)準備する、(a)健康面の備え、(b)精神面の備え、(c)環境面の備え、(d)経済面の備え、(e)死に対する備え。(三)挑戦する、(a)労働において、(b)趣味や学習において、(c)教会の奉仕においてーある人は晩年になってから神学校に学び、伝道者として働いています。そうでないまでも、それまでの経験を生かして、教会の働きの一部を担うことができたら、どんなに幸いでしょうか。
 最後に、高齢者にとっての幸いな教会生活ー礼拝に出席する、歌う、聴く、人と交わり、祈り合うということによって、心身に刺激が与えられ、霊性に祝福がもたらされます。教会出席は、すばらしい老化対策であると言えます。たとえ健康の理由で出席が許されないとしても、教会の祈りに覚えられていることは、それはそれでいかに大きな祝福でありましょうか。(クリスチャン生活百科より)                                       

この記事に

2018/9/9 週報メッセージ

   日本伝道の幻を語る会五〇回記念大会
                                                                                                               朝位 真士

  八月二九日(水)〜三一日(金)迄、市川サンシティホテルで開催された。今回は記念大会で、主題『福音の実を結ぼう!』「御言葉を聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ。」(マルコ四・二〇)出席者数は、
申し込み分で九五名であった。
  講師は近藤勝彦師(東京神学大学前学長、銀座教会協力牧師、東京神学大学名誉教授)、池田博師(本郷台キリスト教会アドバイザー牧師、本郷台キリスト教会開拓伝道)、藤井圭子先生(小児科医、尼僧校舎監よりキリスト教信者となり、キリスト伝道会のエバンジェリスト)。日本をキリストへの三大宣教事業。一、全国教会強化伝道。二、日本伝道の幻を語る会。三、国際的信仰交流。主題聖句「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。」
  池田博師は本郷キリスト教会の開拓伝道をされて、今日大教会となった。牧会五〇年のベテラン牧師であり、先生の御苦労が喜びと感謝に変わり、輝いたお顔をされていた。地域に仕える教会と、さまざまな事業もされて、時代のニードに応えておられた。近藤勝彦師は学者であり、牧会者であられ、マタイ一四・二二〜三三より、主イエスと共に行く旅路について、組織神学者の立場と牧師・牧会者としての立場から、学問と実践の体験を通して力強く語られた。藤井圭子先生は、仏教からキリスト教伝道者として、日本並びに世界における一五〇〇回の講演を実践しておられた。ガンの克服をもって、喜びに輝いて語った姿は、多くの会衆を魅了した。
 当日は、会場に入りきらないほど集まり、補助イスを数十脚出した。献金は、席上が四〇九、四七〇円、予約
が一、〇五七、〇〇〇円、合計一、四六六、四七〇円与えられた。私は皆様に祈っていただき、教会や朝祷会等で祈りの願いをさせていただき、神様は祈りに答えてくださった。神様と皆様方に感謝を申し上げたい。

この記事に

2018/9/2 週報メッセージ

   神の存在と働き
                                                                                                            朝位 真士

  「あなたの若い日にあなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに。また『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に」(伝道一二・一)
 よく、「神なんかいない」と否定する人がいますが、それは自分で考え出した神概念を自分で否定しているにすぎません。神を知ることは、神のみことばに聞くことです。神を論じる前に、神を知る道を歩むことです。
 神はどのような方かと問われるとき、まず聖書が示す重要な教理の一つに「神は三位一体の神である」という答えがあります。神は本質において唯一ですが、三つの人格をもつ存在であるという意味です。聖書には、父なる神、子なる神、聖霊なる神と、父・子・聖霊がすべて神であると示されています。しかし、これは三つの神ではなく、本質的に唯一の神の三つの人格的働きのあり方を示しています。また聖書の中には、三人格の神の名が同時に出ている例もあります。「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように彼らを教えなさい。」(マタイ二八・一九〜二〇)三位一体の教理は、聖書に啓示されているままに信じられている真理であり、人間の理性によって完全に認識できるものではありません。
  次に神の本性について簡単に記します。①神は霊である。②神は人格である。③神は絶対である。次に神の属性について。①神は全知である。②神は全能である。③神は聖である。④神は義である。⑤神は愛である(Ⅰヨハネ四・一六)。愛という言葉は日本語では一つですが、聖書ではエロス、フィリア、アガペーという三つの言葉が使われています。エロスは人間の自我中心の愛であり、フィリアは隣人愛といえるものを指しています。アガペーは神にあり、神から発し、神に帰するのです。この神の愛が人間に対して現わされるとき、①恵み、②あわれみ、③寛容という三つの言葉で表現しています。

この記事に

2018/9/23 週報メッセージ

    東京聖書学校公開講座に出席して
                                                                                                             朝位 真士

  今回は「キリスト教葬儀の理論と実際」というテーマで、久多良木先生(実践神学)と奥田幸平兄(キリスト教専門葬儀社輝会長)の二人の講師による学びでした。
 まず講演Ⅰ「キリスト教葬儀の理論的側面」について、久多良木先生が語ってくれました。先生は、聖書詩編二三編・九〇編、イザヤ四〇章、ルカ一六章、ヨハネ六章・一一章・一四章、Ⅰテサ四章、Ⅱテサ一章、ヨハネ黙示二〇〜二一章等、多くの聖書箇所と、『牧師の仕事』(鈴木崇巨著)第二二章「葬式、諸式」を引用され、「一人の人の死に臨んで牧師が語るべきことは、その死者がこの世でなした良いことへの賛辞や人間的な慰めの言葉ではなく、イエス・キリストの福音です。」「葬式の主目的は神に栄光を帰することです。このために他の礼拝式と同じように聖書(神の言葉)と祈りが中心になります。葬式の背後には永遠の神がおられます。それが遺族への本当の慰めになります。あくまでも神を中心にすることにより、聖書による深い慰めが流れ出てきます。」「死と復活の中で、死とはアダムとエバの罪の結果。そしてイエス・キリストを信じることによってこの罪は赦され、永遠の生命を得て復活します。」と語られた。
 次に奥田兄が「キリスト教葬儀の実際」を、パソコンのデータを画面に映して説明してくださいました。「キリスト教の葬儀は礼拝として行われます。故人の一生を守り導かれた創造主である神を礼拝するため、悲しみの中にあるご遺族の慰めとなるため、参列された方が葬儀を通して自分の人生と死について考えるきっかけとなるため、故人に敬意を表し、ご遺体を丁寧に葬ります。しかし、故人を拝むことはしません。」その他、様々な具体的な実例について、わかりやすく語ってくださいました。
 高齢化社会の中で、私達もやがて召天します。そのための予備知識として、私にとって大きな学びとなったことを感謝しています。

この記事に

2018/8/26 週報メッセージ

   『生きるのが楽しくなる脳に効く言葉』(中野信子著)
                                                                                                                                       朝位 真士

  私は最近、脳科学者であり医学博士の著者が記した本を読んだので、感銘を受けた言葉を列記したいと思います。その本の八八頁〜八九頁にある、「怒りのホルモンを抑えるのは、笑顔で行う祈り」という見出しに心が止まりました。「前向きな心でいる時、笑顔の時、感謝の気持ちを持っている時の脳内には、ベーターエンドルフィン、オキシトシンなどの脳内快楽物質が分泌されます。そのため、『良い祈り』をしている人の脳には良い影響が表れ、幸福感に満たされるのです。ただし、ポジティブだからといって、『良い祈り』とは限りません。スポーツなどの勝負に勝つための祈りでも、その力点が『ライバルを蹴落し、叩きのめす』ことに向けられると、アドレナリンなど怒りのホルモンが分泌されます。」と書いてありました。私は「怒りのホルモンを抑えるのは、笑顔で行う祈り」という文面が心に止まりました。
 パウロはⅠテサロニケ五・一六〜一八に、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」と記しました。クリスチャンの特徴はいろいろありますが、「祈る」ことがクリスチャンの重要な要素であります。私は一九六一年一二月二四日にクリスチャンになって、今日迄、この大切な「祈り」について学び、実践してきたことを神に感謝しています。今迄、本当に困難な出来事に数多く直面してまいりました。勿論、他のクリスチャンの方々の祈りの支援は大きいことでしたが、ただ祈られるだけではなく、クリスチャン自身も祈りを実践しなくてはなりません。どう祈ってよいのかわからない時は、「主の祈り」を模範として祈りをしていくと良いと思います。
 桜ヶ丘教会において、私達は今こそ、この祈りに重点を置くと同時に、実践していくクリスチャンとして、なすべきことを神様から示されたら、それを実践に移すことが大事であると私は今も信じています。

この記事に

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事