日本キリスト教団 桜ヶ丘教会

桜ヶ丘教会は日本キリスト教団の中にある健全な教会で、全国にあるホーリネスの群の教会です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2019/1/13 週報メッセージ

   神のなされる事は美しい
                                                                                                             朝位 真士

  「神はすべてを時に適って麗しく造り、永遠を人の心に与えた。だが、神の行った業を人は初めから終わりまで見極めることはできない。」(聖書協会共同訳、コヘレト三・一一)
 「人の心にはたくさんの企て。主の計らいだけが実現する。」(同訳、箴言一九・二一)
 「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者のためには、万事が共に働いて益となるということを、私たちは知っています。」(同訳、ローマ八・二八)
  私は右の三つの聖句には大きな想い出があります。初めの御言葉は、出生、受洗(一九六一・一二・二四)、献身(一九七一・四)、結婚(一九七六・四)、転任(一九九四・四)、会堂建設(一九九七・六)。二番目は、会堂建設の時に、周辺の反対(特に三地主)があり、工事着工が一年間延期されたこと。また、会堂建設の資金計画が困難を極めた時、教会の祈祷会で特に役員の方々が毎週熱心に祈祷を献げられたこと。当時の役員の大半は天国へ移されて現役員の方々は少数ですが、祈祷会・集会に励んでおられます。三つ目の聖句は、献身して神学校で学んでいる時、故小原十三司先生(淀橋教会牧師、群委員長、校長)によって、機会ある毎に引用され、困難な状態の時に助けられました。現在もそうです。
 私は今年に入って大きな試練に直面しています。山口県に嫁いでいる上の妹が肺がんの末期(ステージ四)で、昨年一二月二八日より危篤状態にあります。いつ召されてもよい状態です。彼女は未信者ですが、二年前、危篤状態の時、私が行って天国の話をして祈って別れました。皆様方の祈りを切に願う次第です。彼女は若くして未亡人となり、一人息子を立派に育てて老後を送っていた矢先のことです。新年から我家に一つの試練が与えられました。皆様方のお祈りをいただきたいと思います。(ヤコブ五・一三〜一八)

2019/1/6 週報メッセージ

   神の国と神の義を求めよ
                                                                                                             朝位 真士

  今年はマタイ六章二五〜三四節が与えられました。特に「何よりもまず神の国と神の義を求めなさい」(三四節)が中心聖句です。これが二〇一九年に与えられました。教会の年度は四月からですから、四月まで、もう一度この聖句を暗記するまでに、毎日聖書マタイ六章二五〜三四節を拝読いたしましょう。
 昨年は、地震、台風、火災、爆発、水害事故、病気等の天変地異が起こり、個人的には病気や経済的困難、親しい方との死別等、教会的には伝道師の辞任や会員の減少、経済的困窮等の試練や困難に遭遇しました。今年も何が待ち受けているか、私共にはわかりませんが、しかし今年与えられた御言葉を信じて、主に従っていこうではありませんか。
 今年の聖句は、だれでもよく知っている箇所だと思います。イエス様の描く美しい自然のたとえを通して、神への信頼が単純、素朴に呼び起こされます。心配(思い悩む、思い煩い)が六回(六・二五、二七、二八、三一、三四、三四)に出ており、「天国の子」「神の国の子ら」(クリスチャン)の生活態度として「思い悩む」ことが戒められています(ルカ一二・二二〜三四)。またこの「思い悩む」「心配」「思い煩い」の不必要であることを、ウィリアム・バークレーという新約学者は論じています。「まず神の国と神の義とを求めなさい。」「神の国」は神の支配、「神の義」は神との正しい関係です。私たちの祈りが「神第一」であるべきことは、「主の祈り」において教えられたところです。「求めなさい」は追求し努力せよということです。「神の国の確立と拡張、すべての人が神との関係において義しくあることを祈り、かつ実現に努力せよ」ということです。神はわれわれに何が必要であるか、「求めない先から」ご存じであり、必要なものが「すべて与えられる」のです。 
 今年は、神の前に大胆な信仰を表わし、行動して、一人が一人を神の前にお導きできるように、神様に祈ってまいりましょう。栄光在主!!

2019/1/1 週報メッセージ

      二〇一九年を迎えて   
                                                                                                            朝位 真士
 新年あけましておめでとうございます。
 祈りの中で御言葉を与えてくださいと願いましたら、マタイ六章二五〜三四節が与えられました。特に三二節、「何よりもまず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」という聖句が心に強く残ってきました。このマタイ六章全体は、イエス様が山上の垂訓の中で語られた箇所です。一節、
偽善に対する戒め。二〜四節、天国の民の施し。五〜一五節、天国の民の祈り。特に九〜一三節、祈りの典型である主の祈り。一四〜一五節、祈りと人の罪を許すこと。一六〜一八節、天国の民の断食。一九〜二四節、天国の民の財産ー金銭に関する警告。二五〜三四節、天国の民の衣食ー衣食について思い煩ってはならないという警告が記されています。
 この世に生存する以上、これを得るために努力しなければなりませんが、しかしそのために思い煩うのは、私たちのすべての必要を知り、すべての恵みを供給してくださる父なる神を信じないことです。「まず神の国と神の義を求めるならば、物質上の必要は必ず与えられる」(三三)とは、すべての時代を通じて、神を信ずる者に対する不変の約束です。「ああ、信仰の薄い者たちよ」(三〇)とは、主の嘆きで、マタイには数回記されています。そしてその前後についている言葉は「思い煩うな(思い悩むな)」です。神は全能の神であり、また私たちの父であられます。事情や境遇や自分の弱さを見ないで、この全能の神であり私たちの父なる神を信じていこうではありませんか。
 桜ヶ丘教会が開拓されて九六年目に入ります。一九二三年六月一日、初代牧師である板井康裕先生が開拓され、一九七五年、西海静雄先生、満希子先生ご夫妻の時にパールハイツ桜上水というマンションに会堂が与えられ、その後宗教法人格を取得しました。一九九七年一二月一七日、現在地に土地と建物が与えられ、今日まで主が守ってくだいました。教会員一同と共にこの地域の宣教活動をさせていただく所存です。どうぞ皆様、お祈りご支援ください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事